• HOME
  • 目のケア
  • 【眼科医監修】まぶたのかゆみ、目尻のかさつき。目元のトラブル、なんとかしたい!
アイケア

【眼科医監修】まぶたのかゆみ、目尻のかさつき。目元のトラブル、なんとかしたい!

【眼科医監修】まぶたのかゆみ、目尻のかさつき。目元のトラブル、なんとかしたい!

目のかゆみやかさつき、腫れなど、目の周辺ではさまざまなトラブルが起こります。

「目は口ほどにものを言う」という言葉もあるほど、目は顔の中でも人の印象を左右するもの。そんな大切なパーツである目の周りが荒れていたら、見た目にもよくないですよね。

目の周辺にトラブルが起きる原因は、病気やアレルギー、花粉症などです。何らかの理由でまぶたや目尻など目元の皮膚が反応し、トラブルを引き起こしていると考えられます。あまりにひどくなると、ものが見えづらくなるなど、日常生活に支障をきたす可能性も……。

今回は、目の周りのトラブルに悩む方のために、原因と対策をまとめました。

目元のトラブルを起こす理由はさまざま

目の周辺にトラブルが起こる理由はいくつかあります。間違った対処をしないためにも、かゆみや腫れが気になりはじめたら、まずは原因を突き止めましょう。

【原因その1】目の病気

結膜炎ものもらいなどの目の病気は、まぶたや目の腫れを引き起こします。病気になる原因には、ウイルスや細菌への感染、皮脂を分泌するマイボーム腺の詰まりなどがあり、それぞれ治療方法が異なります。

【原因その2】アレルギー

花粉やハウスダスト、化粧品などに反応して出るアレルギー症状も、目の周りにトラブルを起こす原因のひとつです。食べ物に含まれるアレルゲンに反応してアレルギーを起こす場合もあります。

【原因その3】乾燥

まぶたの皮膚は薄くて皮脂腺も少ないことから、顔の中でも乾燥しやすい部分です。乾燥の原因としては、きちんと保湿をしていない、クレンジングや洗顔の際に洗いすぎて必要以上に皮脂を落としている、などがあります。

長時間のコンタクト装用によるドライアイも、目が腫れる原因になることがあります。涙の量が不足して目に傷ができやすくなり、傷による刺激で目が腫れてしまうのです。

【原因その4】むくみ

「お酒を飲んだ翌日、なかなか目が開かなくて困った」といった経験はありませんか? 塩分のとりすぎや睡眠不足などが原因で目周辺の血液やリンパの流れが悪くなると、余分な水分がたまってむくみ、まぶたが腫れたようになります。

目元にトラブルが起きたときの注意点

目の周りにトラブルが発生したら、症状を悪化させないためにも次のようなことに気をつけましょう。

●刺激を与えないようにしましょう

目がかゆくなるとついかきたくなってしましますが、かいて刺激を与えることで、余計に症状が悪化する可能性があります。また、まぶたに刺激を与えるアイメイクなども控えましょう

●医療機関の受診が必要か、確認しましょう

目が腫れていても、むくみなどが原因の場合はセルフケアで対応できます。しかし、目の病気がトラブルの原因であれば、すみやかに医療機関を受診しなければなりません。

まぶたの腫れだけでなく、痛みや充血、かゆみ、目やになどの症状が見られるときは、炎症を起こしている可能性が高いと考えられます。

炎症の原因が感染症であれば、放っておくとほかの人にうつしてしまうこともあるため、すみやかに医療機関を受診し、適切な治療を受けるのが重要です。

セルフケアで対応できるか判断が難しい場合、症状がなかなか改善されない場合も、病院で見てもらうことをおすすめします。

目元のトラブル、改善するにはどうすればいい?

目元のトラブルの原因がわかったら、それに見合った対応策をとりましょう。

●アレルギーの原因を排除しましょう

アレルギーが原因で目元にかゆみなどの症状が出ている場合は、アレルギーの原因となっている物質、アレルゲンを取り除くことが大切です。

アレルギーの原因がわからないときは、医療機関で血液検査、あるいはパッチテストなどを受け、アレルゲンを特定しましょう。

●かゆいところは冷やしましょう

かぶれなどが原因による目のかゆみは、ゴシゴシと擦ってしまうと悪化します。かゆみを我慢できないときは擦らず、患部を冷やすようにしてください。冷やすことでかゆみを感じる部分の血管が収縮し、かゆみを軽減させることができます。

●保湿をしっかりと行いましょう

普段のスキンケアも大切です。目元の乾燥が気になるようであれば、いつもよりも保湿力のある化粧水や美容液に変えてみてください。もしくは、専用のアイクリームを塗るのもおすすめです。

●むくみを解消しましょう

むくみが原因で目が腫れている場合は、目元の血流をよくすることを心がけましょう。ホットアイマスクや蒸しタオルをのせて目元を温めると、むくみ解消につながります。

また、普段からアルコールや塩分をとりすぎないように意識すると、むくみを防ぐことができます。

まぶたや目尻など目元のトラブルは、乾燥やむくみのように、自分で対策ができるものもあります。しかし多くのケースでは、病気やアレルギーなど、医師の診断と治療、もしくは医師の指導による適切な処置が必要です。

自分が抱えている目元のトラブルの原因を知り、早めに適切な処置を受けるようにしましょう。

【眼科医】岡野先生からのコメント
かゆい局所など、急性期は緊急であれば冷やすのも有効ですが、時間が十分あるとき、特にむくみがひどいときは、入浴などで全身の血行をよくすると、相対的に腫れなどは引きやすくなります。そして、よく温まった後には、保湿するのがおすすめです。この状態であれば、冷えた状態よりも軟膏などの成分は浸透がよくなり、効果がアップします。

 

▼目のトラブルの原因はほかにも!関連記事はコチラ
目のトラブルについて~ドライアイ~(ロート製薬 商品情報サイト)
目の不調は慢性疲労や慢性疲労症候群のサインかも!?違いや対処法を専門家が解説
寝起きに目が開かないのはなぜ?原因と対策を解説!

〈参考〉
まぶたがかゆくなる原因|ヘルスケア大学
https://www.skincare-univ.com/article/017372/
まぶたの腫れ・目が腫れる原因と治療|大浦アイクリニック
https://www.oura-eyeclinic.com/eye-swell/
まぶたが腫れる病気|北あやせよつば眼科
https://www.gen-gen-cocoro-eye.com/eye-swell/
突然まぶたが腫れた!!原因はアレルギー?目の腫れの原因と正しい対処法を知ろう|ナナイロ
https://nnir.jp/health/swollen_eyes
目の周りの乾燥に要注意!徹底保湿でトラブル予防と若返り|BE MORE
https://bemore.jp/2380
目の周りのかぶれは保湿を!子供も使える5つの薬と保湿化粧品2選|シャボン
https://hifuka.co/?p=64642

監修・岡野 敬 [スマイル眼科クリニック(青葉台) 院長]
杏林大学医学部卒。大学病院や眼科医院で外来手術と手術を担当したのち、2003年1月より横浜市青葉区青葉台にあるスマイル眼科院長に。専門は前眼部疾患、緑内障、アレルギーなど一般眼科外来とコンピュータ支援医療。プライベートではワインとコーヒー、それに料理をこよなく愛する3児のパパ。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

アイケア

《医師監修》目薬で痛みを感じたら!痛み別に見る「隠れた目のトラブル」

《医師監修》目薬で痛みを感じたら!痛み別に見る「隠れた目のトラブル」

出典:AbcNaturopath『Resources』

目に違和感を覚えたり、疲れを感じたりしたときだけでなく、眠気覚ましやリフレッシュの際にも目薬を利用している方も少なくありませんよね。
しかし、普段何気なく使用している目薬に痛みを感じたら、それはトラブルのサインかもしれません。目薬の痛みには、どんなトラブルが隠れているのでしょうか?
目が発するサインを見逃さないためにも、眼科医・岡野先生に教えていただきました!

さした瞬間に「チリチリ」!目の表面に傷ができている可能性も

目薬をさした瞬間、痛みに襲われる——。こうした場合に多く考えられるのが、『ドライアイ』や『角膜びらん』といった疾患です。

改めておさらいすると、『ドライアイ』とは、涙量の不足や涙を構成する成分のバランスが崩れることなどで目の表面が乾き、傷ができている状態です。

また『角膜びらん』は、目の最も外側にある「角膜(黒目)」を覆っている透明な膜「上皮」の一部がはがれている状態を指します。この症状は、目に入ったゴミや、コンタクトレンズの長時間使用など、外的要因によって引き起こされることが多いようです。

この2つの症状に共通しているのが、「目の表面に生じているトラブル」ということです。肌の表面にできた傷に水分が触れれば痛みやしみを感じますが、それは目も変わりません。
目薬をさしたときに感じる痛みも、多くの場合は、肌に感じるそれと似て、擬音にすれば「ヒリヒリ」や「シュワー」といった具合ではないでしょうか?痛みの種別としては、「しみる」感じとなります。

「ズーン」とした痛みなら!自覚以上に目を酷使しているかも

目薬の痛み_02
出典:Answers『Easing Eye and Head Pain with Headache』

ほかに考えられるのが、「目の過度な疲れ」です。目の疲れを感じたから目薬をさす人も多いと思いますが、点眼で痛みを感じたら、自身で認識している以上に目を酷使し、『眼精疲労』を起こしている可能性があります。

とりわけ、目の疲れによる痛みを引き起こしやすいのが「ネオスチグミンメチル硫酸塩」という成分が入った目薬です。この成分は、目の内部のモノをはっきりと見るために働く筋肉「毛様体筋(ピント調節筋)」に作用します。すでに疲れている筋肉を薬の力で、いわば強引に収縮させているわけですから、痛みを感じても不思議はありません。
この場合、目の表面のトラブルとは違い、目の奥のほうに「ズーン」とした「鈍い」痛みを感じる傾向にあるようです。

痛みが発するサインを無視せず!違和感が続いたら眼科を受診

目薬の痛み_03

痛みとは感覚的なものですから、目にどんなトラブルが起きているのか、目安のひとつに過ぎません。しかし、いつもは当たり前のように使えていた目薬に痛みを感じたなら、疑いをもち、続くようなら眼科を受診することが大切です。
なぜなら「この痛みも、ちょっとした疲れだろう」と軽く捉えていると、思っている以上に深刻だったり、実はまったく別の疾患が隠れたりしていることもあり得るからです。

さらに岡野先生によると、市販の目薬に多くに配合されている「防腐剤」は安心して使うための配慮である一方、角膜に傷をつけてしまう側面もあるそうです。そのため、目の乾きや疲れを癒す場合でも、眠気覚ましやリフレッシュの場合でも、極力、「防腐剤無添加」「1回使いきり」といった目薬をオススメしているそうです。

目薬を使うことが多い方は、「しみる」などの痛みに気を付けるとともに、目に負担の少ない目薬を選ぶことも心がけましょう。

▼目のトラブルについてはコチラもチェック!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)
目のトラブルについて~ドライアイ~(ロート製薬 商品情報サイト)

▼症状やお好み別にチェックしたい「目薬」については、コチラの記事もオススメ!
女性にうれしい充血ケアアイテム♪アイメイクが崩れにくい高粘度な目薬が便利!!
日焼けならぬ「目やけ」から瞳を守る!夏の紫外線には目薬で“瞳のUVケア”
しみる目薬が苦手な方は要チェック!優しいさし心地でも侮れない『ロートV11マイルド』
病院が閉まる年末年始にかかったら?『結膜炎』と『ものもらい』の対処法
加齢による目の変化や疲れに『ロートVアクティブ』がアプローチ
目の疲れに悩む“デジアイ症候群”に捧ぐ!現代のデジタル社会を生き抜くケアアイテム

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ