• HOME
  • 目のケア
  • あなたの目元を老けさせる左右対称のシミ、『肝斑』かもしれません!
アイケア

あなたの目元を老けさせる左右対称のシミ、『肝斑』かもしれません!

あなたの目元を老けさせる左右対称のシミ、『肝斑』かもしれません!

ひと昔前は名前すら知られていなかった『肝斑(かんぱん)』というシミ。高齢者にはほとんどなく、シミが気になりはじめる30~50代という限られた年齢層に現れるシミのひとつです。女性なら誰しも最優先で顔から消去したいシミ、肝斑についてお届けします。

シミに悩む女性の3人に1人が肝斑の疑いあり!

紫外線対策には気をつけていたのに、いつの間にやら出現している顔のシミ。せっせと美白ケアを頑張ったところでなかなか消えない。

なぜ?どうして?もう歳だから仕方ないの!?とあきらめモードのアラサー、アラフォー世代のみなさん。実は、シミは必ずしも、加齢とともに増えていくわけではありません。

シミにはいくつかの種類があり、加齢とは関係なしに30~50代の年齢層に限って出現するシミが存在するのです。それが、今回ご紹介する肝斑(かんぱん)です。

ここで、興味深いデータを1つご紹介しましょう。第一三共ヘルスケアがシミに悩む20~50代の女性1,035人に調査を行ったところ、全世代の約36%に肝斑の疑いがあることが判明しました。今あなたを悩ませているそのシミ、もしかすると肝斑かもしれません。

そこで、肝斑かどうかを判定する10の項目をご用意しました。当てはまるものをチェックしてみましょう。

【肝斑セルフチェック】

□ 30~40代にシミが突然できた
□ シミが頬骨に沿っている。または、目尻の下のあたりに左右対称にある
□ シミの形はきれいな円形ではなく、輪郭があいまい
□ 季節によって濃さが変化する
□ 目のふちにはシミが見られない
□ 紫外線対策やビタミン補給でも改善が見られない
□ フェイスマッサージはしっかりやるタイプだ
□ 日常的に強いストレスを感じる機会が多い
□ レーザー治療を受けたことにより、シミが悪化した経験がある
□ 妊娠したことがある。または、経口避妊薬を服用している

肝斑_02

いかがでしたか?30~50代の女性の方でチェックの数が多ければ多いほど、肝斑の可能性大です。

紫外線だけじゃなかった!肝斑ができる原因

先ほどのセルフチェックで「私のシミ、肝斑かもしれない……」と思ったみなさん。ここからは、肝斑の特徴と原因について学んでいきましょう。

肝斑には2つの大きな特徴が存在します。1つ目は発症年齢です。加齢によって増えるシミとは違い、肝斑は30~40代に発症年齢が集中しています。

症状は50代後半まで見られますが、60代以降で発症することはほとんどありません。むしろその年代になると、肝斑によるシミは薄く目立たなくなったり、消えてしまったりすることも知られています。

2つ目の特徴はその形状にあります。肝斑は頬骨に沿って左右対称に、または、目尻の下のあたりに左右対称に現れるものです。シミの輪郭がはっきりしない薄い褐色で広い範囲にもやっと広がっている、というのも肝斑の指標となります。

では、そもそもなぜ肝斑ができるのでしょうか?主な原因は以下のとおりです。

1.女性ホルモンの乱れ

妊娠中は肝斑ができやすい傾向にあります。また、月経不順ピルの服用によって肝斑ができたり悪化したりすることからも、女性ホルモンのバランスが影響してできると考えられています。肝斑が閉経とともに薄くなり、消えたりするのも同様の理由です。

2.ストレス

肝斑_03

ストレスの影響で女性ホルモンのバランスが崩れると、肝斑の発症につながり、肝斑によるシミが濃くなるともいわれています。また、「顔にシミがあって恥ずかしい」というストレスが、さらなる悪化を招くことも……。

3.紫外線

肝斑もほかのシミ同様に紫外線の影響で悪化するため、紫外線の強い時期には肝斑のシミも濃くなるとされています。

4.肌への刺激

肝斑_04

肌への過度の刺激はシミを作るだけでなく、肝斑を悪化させる原因のひとつです。洗顔やフェイスマッサージの際には、必要以上に顔を強くこすらないように心がけましょう。

肝斑にレーザー治療は逆効果!正しい治療法

肝斑_05

肝斑の特徴と原因がわかったところで、最後に、治療法についてお届けします。

シミの治療には美白クリーム、ケミカルピーリング、レーザー治療などそれぞれのシミにあった治療法を選択する必要がありますが、肝斑に限っていえば、レーザー治療は有効ではありません。レーザーの刺激によって、シミが余計に濃くなる可能性が高いためです。

女性ホルモンが大きく関与している肝斑は、『トラネキサム酸』配合の内服薬で治療するのが、多くの皮膚科医が推奨している方法です。

トラネキサム酸とはアミノ酸の一種で、色素沈着を抑制する効果があり、服用することでたしかな効果を発揮するといわれています。皮膚科で肝斑と診断されれば処方してもらえますし、市販薬ならドラッグストアでも手に入れることができます。

ただし、レーザー治療のような即効性はなく、服用を続けることで4~5週間を目安に効果を感じられるそうです。30~50代の女性といえば、仕事や育児に多忙な世代。しかし、薬を飲むだけで肝斑によるシミが改善されるのですから、ぜひ効果が出るまで根気よく続けてみてください。

肝斑によるシミは治療できる時代になりましたが、それがゴールではありません。自分にあったストレス解消法を見つけたり、紫外線対策を見直したりして、肝斑ができにくい生活習慣を心がけましょう。

▼合わせて読みたい!紫外線やシミ対策記事はコチラ
目から入った紫外線がシミの原因に!紫外線対策の新常識まとめ
ウインクでわかる?シミができやすい?縄文顔と弥生顔を見分ける方法
夏の肌トラブルを回避!日焼け止めの正しい使い方と紫外線ケアを学ぼう!

▼「なんだかちょっと見えにくい…」は、もしかしたらこれが原因かも
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
「肝斑(かんぱん)」とは|トランシーノII[第一三共ヘルスケア]
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/transino-2/kanpan/
3分で分かる!肝斑って何?肝斑というシミの知識入門編|かんぱんINFORMATION
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_kanpan/3minutes/
そのシミ、肝斑(かんぱん)かもしれません [シミ] All About
https://allabout.co.jp/gm/gc/64083/3/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ