• HOME
  • 目のケア
  • ボクサーだけじゃない! 本当は誰でもなる可能性のある『網膜剥離』
目の病気

ボクサーだけじゃない! 本当は誰でもなる可能性のある『網膜剥離』

ボクサーだけじゃない! 本当は誰でもなる可能性のある『網膜剥離』

網膜剥離(もうまくはくり)といえば、ボクサーなどが強い衝撃によって起こす症状というイメージを持っている方も多いと思います。しかし網膜剥離は、加齢などによって自然に引き起こされることも少なくありません。そこで今回は網膜剥離の原因や、知っておきたい初期症状などをご紹介します。

原因はさまざま!20代でも網膜剥離にかかることはある

眼底の奥部に薄いフィルムのように密着している網膜は、私たちがものを見るためには不可欠な、とても大切な組織です。網膜剥離は、この網膜に何らかの原因で裂孔(穴が開き、裂けること)が生じ、眼底からはがれてくるという疾患です。
網膜剥離の状態では、いわば破れたフィルムで写真を撮るようなものですから、眼球は正確な像を結ぶことはできません。

では、網膜剥離はどのようなことが原因で起こるのでしょうか?実は、網膜剥離は20代と50代に多い眼疾患だといわれており、特殊な環境でのみ引き起こされるものではありません。
例えば、眼球の内部を満たす“硝子体(しょうしたい)”という液体のバランスが崩れることでも内圧に変化が起こり、それが原因となって網膜がはがれることもあります。
また、強度の近視の場合にも、眼軸(角膜から網膜までの径)が広がることで牽引力が生じ、これにより網膜がはがれやすくなることもあります。

網膜剥離_02
出典:Drugs.com – Retinal detachment

(※)画像注釈
Retinal detachment(網膜剥離)、Retinal tear(網膜裂傷)、Vitreous humor(硝子体液)

図のように、眼球内部の硝子体液のバランスが崩れ、網膜裂傷が起こり、網膜剥離につながることもあります。

さらに、網膜に裂孔を生じない『非裂孔原性網膜剥離』も存在しており、この場合には高血圧糖尿病などが原因のものなどが挙げられます。このように、実は網膜剥離は、誰でもかかる可能性のある身近な眼疾患なのです。

網膜剥離を早期に発見するために知っておきたいこと

では、網膜剥離の自覚症状には、どのようなものがあるのでしょうか?
網膜剥離の前兆として、『飛蚊症(ひぶんしょう)』を自覚することがあります。飛蚊症とは、視界に小さなゴミ状の影が浮かんで見える症状です。また、チカチカとした光の点滅や、強い光の筋が見える『光視症(こうししょう)』が現れることもあります。
いずれの症状も網膜剥離の“前駆症状(病気の起こる前兆)”とされていますので、突然ひどい飛蚊症を感じたときなどは特に注意が必要です。

さらに症状が進行すると、視野の一部が欠ける「視野欠損」などが起こります。特に『裂孔原性網膜剥離』の場合は、早期の手術が必要な場合もあります。放置すれば失明の原因にもなる疾患ですので、早めの専門的な治療が必要です。
もし飛蚊症が突然ひどくなったり、視界がゆがんで感じられたりした場合は、少しでも早く医師の診断を受けましょう!

▼なにごとも早期発見、早期治療!
目に潜んだ病を告げるサインかも!視界に虫が飛んでいるように見える『飛蚊症』とは?

放置すると失明の可能性も…!目をぶつけたときの正しい応急処置

【参考】
公益社団法人 日本眼科医会 -飛蚊症と網膜剥離 なぜ?どうするの
http://www.gankaikai.or.jp/health/38/01.html
日本眼科学会:眼の病気 網膜剥離
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/momaku_hakuri.jsp

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ