• HOME
  • 目のケア
  • 【眼科医監修】眼精疲労になってない?電灯の周りに虹が見えたら『虹視症』かも
眼精疲労

【眼科医監修】眼精疲労になってない?電灯の周りに虹が見えたら『虹視症』かも

【眼科医監修】眼精疲労になってない?電灯の周りに虹が見えたら『虹視症』かも

ふと電灯を見たら、電灯の周りに虹のようなものが見えた……という経験はありませんか?もしかしたら、それは『虹視症(こうししょう)』という症状の可能性があります。

今回は虹視症の原因や発症したときの対処法、予防法についてお話ししていきます。

電灯を見たときに虹のような光が見える原理

虹視症とは、電灯を見たときに、虹のような光の輪がかかっているように見える目の症状です。特に体力が落ちていたり、目が疲れていたりするときに現れます。

空気中に浮かんでいる小さな水の粒に太陽の光が当たると、通常白く見える光は屈折・反射し、私たちの目には7色に分解されたように見えます。これが、虹が見える原理なのですが、虹視症の症状が出ているときも、これと同じ現象が目の中で起こっています。

目の外側に位置する角膜に、傷があったり炎症のためにむくみが生じていたりすると、光が網膜に到達するまでの間に乱反射が起こるため、光を見たときに虹のようなものが見えてしまうのです。

虹視症の原因

虹視症の代表的な原因は緑内障眼精疲労ですが、これら以外が原因で症状が現れる場合もあります。たとえば、『びまん性表層角膜炎』といわれる、角膜表面の上皮部分に浅く傷ができている状態のときです。

そのほか、角膜上に目やにの薄い膜が張っているときも、虹視症の症状が現れることがあります。ただし、この場合は目やにを取り除けば症状が改善されます。

吐き気や偏頭痛をともなう場合は、急性緑内障の可能性も

もし、虹視症の症状があり、同時に吐き気偏頭痛もともなう場合は、急性緑内障の疑いがあります。

緑内障とは、視神経のダメージによって、視野や視力に障害が起きる病気です。目から得た情報が的確に脳に伝えられないため、対象物をうまく認識できなくなります。

国内においては、失明の原因としてはもっとも多くの割合を占め、患者数も多い目の病気です。

似たような名前の目の病気に白内障がありますが、白内障と緑内障が起こる原因は大きく異なります。水晶体が白く濁ることで視界に影響を及ぼす白内障に対し、緑内障では、眼圧の上昇によって視神経に異常をきたし、視野が狭くなります。

また、慢性緑内障はゆっくりと症状が進行していくので自覚症状がないことが多いのですが、急性緑内障は急激な眼圧の上昇によって発症するので、頭痛や吐き気、眼痛、目の充血など、全身に症状が現れます

このような症状が出たら、迷わず眼科を受診しましょう。

虹視症になってしまったときの対処法

眼精疲労が原因の場合は、ぐっすり眠って体を休め、目の疲れをとるように心がければ症状は改善されます。しかし、緑内障が原因の場合は、睡眠で目の疲れをとっても症状が治まることはありません。

緑内障は放置すれば失明にもつながる病気ですから、頻繁に光の輪や虹が見える、休息をとっても改善されない、といった場合には、とにかく早めに眼科を受診するようにしましょう。

虹視症の原因となる眼精疲労を予防する方法

虹視症を予防するためにも、まずは眼精疲労を改善していきましょう。ここでは2つの方法をご紹介します。

●目を温め、疲労を取り除く

蒸しタオルなどを使って目を温めると血液の流れがよくなり、交感神経優位の状態から副交感神経優位の状態に切り替わるため、リラックス効果が高まります。また、目の周りの筋肉がやわらかくなるので、疲労を取り除くことができます。

●しっかりと睡眠をとる

睡眠中は黒目がまぶたの上方に向かうため、光を感じなくなることが眼球のリラックスにつながります。緊張した目の筋肉も和らげることができるので、しっかりと睡眠をとり、目を十分に休ませましょう

虹視症を予防するためにも、定期的に検診を受けよう

虹視症は、眼精疲労が原因であれば、目の疲れをとれば治ります。しかし、緑内障が原因であれば、いかに早く病気を見つけられるかが治療のカギになります。

今のところ緑内障が完全によくなる治療薬はありませんが、早期発見ができれば、点眼薬などを用いて病気の進行を遅らせることが期待できます。

多忙な毎日を過ごしていると、自分の目が出しているサインには気付きにくいもの。定期的に眼科検診を受けることが大切です。

いかがでしたか?今回は虹視症の原因や対処法、予防法についてお話しました。

「いつもと違った目の見え方があれば、早めに眼科を受診する」という心がけは、虹視症や緑内障に限らず、目の病気全般の予防にとって大切なことです。目の健康を守るためにも、普段から自分の目の変化に気を配るようにしましょう。

【眼科医】川原先生からのコメント
虹視症では、大した症状ではないように思えても、実は重大な病気が原因になっていることがあります。特に急性緑内障は、急を要する状態で緊急手術を行うことも少なくありません。見え方がおかしくなっていくと同時に気分が悪くなるため、眼科より先に内科を受診し、最後に眼科を受診して診断されることが多い病気です。若年者では起こらない病気ですが、比較的高齢層の方では念頭に置いておく必要があります。

 

▼眼精疲労を改善したいなら、こちらの記事もオススメ!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)
目の疲れは“肝”の不調のせい?陰陽五行説からみる眼精疲労の原因と対策
リラックスしながら目の疲れをとろう!眼精疲労に効果のあるハーブティー3選
眼精疲労に悩まされている方へ!「お灸」の効果とやり方とは?

〈参考〉
目の中に虹が見える|BAUSCH+LOMB
http://www.bausch.co.jp/eye-dictionary/kininaru/miekata/seeing-worms/
症状から調べる|くらとみ眼科医院
http://kuratomiganka.com/st2nm/
治らない目の疲れ・・「眼精疲労」とは|ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/004789/
こんな見え方ありませんか?|せきや眼科
http://www.sekiya-ganka.com/eye_qa.html
白内障と緑内障|いきいき倶楽部
http://www.nanotechss.co.jp/ikiikikurabu/kenkoujouhou/hakunaishou_ryokunaishou.html
虹視症と緑内障|河野眼科Q&Aブログ
http://kounoganka.exblog.jp/18920605/
虹視症について|目の病気ガイド
http://www.he-be.net/05/post_26.html
びまん性表層角膜炎|コトバンク
https://kotobank.jp/word/びまん性表層角膜炎-792999
緑内障とは|Eye Life
http://www.eyelifemegane.jp/disease/disease3.php

 » 【眼科医監修】眼精疲労になってない?電灯の周りに虹が見えたら『虹視症』かも

ライター吉澤 佳恵

2016年4月よりフリーライターとして活動。主に医療系やビジネス系のジャンルを執筆しており、医療系についてはコラム記事や看護関係の記事を中心に執筆、ビジネス系のジャンルでは電子書籍の制作に携わっています。

 » 【眼科医監修】眼精疲労になってない?電灯の周りに虹が見えたら『虹視症』かも

医学博士、川原眼科院長川原 周平先生

モットーは「常に最新、最良の眼科医療をアップデートし提供し続けること」。毎朝、コーヒー豆を挽いてじっくり抽出して飲むのが日課。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ