• HOME
  • 目のケア
  • 【医師監修】老眼で終わりじゃない!40代以降に押し寄せる目の老化と対処法
加齢

【医師監修】老眼で終わりじゃない!40代以降に押し寄せる目の老化と対処法

【医師監修】老眼で終わりじゃない!40代以降に押し寄せる目の老化と対処法

40歳を過ぎると多くの方が老眼を自覚するようになります。目の不調やトラブルが一気に増えるのもこの時期であり、40代は目にとって大きな転換期といえるのです。

そこで今回は、大切な目を老化から守るためのコツを、悩める40代に寄り添ってお届けします。

老眼はなったら終わりじゃない。約20年もの間、進行し続ける

みなさんもご存知のとおり、老眼は目のピント調整機能が衰えることで近くのものが見えづらい状態をいいます。多くは45歳前後からはじまり、65歳頃に進行が止まるといわれていますから、なんと約20年もの間、「手元が見えづらい」不便さと付き合うことになるわけです。

残念なことに、老眼についてはさまざまな誤解や憶測が流布しているのが現状です。代表的なもので「近視の方は老眼になりにくい」という説がありますが、これは正しい認識ではありません。

近視の方はもともと近くに焦点が合っているため、目のピント調整力が弱くなっても不自由さを感じることがありません。そのため、老眼になったことを自覚しにくいだけなのです。

次に多い誤解が、「老眼鏡をかけると老眼がよけいに進行する」というもの。目のピント調整力の低下は成長期が終わった頃から、少しずつですが確実にはじまっていますから、老眼鏡が原因ではありません。

むしろ、適切な時期に老眼鏡をかけることで目のピント調整力を無理に働かせる必要がなくなるため、老眼による眼精疲労が解消するケースも多いそうです。

アラフォー必見!40代がかかりやすい4大眼疾患

ここでは、40代以降に発症しやすい代表的な目の疾患についてご紹介します。

●白内障

レンズの役割を果たす水晶体がにごる病気です。実は、“この時点から白内障”といえる正確なポイントはなく、成長期が終わった頃から水晶体は年齢とともににごっていき、少しずつ白内障が進行していきます。

医師から白内障と診断を受けた場合は、水晶体のにごりの影響で、視力低下やピント調節力などに何らかの影響が出ている状態です。

80代のほぼ100%が白内障を自覚するといわれており、100人いれば100人すべてがなるのが白内障です。また、老眼が進行する原因のひとつでもあります。

【主な症状】
・ 視界がぼんやりとかすんで見える
・ 光をまぶしく感じる
・ 暗い場所でものが見えにくい
・ ものが二重、三重に見える
・ 度数が合っている老眼鏡をかけても見えづらい

●緑内障

視神経が障害されることにより、視野が欠ける病気です。40歳以上の20人に1人が緑内障患者であると報告されています。初期から中期にかけては症状を自覚しにくく、治療が遅れれば失明する可能性も。日本人の中途失明原因第1位です。

【主な症状】
初期:視界の一部が少しかすむ
中期:視界のもやが徐々に広がっていく

後期:視界がぼんやりして、霧の中にいるように感じる

●加齢黄班変性症

加齢によって網膜内の黄班部が障害される病気です。九州大学の調査(※)によると、1998年に推定37万人だった患者数が2007年には約69万人と、9年間で2倍近くになるほど増加しています。片目から発症するケースが多く、自覚症状にとぼしいのが特徴です。

(※)調査概要
http://www.nanbyou.or.jp/entry/2434
http://www.hisayama.med.kyushu-u.ac.jp/about/index.html

【主な症状】
・ ものがゆがんで見える
・ 中心部が暗く見える(中心暗点)
・ 視力低下

●ドライアイ

涙の量が不足したり、涙の質が変化したりすることで起こる病気です。加齢による影響を受けやすく、高齢になるほどドライアイになりやすいことが最新の研究でわかっています。

【主な症状】

・ 目が乾く
・ 目が疲れやすい
・ 目に不快感や痛みがある
・ 目が充血する

老化から目を守るアンチエイジングな生活習慣を大公開

去年と比べて「目が見えづらい」「太った」「疲れやすい」という方はイエローカードです。現在の生活習慣が、あなたの目や体の老化スピードを速めている危険性があります。今すぐ取り入れるべき生活習慣をさっそくご紹介しましょう。

●卵は食べるアンチエイジング。1日1~2個の卵料理で老化撃退!

卵は、食物繊維とビタミンC以外のすべての栄養素を含む完全栄養食品です。卵黄に含まれるルテインとゼアキサチンには目の老化を防ぐ働きがあり、老眼と白内障予防に高い効果を発揮します。多忙な方こそ、1日1~2個の卵料理を摂りましょう。

●睡眠の質をアップすれば目は若返る!

良質な睡眠は目の疲労回復と老化防止に欠かせません。歳をとってからよく眠れないという方におすすめの方法は、「朝起きてすぐに朝日を浴びる」です。朝日を浴びることで睡眠ホルモンのメラトニンが活性化し、夜ぐっすりと眠れるようになります。

●タバコは百害あって一利なし。ぜひ禁煙を!

タバコに含まれるニコチンが目元の血流を悪くするだけでなく、視力の維持に必要なビタミンB1、B2が欠乏する原因に。喫煙者は加齢黄班変性症の発症リスクが高いことも、国内外の調査で明らかになっています。

●ストレスは老ける元!上手に受け流すコツを身につけよう

ストレスによる自律神経の乱れは、目の老化に直結します。ストレスを感じるたびにお酒やカラオケで発散するのではなく、「そんな日もあるよね」とストレスを上手に受け流すコツを身につけましょう。

40歳を過ぎると、シワやたるみ、白髪が増えるなど、次々と老化のサインが現れてきます。この時期に目の健康と向き合い、生活習慣を見直すことができるかどうかで、目の若さは決まるのです。

まずは手元が見えづらくなったら眼科を受診することをおすすめします。それが目のアンチエイジングの第一歩です。

【眼科医】岡野先生からのコメント
老化について正しい知識を持って、正しく対処しましょう。
老化を止めることはできませんが、遅くしたり、問題が減るようにケアしたりすることはできます。対策は、早ければ早いほど有効です。
うすうすわかっていたのに対処しなかったためにひどい目に遭った!ということがないように、がんばりましょう!

 

▼合わせて読みたい!目の老化に関する特集記事はコチラ
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)
目の健康を過信してはダメ!男性がかかりやすい目の病気まとめ
いま、中高年に増えている黄斑疾患 『黄斑円孔』の症状と正しい治療法って?
相次ぐ高齢ドライバーの交通事故!目の老化にともなうリスクと予防法

〈参考〉
目の老化は生活習慣とストレッチで防ぐ カラダの豆事典 サワイ健康推進課
https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/201001.html
特集1:老化による眼の疾病 – 老眼だけじゃない、眼の老化に伴う症状と対策 | メガネスーパー 眼鏡(めがね、メガネ),コンタクト,サングラス,補聴器販売
https://www.meganesuper.co.jp/news-letter/1508-feat1/
こんな方は要注意!ご高齢の方│目の病気百科:ドライアイ|目の情報ポータル|参天製薬
https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/dryeye/40over.jsp
『図解 老眼をぐんぐん若返らせる!眼トレ&回復法のすべて』日比野佐和子・林田康隆・共著/日東書院
『くわしく知りたい目の病気』NHK出版
『習慣力で若返る!』日比野佐和子著/世界文化社

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ