• HOME
  • 目のケア
  • 白内障や緑内障など目の病気だけじゃない?!眼底検査でわかること
アイケア

白内障や緑内障など目の病気だけじゃない?!眼底検査でわかること

白内障や緑内障など目の病気だけじゃない?!眼底検査でわかること

健康診断の項目に含まれている目の検査のひとつ、眼底検査。白内障や緑内障を早期発見するものとして知られていますが、実は目の病気以外にもさまざまな病気がわかる貴重な検査なのです。

眼底検査で何が調べられるのか、詳しく見ていきましょう。

眼底検査は目のどこを調べている?

眼底は、眼球を内側が空洞の球体だとするとその内側、目を正面から見たときにもっとも奥の部分にあたります。

眼底検査では、瞳孔を通して目の奥に光を当て、写真を撮ります。より広い範囲にわたってしっかりと調べるには、散瞳(さんどう)薬という瞳孔を開くための目薬をさして検査を行います。

眼底検査で調べるのは、目の奥にあって色や光を受ける網膜、その情報を脳に伝える視神経ガラス体(眼球内部をうめるゲル状組織。硝子体/しょうしたい とも)を通じて目に栄養を送る血管などの状態です。

網膜の中でも眼底の中心にある部分は黄斑(おうはん)と呼ばれ、視力を左右する大切な部分となります。そして、目の血管は実は、脳や全身の血管の状態を推測するのにもよい部分なのです。

眼底検査でわかる主な疾患とは?

眼底検査では、白内障緑内障といった目の病気のほか、血管の様子から高血圧動脈硬化、網膜の状態から糖尿病などをチェックすることができます。

また、目の血管の様子を見ることは、脳腫瘍の発見の手がかりになったり、動脈硬化の引き金となる高脂血症高尿酸血症を発見したりすることにもつながります。

さらに、膠原病(全身に共通の症状を持つ疾患の総称)や貧血などの診断を得る際にも役立ちます。

特に、高血圧や糖尿病などの内科系疾患を抱えている方は、視力に問題がなくても定期的に眼底検査を受け、異常があればすぐに見つけられるようにしておくのがよいでしょう。

検査結果票をチェック!主な所見の意味

健康診断などで眼底検査を受けた場合、検査結果はどのように確認すればよいのでしょうか?

眼底検査では、Scheie(シェイエ)分類Keith-Wagner(KW/キース・ワグナー)分類がよく用いられており、それぞれ次のような状態を表します。いずれの分類でも、数字が大きくなるほど重症度が高くなります。

<Scheie分類>

Scheie分類は、動脈硬化性変化高血圧性変化の2つの所見に分かれています。

・S所見(動脈硬化性変化)

0:正常
1:網膜細動脈が正常より細い状態。動脈の血柱反射(※1)、軽度の動静脈交叉(※2)が見られる
2:高度の動脈血柱反射と中等度の動静脈交叉が見られる
3:銅線動脈(※3)と高度の動静脈交叉が見られる
4:銀線動脈(※4)が見られる

・H所見(高血圧性変化)

0:正常
1:網膜細動脈が正常より細い状態
2:網膜細動脈が正常より細く、口径不同(※5)が起きる
3:網膜細動脈はさらに細く、口径不同も著明になることから、血管が糸状に見える。網膜に出血や白斑が認められることも
4:3の所見にプラスして、視神経乳頭(眼底上にある視神経のつなぎ目)に腫れが見られる

※1血柱反射:血液が光を反射して光って見える現象をいいます。動脈硬化が進行すると血管壁が厚くなることから、血柱反射は正常より大きくなるとされます。

※2動静脈交叉:網膜の動脈と静脈が交わっているところで見られる現象です。動脈硬化が進行すると、動脈によって静脈が隠され細く見えます。また、動脈が静脈を圧迫し、静脈にうっ血が見られることもあります。

※3銅線動脈:血管と同じ太さになるまで血柱反射が進行し、また、血柱の色が濁ることから、血管が銅線のように見えます。これを銅線動脈といいます。

※4銀線動脈:濁りによって血管壁が不透明になり、血柱も隠れてしまうため、血管が白く銀線のように見えます。これを銀線動脈といいます。

※5:口径不同:血管のつまりなどにより、1本の動脈に太くなった部分と細くなった部分が現れる現象です。

<Keith-Wagner(KW)分類>

KW分類は、内科所見眼底所見の関係性を考慮した所見です。

段階:眼底所見→全身所見

0:正常
Ⅰ:網膜細動脈が細く、硬い→日中の血圧が不安定(睡眠時は安定)
Ⅱ:網膜細動脈の細さと硬化が著明→血圧は比較的安定しているが、高い
Ⅲ:網膜に腫れや出血、白斑も認められる→心臓、腎臓障害の疑い
Ⅳ:視神経乳頭が腫れる、浮腫が見られる→心臓、腎臓、脳障害の疑い

上記のような分類で表せない所見は、別途「緑内障の疑い」「出血」などと示されることがあります。

眼底は全身で唯一、血管や神経細胞を肉眼で把握できる部位です。その意味で、眼底検査は目だけでなく、そのほかのさまざまな疾患を発見する手がかりになる、重要な検査といえます。

働き盛りといわれる年齢になったら、眼底検査も定期的に受けるようにして、病気の早期発見・早期治療につなげましょう!

▼目の検査にまつわる記事はこちらもチェック!
目の検査は『視力検査』だけじゃない! 知らなかった目に関する『○○検査』
《医師監修》目の検診、行っていますか?眼科医が指摘する「なんとなくの不調」を放置してはいけないワケ
人間ドックだけでは不十分?!目の健康が気になるなら『眼科ドック』に行こう!
目に空気を当てる『眼圧検査』とは?検査でわかる目の病気と測り方のコツ

▼気になる目の病気についてはこちら
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
目のトラブルについて~白内障~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
検査の説明・結果の見方|一般財団法人 北陸予防医学協会
https://www.hokurikuyobou.or.jp/guide/index.html
「眼底検査」を受けたことがありますか? | 東御市民病院
http://hospital.city.tomi.nagano.jp/simin/health-guide/health-guide-03.html
眼底検査の勧め | 鹿児島生協病院
http://www.kaseikyohp.jp/renkei/yomimono/202-2011-01-25-13-18-56.html
眼底検査 | セントラルクリニックグループ
https://www.central-cl.or.jp/result/眼底検査/
眼底検査 | 検査結果の見方 | 一般財団法人日本予防医学協会ホームページ
https://www.jpm1960.org/exam/exam01/exam09.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

《医師監修》気づかないうちに忍び寄る恐ろしい目の病気『高血圧性網膜症』とは?

《医師監修》気づかないうちに忍び寄る恐ろしい目の病気『高血圧性網膜症』とは?

脳卒中をはじめ、死につながる恐ろしい病気の原因になる高血圧。食生活の乱れや運動不足、ストレスなど、現代人にとってなかなか避けるのが難しいさまざまな要素が原因になって起こります。

そんな高血圧、視力にも悪影響を及ぼす可能性があることをご存じですか?『高血圧性網膜症』といって、最悪の場合失明する可能性もある病気です。

今回は高血圧性網膜症について、その特徴治療・予防法を、眼科医の岡野先生に教えていただきました。

高血圧性網膜症ってどんな病気?

高血圧性網膜症_02

高血圧性網膜症とは、名前のとおり、高血圧が原因で網膜がダメージを受ける病気のことです。

血圧が高い状態が続くと、網膜を走る動脈は細く、そして硬くなります。すると、動脈と交差するように張り巡らされている静脈もその影響を受けて詰まり、やがては破れて血液やそのほかの成分の流出につながるのです。

そして結果的に、視野の欠損や視力低下、飛蚊症などといった症状が現れます。眼底出血の程度がひどく、さらに処置が遅れた場合は、失明につながることも……。

そんな高血圧性網膜症の恐ろしいところは、自覚症状がほとんどない点にあります。病気が進行して眼底出血が起きてしまい、視力に異常を感じた段階で気がつくケースが多いのです。普段からきちんと眼科の検診を受けているかどうかが、重症化を防ぐカギとなります。

高血圧性網膜症の治療法・予防法とは

高血圧性網膜症_03

高血圧性網膜症の治療は、何といっても血圧を正常化することに尽きます。具体的には、(基本的に内科で処方されます)の服用と食事療法、そして生活習慣の改善に取り組んで、血圧が下がるように調整。動脈硬化が進んでいる場合は、より専門的な治療を進められる場合もあります。

さらに、ひどい眼底出血や増殖性硝子体網膜症(網膜剥離を引き起こす病気)を引き起こしている場合は、手術での治療を行います。

ただし、ここまで重症化している場合は全身に何らかの大きな異常が起きていることがほとんどなので、手術による治療を行うケースは極めてまれであるといえるでしょう。

高血圧の方は必ず定期的に眼科も受診して

高血圧性網膜症_04

高血圧性網膜症は、基本的に進行するまで自覚症状がないため、自分で気づいたときには目に大きなダメージが残る段階になっていることが珍しくありません。健康診断で高血圧を指摘されている方は、手遅れにならないよう、内科だけでなく眼科もこまめに受診するようにしてください。

また、網膜は体の中で唯一血管を目で見て観察できる部分です。つまり、眼科での検査で全身の健康状態をチェックすることもできます。よく見える目を守るためだけでなく、体の健康を維持するために、面倒くさがらずに眼科へ足を運びましょう。

岡野先生が繰り返し注意喚起していたのが、「高血圧にはなかなか気がつかない」ということ。

健康診断で高血圧気味という結果が出ている方、血圧異常を招くような生活を送っている方、家系的に高血圧になる可能性が高い方……そんなみなさんは、内科と眼科の両方を定期的に受診して、早期発見・治療ができるように心がけてくださいね。

▼岡野先生が監修しているそのほかの記事はコチラ!
眼科医に聞いてみた!赤ちゃんのまぶたを二重にすることはできるの?
「がん」は目にもできる!眼科医が教える早期発見につながるセルフチェック方法
人相が変わってしまうことも……目の内側の脂肪がポコッと飛び出す『眼窩脂肪ヘルニア』とは
メガネをかけている人は白内障になりやすいって本当?強度近視とさまざまな目の病気の深い関係とは

▼気になる目の病気についてたこちらもチェック!
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
目のトラブルについて~白内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
目のトラブルについて~飛蚊症~(ロート製薬 商品情報サイト)

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ