• HOME
  • 目のケア
  • 《医師監修》シワやたるみ!目の老化も!紫外線よりも怖ろしい「近赤外線」のはなし
UVケア

《医師監修》シワやたるみ!目の老化も!紫外線よりも怖ろしい「近赤外線」のはなし

《医師監修》シワやたるみ!目の老化も!紫外線よりも怖ろしい「近赤外線」のはなし

夏以外の季節にもサンスクリーン剤を塗ったり、コンタクトレンズをUVカットタイプに切り替えるなど、一年を通じた紫外線対策は常識になりつつあります。

ところが近年、「実は紫外線よりも肌や目にダメージを与えるのは『近赤外線』である」という衝撃的事実が発覚したのです。

今回は「近赤外線」にスポットを当ててお届けします。

太陽光に含まれる紫外線はわずか1割。半分はまさかの近赤外線!

太陽光は波長の長さによって「紫外線」「可視光線」「赤外線」の3つに分類することができます。その中で肌や目にダメージを与える太陽光といえば、真っ先に思い浮かぶのは紫外線ではないでしょうか。

紫外線は医療業界では「老化光線」とも呼ばれ、無防備な状態で浴び続けていると、シミやシワ、肌のたるみ、将来的に白内障を引き起こすなど、肌や目の老化を早める存在とされています。

こうした紫外線にまつわる話は間違ってはいませんから、普段からサンスクリーン剤やUVカット機能つきのメガネやコンタクトレンズを使うことは正解です。ぜひこれからも継続してください。

しかしながら「紫外線以外の太陽光から肌や目を守る」という意味では、残念ながら不正解です。

なぜなら、太陽光に含まれる紫外線量は全体の約10%で、ほんの一部。太陽光の約50%を占めているのは、赤外線だからです。

【太陽光に含まれる光線の比率】

●紫外線 約10% 波長が短く、エネルギーの強い光
●可視光線 約40% 紫・青・緑・黄・橙・赤の6色に分類される、目に見える光
●赤外線 約50% エネルギー自体は弱いものの、波長が長く、遠くまで深く届く光

赤外線も波長の短いものから順に「近赤外線」「中赤外線」「遠赤外線」の3つに分類されますが、地上まで届く赤外線の大半は近赤外線です。そして、近年の研究から「近赤外線は紫外線以上に、人体に強いダメージを及ぼす光線である」ことがわかってきたのです。

近赤外線が白内障や網膜火傷の原因に

前項でもお伝えした通り、近赤外線は太陽光の約50%を占めています。私たちは知らず知らずのうちに、紫外線よりも大量の近赤外線を浴び続けていたというわけです。

さらに厄介なのは、近赤外線の性質です。1980年代にペンシルバニア大学のクリグマン博士がおこなった実験では、ラットに紫外線を単独で照射するよりも、赤外線と紫外線を混合で照射した方が皮膚の老化スピードが早まることを発見しました。

紫外線は皮膚の真皮層にまでしか届きませんが、近赤外線は真皮層のさらに奥にある筋肉にまで到着し、ダメージを与えるからです。

これまで肌のシワやたるみの原因は紫外線だと考えられてきましたが、研究が進む中で、近赤外線の影響で皮膚の土台を担っていた筋肉が薄くなったり、萎縮することで肌のシワやたるみを引き起こすことが判明したのです。

そして、私たちの目もまた、肌と同じように近赤外線の影響を大きく受けています。目の中に入ってきた光はカメラレンズに相当する水晶体を必ず通過するため、「水晶体は近赤外線によるダメージを特に受けやすい」という報告があります。

紫外線カットのメガネやサングラスがこれほど普及しているものの、白内障の発症が一向に減らないのは、長年浴び続けてきた近赤外線が原因だともいわれています。

近赤外線は「遠くまで深く届く」という性質から、眼球の奥にある網膜まで簡単に達してしまいます。網膜火傷の原因は近赤外線によるものが多いのは、そのためです。

近赤外線を上手に回避するための4つのポイント

近赤外線の仕組みがわかったところで、近赤外線から目と肌を守る4つの方法をご紹介します。

1.近赤外線をカットするメガネやサングラスをかける

紫外線と近赤外線をまとめてカットできるメガネやサングラスが続々と登場しています。わずかな隙間からでも近赤外線は入り込んできますから、レンズが大きく、テンプルが太く、顔のカーブにフィットしたデザインを選びましょう。

2.近赤外線をカットするサンスクリーン剤を塗る

近赤外線に着目している化粧品メーカーは増えており、オルビス、ポーラ、ドクターシーラボなどから、近赤外線対応のサンスクリーン剤が発売されています。

顔の皮膚が薄い方ほど近赤外線の影響を受けやすいそうです。顔の頬肉を指でつまんだとき、2センチ以下の場合は早急な対策を!

3.屋外では帽子・日傘・日陰を積極的に利用する

帽子と日傘は、近赤外線を遮るのに効果的です。帽子はツバの深いデザインを、日傘は熱を吸収して近赤外線を遮断しやすいがおすすめです。また、「日陰は近赤外線の影響が少ない」という報告がありますから、屋外で過ごすときは日陰を探しましょう。

4.卵、赤身の刺身、旬のフルーツで体の内側から予防する

「眼球と皮膚の表面に十分な水分量があると、近赤外線によるダメージが少ない」というのが最新の医学的見解です。そのためには水分を豊富に保持できるコラーゲンやヒアルロン酸の原料となる、たんぱく質ビタミンCを摂るのがベストです。

●たんぱく質を摂るなら…卵料理(ゆで卵、スクランブルエッグ、オムレツなど)、赤身のお刺身(マグロ、カツオ、ブリなど)
●ビタミンCを摂るなら…キウイフルーツ、イチゴ、オレンジ、柿、パパイヤなど

健康的で若々しい目や肌をキープするためには、紫外線だけでなく、近赤外線もカットすることが大切です。今回ご紹介した方法を参考にして、目と肌を守る生活習慣を身につけてくださいね。

【眼科医】川原先生コメント
近赤外線については比較的最近になって話題になってきたため眼科的なエビデンスはまだ少ないです。太陽光のすべてが目に悪いわけではなく、子供の近視にとっては太陽光に含まれるバイオレット光が良いとの報告もあります。いずれにしても長時間、太陽光に暴露されることで目に障害が起きることが多いですので、できるだけ直接目に当たらないようにするのがよいでしょう。

 

▼まだまだあります!目と紫外線にまつわるお役立ち記事はコチラ
肌だけで大丈夫?!子どもの瞳の紫外線ケアでトラブル予防(ロート製薬 商品情報サイト)
油断大敵!目も日焼けします!UVカットコンタクトレンズで紫外線対策
紫外線から肌を守る強い味方!UVカットガラスの仕組みを知りたい!
目から入った紫外線がシミの原因に!紫外線対策の新常識まとめ
紫外線から目を守れ!今春のトレンドアイテム『サングラス』の選び方

〈参考〉
紫外線と同じく近赤外線にも注意が必要です! メガネハット(株式会社アーバン)
https://www.meganehut.com/blog/217
近赤外線とその影響|I&EYE|アイガンUV420から始める目元周りのケア
http://www.aigan.co.jp/i_and_eye_bihada/chapter01.html
近赤外線から皮膚を守る方法|I&EYE|アイガンUV420から始める目元周りのケア
http://www.aigan.co.jp/i_and_eye_bihada/chapter02.html
紫外線よりも怖い! 美肌の大敵「近赤外線」とは?|コラム|eltha(エルザ)
https://beauty.oricon.co.jp/column/1214/
肌の光老化ご存知ですか? 紫外線などによる肌の老化、しみ、しわ、たるみ 光老化啓発プロジェクト
https://www.hikari-rouka.org/
『近赤外線ケア美肌術』田中洋平著/光文社

 » 《医師監修》シワやたるみ!目の老化も!紫外線よりも怖ろしい「近赤外線」のはなし

ライターみやま ゆかり

中央線在住のフリーランスライター。美容から恋愛指南、書道まで守備範囲の広さがウリ。現在は女性コミック誌『aya』(宙出版)にて連載中のビューティーマンガ『WELCOME 綺麗堂』の取材・原作担当。著書『WELCOME 綺麗堂』が宙出版より好評発売中。

 » 《医師監修》シワやたるみ!目の老化も!紫外線よりも怖ろしい「近赤外線」のはなし

医学博士、川原眼科院長川原 周平先生

モットーは「常に最新、最良の眼科医療をアップデートし提供し続けること」。毎朝、コーヒー豆を挽いてじっくり抽出して飲むのが日課。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ