• HOME
  • 目のケア
  • 糖尿病が緑内障のリスクを高める? 米眼科学会が公開したリスク要因とは
目の病気

糖尿病が緑内障のリスクを高める? 米眼科学会が公開したリスク要因とは

糖尿病が緑内障のリスクを高める? 米眼科学会が公開したリスク要因とは

現在、日本人の失明原因の1位となっている眼疾患が『緑内障』です。

そんな中、米国眼科学会によって緑内障の発症リスクを高める要因リストが公開され、意外な病が緑内障リスクを高めることが指摘されました。なんと『糖尿病』が緑内障のリスクファクターになるというのです。

糖尿病と緑内障の因果関係は、どこにあるのでしょうか?さらに、緑内障の危険因子となると考えられている、その他の疾患についてもご紹介します。

緑内障の自覚を持たない潜在的患者は、なんと9割!

40歳以上の日本人における緑内障の有病率は、現在5%を占めています。つまり、20人に1人の割合で緑内障にかかっている人がいるのです。しかしその中で自分が緑内障であることを自覚している人は、わずか1割に過ぎないと推定されています。

その緑内障の最大のリスク要因は「眼圧」です。

それ以外にも、さまざまな要因により緑内障が発症することが指摘されてきましたが、これまで糖尿病が占めるリスクは低いものだとされてきました。いわば眼圧が「AAA」の重要度だとすれば、糖尿病は「A」の評価しか受けてこなかったのです。

緑内障と糖尿病_02
Liveind24 – Incomplete sleep can make you patient of diabetes

しかし米国眼科学会(AAO)が発表した緑内障のリスク要因リストには、家族の罹患歴や加齢などの要因に加え、「2型糖尿病」というリスクが加えられていました。

リストには糖尿病の罹患歴が長いほど緑内障リスクが高まると記されており、糖尿病におけるこれまでのリスク評価よりも、ずっと踏み込んだ指摘がされていたのです。

ここで「緑内障」について、もう一度おさらい

私たちの眼球内部は“房水”という液体により満たされており、通常の状態では眼球内の圧は一定の状態に保たれています。しかし房水の排出口である“シュレム管”が何らかの原因で詰まり、眼圧が高まることがあります。

こうして高まった眼圧が視神経を圧迫し、傷害してしまう眼疾患が「緑内障」です。

緑内障と糖尿病_03
出典:Glaucoma Center – Fredericksburg, Va.

ところで、日本人の失明原因第1位が緑内障であることはすでに書きましたが、第2位の失明原因は何だと思われますか?実は、それが糖尿病なのです。

なぜ糖尿病が失明を引き起こすかというと、糖尿病の合併症の1つ『糖尿病性網膜症』という眼疾患が、網膜を破損させてしまうからです。

網膜はいわばカメラのフィルムのような存在ですから、これが冒されると網膜が正常な像をむすぶ能力を失い、この症状が進行することで失明にいたることがあるのです。

今回のリストで明らかになったAAOのアドバイスによると、糖尿病が引き起こす目の疾患は糖尿病性網膜症だけではなく、緑内障、場合によっては『白内障』の要因にもなるとされています。

つまりこれからは、緑内障などによる失明を回避するためにも、糖尿病による血糖値コントロールや眼科検診は怠らない必要があるというのです。

『睡眠時無呼吸症候群』も緑内障の要因になる?

皆さんは『睡眠時無呼吸症候群』という症状をご存じでしょうか。最近はテレビでも取り上げられることが多くなりましたが、気道の圧迫などの原因により、睡眠中に無意識に呼吸が止まってしまう疾患が睡眠時無呼吸症候群です。

医学的には、10秒以上の無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上の無呼吸があれば、睡眠時無呼吸と判断されます。

ところが、この睡眠時無呼吸にも緑内障のリスクを高める可能性があるらしいのです。

緑内障と糖尿病_04
Alaska Sleep Clinic – Alaska Sleep Education Center

しかも、睡眠時無呼吸が緑内障のリスクを高めるという報告は近年のことではなく、1990年代後半にはすでにおこなわれていました。それによると、睡眠時無呼吸の重症度が網膜の神経線維層に負の影響を与え、これにより緑内障のリスクが高まるというのです。

緑内障は「視神経乳頭」という視神経が集合した組織や、網膜神経の線維層に重大な影響を与える疾患ですから、もしこれが事実なら、睡眠時無呼吸に悩んでいる方も眼科での検診を検討する必要があるかもしれません。

緑内障は失明へといたる病。何よりもまず、定期的な検査を!

「糖尿病」と「睡眠時無呼吸症候群」という、まるで接点のなさそうな病が緑内障のリスク因子になる可能性をご紹介しました。

しかし緑内障のリスクを高める症状は、決してこの2種類の疾患だけではありません。

例えばイスラエルのテルアビブ大学の研究者は、約1万9千例のデータを解析することで、肥満が眼圧上昇のリスク要因であることを明らかにしています。

そしてこのデータは、“ボディマス指数”という体格指数と眼圧との間に、男女の区別なく相関があることを示しています。つまり、過度に太ることでも緑内障のリスクは高まるのです。

緑内障と糖尿病_05
出典:Infertility | Pregnancy Wellness | Post Pregnancy Weight Loss – WEIGHT LOSS | DOES SMALL AMOUNT OF WEIGHT LOSS BENEFITS?

かつては糖尿病による網膜症の失明率が、日本人の失明原因第1位でした。しかし今では緑内障の失明率は糖尿病を追い越し、今後さらに患者数が増えると考えられています。

加齢とともに目にもいろいろな疾患のリスクが生じることは避けることはできませんが、せめて『失明』という最悪の結果を避けるためにも早期発見に努めることが重要です。

目は一生の友達。目を守るためにも、糖尿病をはじめとした病気や、肥満などの検査を定期的に受けるようにしましょう!

▼緑内障や糖尿病性網膜症、知っておきたい色々なコト
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
それって『緑内障』かも!うっかりミスが伝える危険のシグナル
自覚症状なく進む!失明の恐れもある『糖尿病網膜症』とは?
目の検診、行っていますか?眼科医が指摘する「なんとなくの不調」を放置してはいけないワケ
放置すると失明の可能性も…!目をぶつけたときの正しい応急処置
眼圧を下げるインプラント。緑内障の最新治療『チューブシャント手術』ってどんなもの?

【参考】
医療情報サイト m3.com – 緑内障のリスク因子リスト、学会が公開【米国眼科学会】
https://www.m3.com/open/clinical/news/article/388997/
サトウ眼科 ブログ – 睡眠時無呼吸症候群の人は緑内障になりやすい?
http://www.satouganka.com/blog/387/
マイベストプロ福島 – 肥満で緑内障の危険?
http://mbp-fukushima.com/hirozoo60248/column/2152/
医療情報サイト m3.com – DMの失明防止3助言を学会提示【米国眼科学会】
https://www.m3.com/open/clinical/news/article/327793/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ