• HOME
  • 目のケア
  • 洗剤やパーマ液が目に入った! 『化学眼外傷』の正しい対処法って?
アイケア

洗剤やパーマ液が目に入った! 『化学眼外傷』の正しい対処法って?

洗剤やパーマ液が目に入った! 『化学眼外傷』の正しい対処法って?

食器を洗っているとき、白髪を染めているとき、お風呂掃除をしているとき、目にその液体が入ってしまい、一歩間違えると失明するところだった――なんて経験談を、どこかで耳にしたことがありませんか?

私たちの生活に必要な洗剤やパーマ液といった化学物質は、便利な反面、有害な性質も併せ持っているものです。取扱いには気をつけていたものの、手がすべってしまい、事故につながるといった危険性も、ゼロではありません。

そこで、万が一、有害な化学物質が目に入ってしまったときの正しい対処法についてご紹介します。

目に入ってしまった化学物質の種類によっては、失明する危険も…!

洗剤やパーマ液、有機溶剤といった、なんらかの化学物質が誤って目に入ってしまい発生する外傷を『化学眼外傷』と呼びます。
結膜や角膜といった眼球表面の組織に炎症が起こり、ひどい場合には角膜の表面が完全に剝がれてしまったり、角膜全体が濁ってしまうことも。
また、眼球表面の障害にとどまらず、化学物質が角膜を透過して目の内部にまで障害を及ぼし、適切な応急処置を怠った場合や、化学物質の種類によっては失明に至るようなケースもあるのです。

『酸』と『アルカリ性』どっちの化学物質がより危険?

化学物質には、主に『酸』『アルカリ性』のものがあります。
酸はアルカリ性と比べると組織透過性が低いため、目に入った場合でも組織表面にとどまってくれることが多いようですが、アルカリ性の場合は逆に組織透過性が高いため、短い時間で眼球内に入り込んでしまいます。
よって、より危険なのは『アルカリ性の化学物質』のほう。アルカリ性の化学物質は、まぶたと結膜を癒着させてしまうこともあり、表面の傷が治ったとしても、あとから『白内障』や『緑内障』を引き起こす危険性もあるようです。

今回は、身の回りにある、目に入ると危険な物質・製品たちをまとめてみました。普段、何気なく使っているものにも注意が必要だということがわかりますよ!

●酸性

成分としては、硫酸、塩酸、硝酸、酢酸などが挙げられます。

・バッテリー液(硫酸)
・トイレ用洗剤(塩酸)

●アルカリ性

成分としては、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)、水酸化カリウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)、アンモニア、水酸化カルシウムなどが挙げられます。

・セメント (水と接すると水酸化カルシウムを生じる)
・石灰 (生石灰、酸化カルシウム)
・消火剤(重曹、炭酸水素ナトリウム)
・パーマ液 (アンモニア)
・毛染め液 (アンモニア)
・家庭用洗剤 (重曹、炭酸水素ナトリウム)
・カビ取り剤 (水酸化ナトリウム+塩酸)
・シャンプー (中性のものもあるが、中にはアルカリ性のものも)

誤って目に入ってしまったら…?眼科に行く前にまずやるべきこと

化学物質が目に入ってしまった場合、あまりの痛さに涙が止まらなくなり、つい反射的にまぶたを閉じてしまいがちです。しかし、まぶたを閉じると科学物質が目にとどまることにつながり、接触時間が長ければ長いほど、目の障害は重症化することに!!

つらくても、しっかりと目を大きく開けて、すぐに流水で最低でも10分以上、しつこいくらいに洗眼し、化学物質を洗い流すこと。そして洗眼が済んだら、直ちに眼科を受診しましょう。

もしも、目に化学物質が入ってしまったら、受傷直後の適切な処置が、その後の治癒に関わってきます。「ま、いいか」と安易に放置せず、とにかく、すぐに水で洗うことを忘れないでくださいね!

【参考】
日本眼科学会‐一般のみなさまへ 目の病気 化学眼外傷
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/gaisho_kagaku.jsp
ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ‐眼に貼った液体や粉末の異物。目に入って怖い異物は、薬品?石灰?セメント?洗剤?パーマ液?毛染め液?脱毛剤?バッテリー液?シャンプー?その理由は…(眼化学外傷)
http://blog.livedoor.jp/eyedoctor/archives/51467270.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ