• HOME
  • 目のケア
  • 【眼科医監修】疲れ目には「温め」が有効!温湿布で手軽にケアしよう
眼精疲労

【眼科医監修】疲れ目には「温め」が有効!温湿布で手軽にケアしよう

【眼科医監修】疲れ目には「温め」が有効!温湿布で手軽にケアしよう

仕事でパソコン作業に集中しすぎたり、調べもののために長時間スマホの画面を見つめていたりすると、目の奥が痛くなる、目元がかすむなどの不快感に見舞われることがありますよね。

目を酷使しすぎると、目元の筋肉が疲労してしまい疲れ目を引き起こします。疲れ目は目の不調だけでなく、頭痛、肩こり、吐き気などの不調につながります。

疲れ目を解消するには、「温め」が有効だといわれています。なぜ目を温めるといいのか、冷やすのはダメなのかなど、疲れ目の正しい解消法についてまとめました。

どうして疲れ目には「温め」がいいの?

人はものを見るときに、毛様体筋という筋肉を使ってピントを合わせます。毛様体筋は筋肉なので、長時間近くのものを見続けていると筋肉がかたまってしまい、緊張が解けにくくなってしまいます。

この毛様体筋がこりかたまって緊張している状態が疲れ目です。さらに悪化すると、毛様体筋の疲弊した状態が慢性的になる眼精疲労になります。

目を温めることがなぜ疲れ目にいいのかというと、温めることにより筋肉の緊張を解いてリラックスさせることができるからです。筋肉の緊張が解けて動きやすくなれば、ピントを合わせる機能も回復し、ものを見やすくなります。

また、目元の血流がよくなることから、筋肉疲労を回復するための栄養などが届きやすくなります。

目のトラブルには温めがいい?冷やすのはNG?

疲れ目の原因は毛様体筋という筋肉の緊張によるものですから、血の巡りをよくすることで改善できます。血の巡りをよくするには、温めることが有効なのは先に述べた通りです。

しかし、目を冷やしたほうがいいケースもあります。それは、寝不足や結膜炎などによって目が充血しているときです。

目の充血は、目の中の血管が膨らんでしまうことで起こります。充血や炎症を起こしている目を温めると、かえって症状が悪化する可能性が高いです。

そのため、目が充血しているときは温めるのではなく、冷やすようにしましょう。目元を冷やすことで血管や筋肉が収縮し、目を本来の状態に戻そうとします。

疲れ目のときは「温める」、充血しているときは「冷やす」と、目の症状によって正しく対処するようにしてください。

疲れ目解消に目の温湿布をやってみよう!

目を温めるときにおすすめなのが「温湿布」。ホットタオルで患部を温める方法をいいます。温湿布を作る方法は下記の通りです。

1.洗面器に熱めのお湯を張ります。
2.タオルをお湯に浸します。
3.軽く絞って、目に乗せます。
4.タオルが冷えてきたら、再度お湯に浸します。

時間がないときは、洗面器にお湯を張る代わりに軽く濡らしたタオルを電子レンジで温めてもOK。入浴のついでに温湿布で疲れ目ケアをすれば、時短にもなりますよ。

ゆっくりと時間があるときには、症状に合わせてアロマオイルを併用するのも有効です。お好みのアロマオイルをお湯に数滴垂らした後にタオルを浸せば、アロマ温湿布のできあがり。疲れ目の解消だけでなく、香りの効果でリラックスすることもできそうですね。

ただし、妊娠初期など体調によっては使用を避けたほうがいいいオイルもあるので注意しましょう。

▼アロマオイルの選び方・使い方はこちらの記事もチェック!
翌朝のスッキリ目元をお約束!疲れ目に効くアロマの使い方

洗面器にお湯を浸したり、電子レンジで温めたりするだけでできる温湿布なら、自宅でも簡単に疲れ目をケアすることができます。「なんだか目が疲れたな……」と感じたら、温湿布で目元の「温め」ケアをしてみてはいかがでしょうか?毎日のケアで、スッキリ目元を手に入れましょう!

【眼科医】川原先生からのコメント
ものもらい(麦粒腫)ができたときに、温めたほうがいいのか冷やしたほうがいいのか尋ねられることがあります。充血や痛みなどは炎症からくるもので、その場合には温めることで炎症が強くなってしまうため症状が悪化してしまいます。薬などが手元にない場合には炎症を鎮めるために冷やすのもいいですが、ものもらいは感染が原因なので、早めに抗生剤で治すのが一番です。

 

▼目と美容に関する記事はこちら
可愛く盛るために何してる?“目もとオシャレ”トーク(ロート製薬 商品情報サイト)
《医師監修》冷え性に悩む女性は、目を温めよう! 眼科医が語る冷え性と目の意外な関係とは?
眼精疲労で目がツラい!そんなときは温めればいいの?冷やせばいいの?

〈参考〉
医師がお勧め!目の疲れには「温め」が最も効果的な理由とその方法|転ばぬ先の杖
https://yoshiya-hasegawa.com/blog/health/why-warming-is-most-effective-for-eye-strain/
目の温湿布の方法と効果。疲れ目・目の乾きを解消、頭すっきり、骨盤の動きもスムーズに。|産前産後のプロ*馬場佐希子
https://tanpotokoyoga.com/post-30/
冷やす?温める?疲れ目やドライアイの改善法【まとめ読み】|花王ヘルスケアナビ
https://healthcare.kao.com/main_post/1703005/
目の疲れや眼精疲労・ドライアイに効果的なアロマ5つと温湿布|Style Knowledge
https://style-knowledge.com/menotukare-aroma/
疲れ目には温める?冷やす?どちらが効果的?|メガネハットのブログマガジン
https://www.meganehut.com/blog/161

 » 【眼科医監修】疲れ目には「温め」が有効!温湿布で手軽にケアしよう

ライター宅野美穂

都内在住のライター。主な執筆ジャンルはグルメやインテリア関連など。今後は、雑貨店での販売経験を活かして美容や生活雑貨に関する記事にも携わっていきたいと考えている。趣味は読書、音楽鑑賞、美味しいご飯屋さん探し。

 » 【眼科医監修】疲れ目には「温め」が有効!温湿布で手軽にケアしよう

医学博士、川原眼科院長川原 周平先生

モットーは「常に最新、最良の眼科医療をアップデートし提供し続けること」。毎朝、コーヒー豆を挽いてじっくり抽出して飲むのが日課。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ