• HOME
  • 目のケア
  • 【眼科医監修】40歳以上に多い!?早期発見のために知っておくべき『緑内障』の基礎知識
目の病気

【眼科医監修】40歳以上に多い!?早期発見のために知っておくべき『緑内障』の基礎知識

【眼科医監修】40歳以上に多い!?早期発見のために知っておくべき『緑内障』の基礎知識

日頃パソコンやスマートフォンで目を酷使しているみなさん、年齢を重ねるとともに目の健康も気にしていますか?目の病気には、知らずに進行して気づけば重症になってしまうものも少なくありません。

40歳以上の男女に多く見られる代表的な目の病気に『緑内障』があります。この緑内障もまた、初期段階では自覚症状が乏しいだけに発見が遅れがち。それはすなわち、隠れた緑内障患者が存在することを意味します。

いち早く発見して治療につなげるために、緑内障の症状や治療・検査方法などについて知っておきましょう。

日本人の失明原因第1位!緑内障とは

緑内障とは、全体的に視野が狭くなったり、視野の一部に見えない場所ができたりする目の病気です。

緑内障のやっかいな特徴は大きく2つあります。1つ目は、初期の段階では視覚障害があっても気づきにくいこと。日常生活では両目を使うので、ものを見る際には片方の目に異常があっても、無意識にもう片方の目でカバーしてしまいます。

緑内障の緩やかに進む特徴もあいまって、患者さんが視野狭窄や視力の低下といった症状を自覚したときには、すでに緑内障が進行してしまっている状態であることも多いのです。

2つ目は、緑内障により欠けてしまった視野は、治療によっても取り戻せないことです。視野障害が進行した後は、視力の低下や、場合によっては失明の可能性もあります。

厚生労働省の調査によると、緑内障は日本人の失明原因第1位(後天性)。また、2000年から2001年にかけて行われた日本緑内障学会の疫学調査(多治見スタディ)では、40歳以上の緑内障有病率はおよそ5%、つまり、20人に1人は緑内障を有しているという結果が出ています。

この数字から、緑内障が決して珍しい病気ではないことがわかるでしょう。

ところで、緑内障の要因のひとつに“眼圧の上昇”がありますが、そもそも眼圧とは何でしょうか?

緑内障に深いかかわりのある「眼圧」とは?

眼圧とは眼球内の圧力のことで、簡単にいうと“目のかたさ”です。

人の目の内部では房水という液体が流れていて、目に酸素や栄養を供給するとともに眼圧を調整し、目の形を球体状に保っています。

房水は目の内部の毛様体という部分でつくられ、決まった経路を通って目の外へ排出されます。しかし、何らかの理由で房水が排出されにくくなる、あるいは排出されなくなると眼圧が異常に高くなり、視神経がダメージを受けてしまうのです。

視神経とは、目に入ったものの情報を脳へ伝えるための、いわば通路のようなもの。視神経の障害の部位によって、視野が欠けたりどちらか一方の目に障害が現れたりと、視力障害の内容も変わります。

眼圧の正常範囲は10~20mmHgであり、20mmHgの上限を大きく超える高い眼圧が続くと、視神経が障害されてしまう可能性も高くなります。

しかし実は、眼圧が低い(正常範囲内)であっても、緑内障を発症することがあります。

なぜ眼圧が低くても緑内障になるのかその確固たる根拠は見つかっていませんが、家族に緑内障患者がいる、近視である、循環器系疾患や糖尿病などの病気がある、といった場合に、緑内障を発症する可能性が高くなるとされています。

つまり、緑内障は眼圧が高いから起きるというよりも、“眼圧を下げること”で視神経の障害を抑制・改善できる可能性のある病気なのです。

眼圧が高くなる理由はさまざま!緑内障の種類について

緑内障は、眼圧が高くなる原因によって次のように分類されています。

●原発開放隅角緑内障

原発とは、「ほかに眼圧が上がる原因となる病気がない」という意味です。また、隅角(ぐうかく)とは目の内部の部位で、房水が通る「線維柱帯」と房水の排出口である「シュレム管」があります。

原発開放隅角緑内障とは、ほかに原因となる目の病気を持っていない状況で、線維柱帯とシュレム管が何らかの理由で詰まっているために、房水が外へ出にくい状態になっている緑内障です。房水が上手く排出されないことで眼圧が上昇し、視神経がダメージを受けます。

●原発閉塞隅角緑内障

ほかに眼圧が上がる原因となる病気がなく、隅角が狭くなる「狭隅角」や隅角が閉じる「閉塞隅角」を起こしているために眼圧の上昇が起こる緑内障です。

原発閉塞隅角緑内障の中でも急に隅角が閉じるものを、「急性緑内障発作」と呼びます。急激な眼圧の上昇のほかに、激しい眼痛頭痛吐き気などの症状をともなうのが大きな特徴です。

急性緑内障では、治療が遅れると短期間で失明に至る場合もあり、早期に適切な対処が必要です。

●続発緑内障

目や体の何らかの病気やけがが原因で、眼圧が上がるために起こる緑内障です。続発緑内障の場合、治療は原因となる病気やけがへのアプローチが主となります。

●発達緑内障

生まれつき隅角に異常があることで起こる先天性のもの。乳幼児の頃の緑内障は急速に悪化しがちで、生まれてすぐに眼圧が高い場合は、眼球そのものが大きくなることがあります。早期に手術が必要ですが、なかなか治療が難しい緑内障です。

●正常眼圧緑内障

眼圧が20mmHg以下の正常範囲内でも視神経に障害をもたらすことがあり、これを正常眼圧緑内障と呼びます。緑内障の中でも日本人には多く見られる種類で、特に近視の人に起こることが多いとされています。

緑内障の治療法とは?

緑内障の治療においては、現在のところ欠けた視野を元に戻すような治療方法は見つかっていません。そのため、症状を完治させるものではなく、眼圧を下げて緑内障の進行を抑えるためのものになります。

進行を妨げる治療は薬物療法を基本とし、場合によってはレーザー治療手術も行います。

●薬物療法

点眼薬により進行を抑える方法は、緑内障の治療法の中でもっとも一般的です。

緑内障のタイプや重症度、眼圧の高さなどに応じて適切なものが処方されます。緑内障に効果があるとされている点眼薬の種類は10種類以上あり、1種類で効き目が現れなければ2種類、3種類と組み合わせて使っていくことになります。

また、異常に眼圧が上がっているときには、眼圧を下げる内服薬が処方される場合もあります。ただし、全身の副作用が出る可能性もあるため、ほかの病気の有無などによって使用可否が慎重に判断されます。

【緑内障治療薬の副作用について】

緑内障に使われる治療薬には、内服薬だけでなく点眼薬にも副作用が存在します。たとえば、緑内障治療でよく使われる『プロスタグランジン製剤(PG製剤)』には、まぶたに色素沈着を起こしたり、目の周りが窪んだような状態になったりする副作用が知られています。

副作用を少しでも減らすためには、点眼は1回に1滴とし、目の周りについた薬液はきれいに拭き取ることが大切です。また、複数の点眼薬を使用している場合は、点眼薬の効果がきちんと出るように、5分以上点眼の間隔をあけることが鉄則です。

緑内障の点眼薬は、長期的に使い続けなければなりません。症状が改善しないからといって、自己判断で勝手にやめてしまうのは避けましょう。副作用などが気になるときは、処方薬を変えてもらうなど、医師に相談してください。

●レーザー治療

緑内障におけるレーザー治療の方法は、大きく分けて2つです。

1つ目は、レーザーで目の虹彩という部位(瞳孔を調節する部分で、瞳の色にも関係する)に穴を開けて、房水の流れを変えるというもの。閉塞隅角緑内障に対して用いられます。ただし、角膜内皮細胞が著しく減ってしまうため、最近ではほとんど行われません。

2つ目は、線維柱帯に特殊なレーザーを当て、房水の排出を促す治療で、一部の開放隅角緑内障に対して行われるものです。

レーザー治療に痛みはほとんどなく、日帰り手術で行うため入院の必要はありません。

●手術

薬物療法やレーザー治療で十分に眼圧が下がり切れなかった場合に行われる治療法です。症状に応じて、以下のような手術が検討されます。

・線維柱帯を切開して房水を流出させやすくする「線維柱帯切開術」
・新しく房水が流出する経路をつくる「線維柱帯切除術」
・目の中の水晶体を摘出し、代わりに薄い眼内レンズを入れる手術(水晶体の厚みを変えることで房水の通り道を広げる手術であり、手法は白内障手術と同じです。閉塞隅角緑内障のみ適応となります)

数年して再度眼圧が上がり出すこともあり、手術が成功して眼圧が下がったとしても、その後は定期的な観察・処置が必要です。

緑内障を早期に発見するためには?緑内障検査について

緑内障の進行を食い止めるカギとなるのは、緑内障の早期発見です。緑内障を見つけるために必要な検査には、次のようなものがあります。

●眼圧検査

機械で眼圧を測定する検査です。使用する機器にはいくつか種類があり、目に直接触れて測定するもの、目に空気をプシュッと吹き込んで測定するものなどがあります。

●隅角検査

隅角の状態を診る検査です。点眼による麻酔を行った後、検査用のコンタクトレンズを目に当てて隅角を観察します。麻酔を行うため、痛みはありません。

●眼底検査

視神経の障害がどの程度かを判定するための検査です。倒像鏡、あるいは眼底カメラといった器具を使用し、眼球の奥にある血管や網膜、視神経を調べます。検査はまぶしく感じますが、痛みなどはありません。

視神経が集まっている部分を視神経乳頭といい、ここには小さな窪みがあります。緑内障ではこの窪みが拡大するため、眼底検査では視神経乳頭の窪みや周囲の状態をよく観察します。

●視野検査

片方の目だけで見える範囲を調べる検査です。専用の機械を使い、実際にどれくらい視野が欠けているか、どれくらい狭くなっているのかを判定します。

●光干渉断層計(OCT)検査

視神経乳頭の形状解析により、神経の欠損や薄くなっている部分を精密に検出できる検査です。ごく初期の緑内障も見落とさずに診断することが可能です。

くり返しになりますが、緑内障で怖いのは、薬や手術などの治療を行ったとしても、一度欠けてしまった視野は元に戻らないということです。したがって、進行する前に早めに発見することが、失明の回避につながるといえます。

40歳を過ぎたら目の病気のことを意識して、異常がなくても年に一度は眼科で検診を受けるようにしましょう。もし頭痛や吐き気をともなう急な目の痛みがあれば、早急に医療機関を受診するようにしてください。

【眼科医】川原先生からのコメント
緑内障の問題点は、働き盛りの年齢で診断されることも多いため、仕事が忙しいという理由で通院や点眼を中断してしまうことです。特に、自覚症状がなく発見された場合に多くなります。しばらくして目がおかしいと気づいて再度眼科を受診したときには、すでに進行してしまっていて治らないこともありますので、必ず定期的に検査・診察を受ける必要があります。

 

▼緑内障についてもっと詳しく知りたい方にはこんな記事もオススメ!
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
《医師監修》それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル
《医師監修》これって副作用だったの!?意外と知らない目薬の副作用と対処法

(参考)
日本眼科学会|緑内障
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ryokunai_ryokunai.jsp
日本眼科医会|よくわかる緑内障―診断と治療―
https://www.gankaikai.or.jp/health/49/
日本緑内障学会|緑内障疫学調査 日本緑内障学会多治見緑内障疫学調査(通称:多治見スタディ)」報告
http://www.ryokunaisho.jp/general/ekigaku/tajimi.html
栃木県保健衛生事業団|眼底検査の基礎知識
http://tochigi-health.or.jp/kenkoujouhou/yakudachi/1.html
京都府立医大病院眼科|視野検査
http://www.ganka.gr.jp/sickness_shiya.htm
ひじおか眼科|緑内障とは
http://hijioka-ganka.com/consultation/consultation02/
MSDマニュアル家庭版|視神経の病気の概要
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/20-眼の病気/視神経の病気/視神経の病気の概要

 » 【眼科医監修】40歳以上に多い!?早期発見のために知っておくべき『緑内障』の基礎知識

ライターしらた まよ

ハードコンタクト歴は約20年、IT系ライター、プログラマー、1児の母等を兼務。ライターとしては主にWebメディア上で活動中です。ITやアプリの情報、出産、育児、生活の小ワザまで、「難しいことでもわかりやすく、読みやすく」をモットーにお伝えしています。

 » 【眼科医監修】40歳以上に多い!?早期発見のために知っておくべき『緑内障』の基礎知識

医学博士、川原眼科院長川原 周平先生

モットーは「常に最新、最良の眼科医療をアップデートし提供し続けること」。毎朝、コーヒー豆を挽いてじっくり抽出して飲むのが日課。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ