• HOME
  • 目のケア
  • あきらめないで!遠近両用レンズの違和感はきっと解決できる!
老眼

あきらめないで!遠近両用レンズの違和感はきっと解決できる!

あきらめないで!遠近両用レンズの違和感はきっと解決できる!

老眼に気づいて遠近両用メガネを作ったのはいいけれど、使用感がイマイチで使うのをやめてしまった……という方はいらっしゃいませんか?どうやら、遠近両用メガネを利用している方には、みなさん似たような悩みがあるようです。

今回は、遠近両用レンズのメガネを使用したときに起こりがちな悩みをいくつか紹介しながら、遠近両用レンズの仕組み使い方のコツをご紹介します。

【遠近両用レンズの違和感1】視界が狭いように感じる

遠近両用メガネ_02

遠近両用メガネを使用しているときは、視界が狭くなったように感じる方が多いようです。これは、遠近両用レンズが普通のレンズと違い、1枚のレンズの中で度数を変化させていることが原因だと考えられます。

自分の手元など近くを見るときは視線を下に向けることが多く、遠くの風景やものを見るときは視線を正面か上に向けることが多くなりますよね。

標準的な遠近両用レンズは、この近くと遠くを見るときの視線の動きに合わせて、レンズの下の方を近視に、上に行くにつれて遠視になるよう度数を合わせています。

しかし、レンズの上から下へ徐々に度数が変化していくような設計の場合、レンズの左右には少なからずゆがみが生じてしまいます。このため、左右がはっきりとは見えづらくなり、遠近両用メガネをかけているときのほうが、視野が狭まったように感じることがあるようです。

このような違和感を解消するには、なるべくレンズの中心部分で見たいものを見るようにするのがコツです。

【遠近両用レンズの違和感2】焦点が合わない、ボヤけて見える

遠近両用メガネで起こりがちな違和感の2つ目としては、見たいものにうまくピントが合わず、ボヤけたように見えることが挙げられます。この違和感も、1枚のレンズの中で度数が変わっていることが関係しています。

たとえば、手元の本を読むとき、本を自分の目の前に持ってくると、遠近両用レンズの遠視用、もしくは遠視と近視の中間の部分を通して文字を追うことになってしまうため、文字にピントを合わせるのが難しくなります。

近視用の度数にはレンズの下部が対応しているので、近くのものを見るときは意識してあごを引き視線を下げ、レンズの下のほうを使って見るようにすると焦点が合いやすくなります。

また、日常的に読書の習慣がある方やパソコンなどのデスクワークが多い方なら、遠近両用ではなく使用シーンに合わせて中近両用近近両用のメガネを作ってもらうのもおすすめです。

【遠近両用レンズの違和感3】疲れる、気分が悪い、頭痛がする

遠近両用メガネ_03

また、遠近両用メガネを使っていると、気分が悪くなる、頭痛がする、疲れやすいなどの症状を感じる方もいるようです。

これは、自分の見たいものとレンズの度数が合っていない場合に、目の毛様体筋が本来持つピント調整機能が低下し、眼精疲労を引き起こすからだと考えられます。

毛様体筋は、水晶体の厚さを調整することでピントを合わせる働きを持っています。毛様体筋がゆるむと水晶体は薄くなり、遠くのものにピントが合います。反対に、毛様体筋が緊張すると水晶体は厚くなり、近くのものにピントが合うようになります。

しかし、度数の合わないメガネを使い続けると、毛様体筋がピント調整を頻繁に繰り返して疲弊してしまいます。毛様体筋が疲れ凝り固まってしまうことが、頭痛や吐き気を引き起こす原因になるのです。

このような遠近両用メガネの違和感をなくすには、遠くはレンズの上のほうで、近くはレンズの下のほうで見る遠近両用メガネ特有の使い方に慣れるとともに、自分に合った遠近両用メガネを作ってもらうことがポイントです。

遠近両用メガネは、誰にとっても万能なメガネではありません。見え方や視線の移動の仕方は1人1人違うので、通常のメガネと同じように、眼科やメガネ専門店で検査してもらった後、自分の見え方や生活環境に合ったメガネを作ってもらうのがベストなのです。

いかがでしたか?遠近両用メガネは、どのような方のどのような見え方にも対応できるような万能メガネではありません。しかし、自分に合ったメガネを作ってもらい、使い方のコツさえつかめば、日々の生活が今よりもっと快適になるツールなのです。

「作ってもらったけれど使わなくなってしまった」という方も、遠近両用メガネの特徴と使い方のコツを知ったうえで、改めて活用してみてはいかがでしょうか。

▼目のピント調節機能を担う毛様体筋についておさらいしましょう!
疲れ目の原因は「ピント調節筋」の疲労かも? 疲れ目対策もご紹介!

▼老眼、近視、そして疲れ目……実は他人事じゃない「目のこれから」を考える注目記事はコチラ
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)
【30代注目】今から遠近両用メガネを活用すれば、老眼に悩まされない人生を手に入れられる!?
本当のところどうなの!? 眼科医がおしえる正しい老眼との付き合い方
目の疲れに悩むすべての方、必見!35歳からの「疲れ目世代」を救う累進屈折力レンズってどんなもの?
老眼になる前に知っておきたい!遠近両用コンタクトレンズ

〈参考〉
初めての遠近両用レンズでの違和感について : お客様相談室からのワンポイントアドバイス : 東海光学株式会社
http://www.tokaiopt.jp/lens/advice28.php
シニアレンズの選び方 (遠近両用レンズ、中近用レンズ、近用ワイドビジョンレンズ、二重焦点レンズ、近用単焦点レンズ) : お客様相談室からのワンポイントアドバイス : 東海光学株式会社
http://www.tokaiopt.jp/lens/advice03.php
遠近両用メガネの選び方(草加眼科クリニック)
http://www.soukaganka-clinic.jp/glass/
遠近両用メガネ:メガネプラザ
http://www.meganeplaza.co.jp/lens.html
その疲れ目、メガネのせいかも?「合わないメガネ」が瞳の寿命を縮める理由 | メガネスーパー
https://www.meganesuper.co.jp/healthy-megane-guide/eye-health/

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

Loading ... Loading ...
結果
Q1

見る力は年齢とともに衰えていくことをご存知ですか?

  • はい
    93%
  • いいえ
    7%
Loading ... Loading ...
Q2

見る力の衰えから来る一つの病気として、加齢性黄斑変性という病名をご存知ですか?

  • はい
    45%
  • いいえ
    55%
Loading ... Loading ...
Q3

加齢性黄斑変性の予防として、ルテイン、ゼアキサンチンも有効であることをご存知ですか? ※ルテイン、ゼアキサンチンは、網膜に内側から働きかけ、見る力をサポートすると言われています。

  • はい
    30%
  • いいえ
    70%
Loading ... Loading ...
Q4

ルテイン、ゼアキサンチンをサプリメントとして補える商品として、「ロートV5粒」があることをご存じでしたか?

  • はい
    11%
  • いいえ
    89%
Loading ... Loading ...
Q5

以下、「ロートV5粒」を購入いただいた方から送られてきたメッセージです。「ロートV5粒」について魅力的に感じたものを教えてください。(複数回答可)

  • ロートV5粒を飲み始めて、視界がくっきりと感じて、たとえば新聞を読む時にあまり苦労なく読めた気がしました。また、スマートフォンの画面がくっきり見やすかったです(60代男性)
    23%
  • ロートV5粒を飲んでいると、見る力の衰えを感じることが少なかったです。気持ちが軽くなりました。小さなカプセルで喉にひっかかることもなく、飲むタイミングも自由なので気軽に続けてみたいと思います。(50代女性)
    11%
  • 1日1粒で、水でさっと飲みほせて良いと思います。パソコンの画面から細かい書類に目を移したり、新聞に目をやったりする時に視界がクリアに感じました。気持ち的にも前向きになりました。(40代男性)
    20%
  • ロートV5粒を飲み始めて視界がくっきりして見えました。見る力の低下を感じなかった気がしました。(50代男性)
    12%
  • 飲み始めて、小さな文字や携帯電話のメール、お琴の譜面などがくっきり見え、負担に感じなくなりました。うんざりしなくなって、気分的に楽しいです。(50代女性)
    13%
  • 飲んでいて、針に糸を通すのに、よく失敗していたのが、1回で通すことができたので驚きました。テレビを見てもぼやけが少し減ってきた気がします。クリアというか、焦点が合っている。くっきりシャープな感じに見え、確かに違うと感じました。(60代女性)
    22%
Loading ... Loading ...

「見る力」をサポートしてくれるサプリメントがあるの☆

\目の健康が気になる方におすすめ/
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
『ロートV5粒』でクリアな視界を手に入れよう!
「見る力」は年齢とともに低下します。網膜に働きかけ、目の機能維持に必要なルテインやゼアキサンチンを摂取するにはサプリメントが効果的です。『ロートV5粒』なら1日1粒飲むだけなので、忙しい人でも継続して目のケアができますね。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

老眼

40歳になったら知っておきたい! 正しい老眼鏡の選び方

40歳になったら知っておきたい! 正しい老眼鏡の選び方

「なんだか最近、新聞の文字が見えにくい」、「パソコンを使っていると目が疲れやすい」と感じはじめたら、もしかしたらそれは老眼のサインかもしれません。

「まだまだ若いはず!」と目の加齢を認めたくない人も多いと思いますが、適切なタイミングで老眼鏡を使っておかないと、さらに進行したり、慣れるまで時間がかかったりといった弊害が出るケースもあります。そこでこの記事では、知っておきたい老眼鏡の選び方についてご紹介します。

老眼鏡が必要となる『老視』を実感するタイミング

まず、『老視』とは、遠くや近くを見たりするときにピントを合わせる力が衰えることにより、近くのものを見る際に困難をきたす状態のこと、いわゆる俗に言う『老眼』を指します。
一般的には40歳を境に、近くを見る作業の時に眼が疲れるなどの不快感が出始め、老眼を意識するようになるといわれており、老眼を矯正するために用いられるのが、『老眼鏡』です。

そして、この老眼鏡が必要と思われるタイミングですが、下記の項目が自覚症状として現れはじめたら要注意だといわれています。気になる方はさっそく、チェック!

□薄暗いと新聞や本などが読みにくい
□スマホの画面などを読むとき遠ざけてしまう
□今まで読めていた距離で小さな文字が読めなくなった
□ピントがなかなか合わない
□パソコンを使用した後、目がしょぼしょぼする
□肩こりや頭痛が治らない

(※)「JINS-リーディンググラス(老眼鏡)の選び方」より引用
出典:http://www.jins-jp.com/st/reading_guide/

▼老眼についてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!
これって老眼のサイン? 自分でできる老眼チェック法

いざ老眼鏡選び! でも、一口に老眼鏡と言っても種類はさまざま

老眼鏡の選び方_2

老眼鏡に用いられるレンズの種類は、用途によって異なります。それぞれの特徴をまとめてみました。

『近用単焦点』……もっとも一般的な老眼鏡。手始めにこちらを購入する方が多い
こちらは近いものだけを見るための老眼鏡です。価格も比較的安価で、いわゆる『老眼鏡』として市場に多く出回っており、30~40㎝の手元を見るためだけに使います。

『近近両用レンズ』……デスクワークに向いている
手元から約1mまでを見るのに適しています。パソコンのモニター→キーボード→原稿といった、少しずつ距離の違うものに視線を動かす必要があるパソコン作業やデスクワークに向いています。

『中近両用レンズ』……室内用として使いやすい
屋内の3~4m程度の範囲を見やすくしたものです。読書や家事、会議といった室内での作業に向いています。

上記3つのレンズは、遠くを見るときは老眼鏡を外すか、別の眼鏡にかけかえる必要があります(中近用レンズの場合は、外出時のみ)。

『遠近両用レンズ』……眼鏡のかけかえが不要
スポーツやドライブなど、遠くを見るときも読書などで近くを見ることもでき、面倒な眼鏡のかけ外しも不要です。ただし、レンズの上から下にかけて遠用→中間→近用と徐々に変化する仕組みのため、視線の使い方に慣れるまで時間がかかる場合もあります。また近距離での長時間の作業はあまり向きません。

『累進焦点レンズ』、『二重・三重焦点レンズ』
境目の部分を徐々に度数を変えた累進帯にして、この部分で中間を見るタイプが今、主流となっている累進焦点レンズです。見えるポイントによっては、対象物が揺れたりゆがんだりする場合もあります。
一方の従来型の二重レンズは近用と遠用の2種類のレンズが用いられ、三重レンズはそれに中間用が加わったものです。

老眼鏡の度数はどうやって選ぶのか?

老眼は+1.00から表され、0.25(既製品の場合は0.50)刻みで選ぶことができます。
年齢や症状における、おおよその目安は下記です。

●40~45歳 +1.00~ 近くが見えにくい
●45~50歳 +1.50~ 40~50cm離して文字を読む
●50~55歳 +2.00~ 50~60cm離して文字を読む
●55~60歳 +2.50~ 60cm以上離して文字を読む

もちろん、進行度は個人によって差があり、また近視や遠視、乱視などの目の状態によっても異なるため、上記はあくまでも目安です。まずは、眼科や眼鏡専門店で正確な数値を測ってもらうことが大切です。

なお、老眼は65歳まで進行するといわれているため、2年に1度は眼科医などで検眼してもらい、自分の目に合った老眼鏡を使うようにしてくださいね!

▼文字が読みづらくなったと感じたら、こちらもチェック!
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
古川中央眼科‐老眼鏡の選び方
http://www.eye-care.or.jp/sittoku/%E8%80%81%E7%9C%BC%E9%8F%A1%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9/
Yawaragi ‐保存版!老眼鏡の種類と選び方のポイントをご紹介。毎日の視生活を豊かに。
http://yawaragi-portal.com/rogan/useful-info-423/
日本眼科学会‐目の病気 老視
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_roshi.jsp

『加齢黄斑変性症』セルフチェック

欧米では成人の失明原因第一位となっており、日本でも中高年に増加中の「加齢黄斑変性症」という病気をご存じでしょうか?
下の画像は『アムスラーチャートテスト』という「加齢黄斑変性症」の発見に使われるものです。
どのように見えていますか?見え方をチェックしてみましょう。

アムスラーチャートテスト"
診断結果はこちらへ

セルフチェックの結果、「加齢黄斑変性症」の可能性が疑われた方は、眼科の受診をおすすめします。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ