• HOME
  • 目のケア
  • 【眼科医監修】これで完ぺき!つらい花粉症の対策方法まとめ
花粉

【眼科医監修】これで完ぺき!つらい花粉症の対策方法まとめ

【眼科医監修】これで完ぺき!つらい花粉症の対策方法まとめ

花粉症は、いざ自分に症状が現れだして初めて、「こんなに厄介なものだったんだ!」と思いますよね。ここでは、花粉症に悩む方へ、花粉症の基礎知識から普段の生活習慣に取り入れたい対策、そして、花粉症のピーク前にやっておきたいことなどをまとめました。

本格的な花粉症シーズンがやってくるこれからに向けて、現在花粉症の方もそうでない方も要チェックです!

花粉症が起こるメカニズムとその症状

●花粉症とは?

体内に侵入してくる花粉を体が“異物”であると判断し、体から異物を追いだそうとする反応により現れる症状が花粉症です。鼻、目などから体内に侵入しようとする異物などから体を保護する機能を「アレルギー」といい、花粉症は季節性アレルギーの一種です。

●花粉症が起こるメカニズム

花粉症に関してよく悪者にされている(?)のが、「ヒスタミン」という物質です。

角質に守られている皮膚と違って粘膜に覆われている鼻や目は普段、花粉などの異物に直接さらされやすい環境にあります。

体の中には「IgE抗体」といって特定の異物に対して攻撃する作用をもつ免疫物質が存在します。その中で、花粉症の場合はスギ、ヒノキなどそれぞれの花粉に反応するIgE抗体が体の中に多く存在します。

このIgE抗体と粘膜に付着した花粉が結び付くことで粘膜に存在する「肥満細胞(マスト細胞)」から神経を刺激する「ヒスタミン」が生み出されます。

ヒスタミンが鼻や目の神経を刺激した結果、鼻や目など各部位がむずがゆくなり、涙や鼻水、くしゃみなどの症状を引き起こすのです。そのため花粉に対するIgE抗体を持っていない人は花粉症になりません。

簡単にいうとこのようなメカニズムで花粉症は起こっていますが、根本的に体の中の何がきっかけで突然発症するのかなど、根本的な原因などはまだまだわからないことも多い症状でもあります。

●花粉症の症状

花粉症には、体の部位ごとに次のような症状があります。

<鼻や口>

鼻づまり、鼻水、くしゃみ、咳、喉のかゆみ、喉がイガイガするような不快感など

<目>

かゆみ、涙の増加、充血など

<その他>

皮膚のかゆみや赤み、食欲減退、むかつきなどの胃腸症状、倦怠感、頭痛など

●原因となる花粉の種類

花粉症を引き起こす花粉は、スギやヒノキ、イネ科の植物、ヨモギやブタクサなどキク科の植物など、複数あります。人によって花粉症が起こる原因の花粉は違い、「スギに反応するけど、ブタクサは大丈夫」などの方もいます。

花粉が飛びやすい時期も植物によりそれぞれで、スギは2~3月ごろ、ヒノキは3月後半~4月ごろ、イネ科は3~6月ごろ、キク科は8~10月ごろです。

ちなみに、もっとも多くの方が悩まされる花粉症の原因であるスギ花粉は、気温が高めで風の強いよく晴れた日、雨上がりの翌日などに多く飛散します。

花粉症は予防できる?

前述の花粉症が起こるメカニズムからもわかるとおり、花粉症を発症するきっかけには何か特別なことがあるわけではありません。今は花粉症ではない方も、今後症状が現れる可能性はあるのです。では、花粉症を予防する方法はあるのでしょうか?

●花粉症予防に効果的な、鼻呼吸のための「あいうべ体操」

鼻は、鼻毛や繊毛運動で異物を外に出す働きをしています。一方で、口(喉)には異物を外に出そうとするような機能はないので、普段から鼻呼吸ではなく口呼吸をしていると、花粉ばかりでなくウイルスや冷たい空気などが口から直接体内に侵入してしまうのです。

花粉症を予防するには、アレルギー症状の原因(アレルゲン)となる花粉と粘膜などが、なるべく接しないようにすることが大切。花粉が体内に入らないように、日常生活からできるだけ鼻呼吸を意識したいところです。

鼻呼吸をするための訓練として考案されたもののひとつに、「あいうべ体操」があります。「あ」「い」「う」「べ」というときの口の形をくり返す簡単な体操で、道具いらずでいつでも行えます。

口周りの筋肉を鍛え、顎が下がって口呼吸になってしまうことを防止するのが目的なので、声は出しても出さなくてもOK。1セットあたり5秒以上、1日30セットが目安です。

▼「あいうべ体操」の詳しいやり方はこちらをチェック
インフルエンザや花粉症の予防にも!今話題の『あいうべ体操』とは?

花粉症の症状を抑えるには?

花粉によるアレルギー症状を抑えるには、ヒスタミンの働きを抑えることがひとつのカギです。花粉症を含めアレルギー疾患に対しては、ヒスタミンに対抗する薬「抗ヒスタミン薬」が用いられます。

一方で、ヒスタミンには脳を活性化する働きもあります。抗ヒスタミン薬でヒスタミンの働きを抑える=脳の活性化を妨げることにつながり、眠くなってしまうことがあるのです。

最近では眠気を催すことのない薬も増えてきていますが、花粉症の症状を抑える薬には眠くなる副作用がある場合もあることを覚えておきましょう。

●目の症状を抑える市販目薬の使い方

花粉症で目にかゆみなどの症状が出ている場合、市販の抗炎症成分を含む目薬を活用することで、症状の緩和を期待できます。

また、市販の目薬には、「今発生している目のかゆみを抑える」効果があるもののほかに、花粉が飛散する1~2週間前から使いはじめることで、「花粉の飛散がピークになったときの症状を抑える」タイプの目薬もあります。

抗アレルギーの医薬品にも使われている「トラニラスト」という成分を含んでいる目薬は、肥満細胞などからヒスタミンが生成されるのを抑えてくれるのです。

すでに花粉症を発症していて、おそらく今年も花粉症の症状が出るだろうといった方は、ピーク前から対策してみてはいかがでしょうか?

●花粉症対策になる天然成分も

薬とまではいきませんが、花粉症に一定の効果を発揮する天然の成分もあります。自分に合いそうなものがあれば、生活に取り入れてみるのも一手かもしれません。

<バラの花エキス>

抗アレルギー作用があるとされるバラの花エキス。花粉症だけでなく、アレルギー全般の対策として用いられます。

<プロポリス>

ヒスタミンの過剰放出を抑えます。

<シソエキス>

IgE抗体を少なくする作用が期待されています。

<甜茶(てんちゃ)>

甜茶はバラ科の植物を使ったお茶です。ヒスタミンの過剰放出を抑えます。

花粉対策のために日常生活で取り入れたいこと

そのほか、花粉症の症状に悩まされないために、日常生活の中で気をつけてほしいことをご紹介します。基本は「花粉との接触を極力避けるようにすること」です。

<生活全般>

●バランスのよい食事、十分な睡眠など、規則正しい生活を心がける

十分な睡眠を取って疲れやストレスをためず、適度な運動を行い、たばこやアルコール、刺激物を控えること。このような健康でいるための秘訣は、花粉症対策にも当てはまります。

<職場など>

●タバコなどによる空気の汚れや、部屋の乾燥を避ける

花粉症はもちろん花粉が原因ですが、タバコの煙などによって室内の空気が汚れていると、花粉症の症状を悪化させてしまいます。

<目がかゆくなったとき>

●目薬や洗浄液で花粉を洗い流す

目に付着した花粉が原因でかゆみなどの症状が出ているとき、水道水で目を洗ってしまうのはNG。眼球を傷つける可能性があります。市販されている専用の洗浄液や、人工涙液タイプの目薬を使って、付着した花粉を洗い流しましょう。

●かゆみがひどいときは目を冷やすのが効果的

かゆいと感じたときに目をゴシゴシとこすると、充血などの症状が悪化してしまったり、眼球を傷つけたりする可能性があります。

ひどいかゆみを緩和するには、冷たいタオルで目を冷やすのがおすすめです。タオルを冷たい水にさらしたあとに、しっかりと絞って目に当てましょう。目に直接触れる可能性があるので、清潔なタオルを使うようにしてください。

<外出・帰宅時>

●コンタクトレンズは避けて、メガネ(特にゴーグルタイプ)を着用する

コンタクトレンズだと涙がうまく循環せず、レンズに付着した花粉を洗い流すこともできません。外出時などでコンタクトレンズを外して洗える機会がなければ、コンタクトに付着した花粉の影響で、ずっと目に違和感が残ったままになってしまいます。

そのため花粉の飛散する時期、普段の生活ではコンタクトレンズを避けてメガネをかけるのがおすすめです。目をしっかりと保護できるゴーグルタイプだとベストですが、花粉対策用ではない通常のメガネでも、かけるだけで目に付着する花粉を6割まで減らせます。

●花粉を持ち帰らない、花粉に触れないための工夫をする

花粉は髪の毛にも付着し、それを自宅などへ持ち帰ることで、花粉に触れる機会を増やしてしまいます。花粉の飛散の多い時期の外出では、つばの広い帽子をかぶって髪への付着を防ぎましょう。

また、マスクをするなら、花粉症対策用のフィルターがついているものを選んでみてください。服などに使える静電気スプレーも、花粉を寄せ付けないことが期待できます。

●髪や衣服ははたいてから室内へ

帰宅・帰社時は油断せず、体に付着している花粉にも対処したいところ。室内へ入るときは、髪や衣服をはたいてからにしましょう。

<自宅>

●洗濯物は部屋干しに変える

花粉の飛散時期に洗濯物を外干しすると、どうしても花粉が付着します。洗濯物をはたいて取り込んでも、十分に花粉を払えたかどうかはわかりません。そこで、花粉シーズンだけでも洗濯物を部屋干しに変えてみるのがおすすめ。

最近では部屋干し対応の洗剤や柔軟剤も売られていますし、乾燥機を活用してもよさそうです。

●拭き掃除→掃き掃除が正しい順番

自宅に入り込んだ花粉は床に潜んでいます。掃除機をかけてまき散らしてしまう前に、濡れた雑巾やモップで拭き掃除をしましょう。

●家の中に入り込んだ花粉は空気清浄機でキレイにする

花粉を家に入れないためには窓を開けないようにするのもひとつの方法ですが、換気ができないのは難点です。部屋の空気が気になる方には、空気清浄機がおすすめ。製品によっては、花粉などのアレルギー物質に対応しているものもあります。

いかがでしたか?ここでご紹介した中から自分に合った対策をできることからはじめて、今年もつらい花粉症の季節を乗り切りましょう!

【眼科医】川原先生からのコメント
毎年花粉症の症状で悩まされている人は、抗アレルギー薬の点眼を花粉症シーズン前に始めておくことで症状が軽くなることが報告されています。事前に地区別の花粉飛散予想が発表されますのでそれをチェックして2種間前から点眼を開始しましょう。また、抗アレルギー点眼だけでかゆみなどの症状が治まらない人はステロイド点眼を併用することで症状がかなり改善されます。ステロイドという言葉に抵抗感がある方もいますが、眼科のステロイド点眼は濃度が薄いので副作用などはきちんと用法を守れば怖いものではありません。

 
▼つらい花粉症はこうやって対策する!花粉症の方にはこんな記事もおすすめです
驚きの新事実!花粉症トリビア(ロート製薬 商品情報サイト)
おうちの花粉対策はバッチリ?安心して過ごせる環境をつくろう
花粉症の方は必見!目がかゆくなるアレルギーの仕組みとケア方法
つらい!かきたい! 花粉症の目のかゆみにおすすめの対策法5選
花粉の飛散量は年々増加している?!花粉症を避けるためにできること

(参考)
厚生労働省|はじめに ~花粉症の疫学と治療そしてセルフケア~
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/ookubo.html
医療法人 いつき会|花粉症予防と対策
http://ituki.com/columu/no01.html
スマイル眼科クリニック|花粉症
http://www.smile-eye.com/faq/kafun.htm
花粉症ナビ|花粉症のメカニズム
https://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/mechanism.html
ロート製薬|早期使用で目のかゆみの発生を抑えるアレルギー専門目薬『ロート アルガード プレテクト』新発売
https://www.rohto.co.jp/news/release/2014/0108_02/

 » 【眼科医監修】これで完ぺき!つらい花粉症の対策方法まとめ

ライターしらた まよ

ハードコンタクト歴は約20年、IT系ライター、プログラマー、1児の母等を兼務。ライターとしては主にWebメディア上で活動中です。ITやアプリの情報、出産、育児、生活の小ワザまで、「難しいことでもわかりやすく、読みやすく」をモットーにお伝えしています。

 » 【眼科医監修】これで完ぺき!つらい花粉症の対策方法まとめ

医学博士、川原眼科院長川原 周平先生

モットーは「常に最新、最良の眼科医療をアップデートし提供し続けること」。毎朝、コーヒー豆を挽いてじっくり抽出して飲むのが日課。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ