• HOME
  • 目のケア
  • スマホのヘビーユーザーは要注意!迫り来る『若年性老眼』の危機
老眼

スマホのヘビーユーザーは要注意!迫り来る『若年性老眼』の危機

スマホのヘビーユーザーは要注意!迫り来る『若年性老眼』の危機

20代・30代のみなさん。最近、目の見え方について「おかしい」と感じたことはありませんか?「目がかすむ」「スマホの文字が読みづらい」という方は、『若年性老眼』の症状かもしれません。

今回は、老眼とは無縁なはずの若者に迫り来る若年性老眼についてお届けします。

スマホやタブレットを使いこなす若者が老眼に!?

老眼は、誰にでも起こる老化現象のひとつです。早い方だと40歳をすぎた頃から「近くがぼやけて見えづらい」といった症状がはじまります。ところが今、新しい老眼ともいわれる若年性老眼が、スマホやタブレットを使いこなす20代・30代を中心に広まっているのです。

「自分にはまだ関係のないことだし……」という方のために、若年性老眼かどうかを判断するチェックリストをご用意しました。さっそくチェックしてみましょう。

【若年性老眼チェックリスト】

若年性老眼_02

□ スマホやタブレットを1日2時間以上操作している
□ スマホやタブレットの操作直後、画面から目を離すと周囲にピントが合わない
□ 遠くを見た後に近くを見ると、ピントが合いづらい
□ 近くを見た後に遠くを見ると、ピントが合いづらい
□ 朝はよく見えていたスマホやタブレットの画面が、夕方になると見えづらい
□ スマホやタブレットの文字が以前よりも読みづらい
□ 原因不明の首こりや肩こり、頭痛などの症状がある

いかがでしたか?チェック項目のうち3つ以上当てはまるものがあれば、若年性老眼の可能性があります。多ければ多いほど可能性大です。

若年性老眼を引き起こす4つの原因

若年性老眼とは、老眼がはじまる年齢よりも早い段階で「老眼によく似た症状」が現れることをいいます。そもそもなぜ、若年性老眼が起こってしまうのでしょうか?考えられる4つの原因をご紹介します。

【VDTの影響】

VDT(Visual Display Terminal)とは、パソコン、スマホ、タブレットといったディスプレイ付きの端末機器のことです。

若い世代ほどVDTを長時間頻繁に、目から至近距離で使う傾向にあります。その結果、目のピントを合わせる毛様体筋が凝り固まってフリーズ状態に陥り、見たいものにピントが合わなくなってしまうのです。

【ブルーライトの影響】

若年性老眼_03

VDTの画面から発生するブルーライトは、可視光線の中でもっともエネルギーが強く、角膜や水晶体を透過して網膜の中心部まで到達します。ブルーライトにより網膜が受けたダメージの蓄積が、若年性老眼の引き金になるのです。

【ドライアイの影響】

スマホやタブレットの画面に集中するとまばたきの回数が減り、ドライアイを招きます。ドライアイになると涙が減少することで角膜や水晶体を保護する機能が弱まり、ピントを調整する毛様体筋の活動も低下するため、若年性老眼を引き起こす原因となります。

【うつむく姿勢の影響】

若年性老眼_04

スマホやタブレットを操作するときは、どうしてもうつむく姿勢になりがちです。うつむいた状態が長時間にわたると、眼球が下を向く時間が長くなることから眼圧が上昇し、毛様体筋や視神経が圧迫されます。その結果、目のピント調整機能が正常に働かなくなってしまうのです。

若年性老眼を招く、電車スマホ、歩きスマホ、ごろ寝スマホ

若年性老眼は目の調整機能の一時的な不具合ですから、早い段階で生活習慣を変えれば改善することは十分に可能です。今日から実践したいルールをご紹介します。

【VDT作業を行うときのルール】

若年性老眼_05

□ 目とパソコン画面の距離は50cm以上、目とスマホ画面の距離は30cm以上離す
□ 画面は明るすぎず、少し暗めに設定する
□ 画面にはブルーライト保護フィルムを貼るorブルーライトカットのメガネをかける
□ 背筋を正して座ったとき、視線が少し下向きになるようにパソコン画面を配置する
□ ドライアイ防止のため、5分に1回は長いまばたきをする
□ 50分に1回は休憩を入れる
□ 休憩の際には5m以上遠くのものをじっと見る

以上のルールを心がけることで目への負担がグッと減り、若年性老眼を防ぐことができます。

若年性老眼_06

また、暮らしの中で無意識のうちに行っている悪しき習慣、

・電車の中でスマホを操作する「電車スマホ」
・歩きながらスマホを操作する「歩きスマホ」
・寝転がってスマホを操作する「ごろ寝スマホ」

この3つは若年性老眼を招く3大悪習慣だと指摘されています。電車内や歩行中は体が必ず揺れています。そのような状況の中でスマホ画面を見続けると、毛様体筋に過剰な負荷がかかります。

また、寝転がってスマホを見ることで片目だけに偏った負担がかかり、目の調整機能が低下する原因となります。

電車内はメールやLINEをチェックする程度にとどめ、ゲームや動画鑑賞は控えましょう。自宅などでは寝転がってスマホを操作するのではなく、イスや床に座った状態での操作をおすすめします。

電車スマホ、歩きスマホ、ごろ寝スマホを控えると、わずか数日で「こんなに目が楽になるなんて!」と実感しますよ。

目はまぶたを閉じない限り、休めません。「疲れたから面白い動画を観よう」とスマホを見てしまったら、目はさらに働き続けてしまいます。1日1回、3分間でよいので目を閉じて、休めてあげましょう。それが、若年性老眼を防ぐ第一歩につながります。

▼若者を中心に増え続けている目のトラブルはコチラ!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)
デジタル社会における現代病!大人の目に起こる「近視」とは
20代も要注意!夕方になるとピントが合わなくなる「夕方老眼」の原因と改善・予防策
あなたは大丈夫!? 若者に急増中の『スマホ老眼』 近くがぼやけたら要注意!

〈参考〉
老眼・スマホ老眼
http://www.kamiya-ganka.com/checkup/
スマホだけじゃない若年性老眼の原因 おぐり近視眼科コラム
https://ogurikinshi.com/column/?p=3020
レーシック後も要注意 「若年性老眼」とは おぐり近視眼科コラム
https://ogurikinshi.com/column/?p=3004
『スマホ老眼は治る!』荒井宏幸著/扶桑社

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

  • 1時間未満
    3%
  • 1~2時間未満
    5%
  • 2~4時間未満
    10%
  • 4~6時間未満
    15%
  • 6~8時間未満
    22%
  • 8時間以上
    42%
  • 平日は利用しない
    3%
Loading ... Loading ...
Q2

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

  • はい
    78%
  • いいえ
    22%
Loading ... Loading ...
Q3

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

  • はい
    38%
  • いいえ
    62%
Loading ... Loading ...
Q4

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

  • はい
    27%
  • いいえ
    73%
Loading ... Loading ...
Q5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

  • はい
    20%
  • いいえ
    80%
Loading ... Loading ...

パソコンやスマホからのブルーライトダメージにはこれ!

\パソコン仕事の疲れ目におすすめの目薬/
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
日中はパソコンやスマホ、夜はテレビやゲーム…1日中デジタル機器に囲まれる私たちは、画面から放出される「ブルーライト」によって目に疲労が蓄積しています。そんな「デジアイ症候群」対策の目薬を試してみませんか?

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ