• HOME
  • 目のケア
  • 小学生の色覚検査、13年ぶり再開~廃止と再実施の背景とは~
子ども

小学生の色覚検査、13年ぶり再開~廃止と再実施の背景とは~

小学生の色覚検査、13年ぶり再開~廃止と再実施の背景とは~

『色覚検査』と聞いてどのような検査が行われるか想像がつきますか?みなさんの中には、「あれだ!」とすぐ思い浮かぶ方もいれば、そうでない方もいるでしょう。

それもそのはず、色覚検査は小学校4年生を対象として行われてきましたが、2003年に一度廃止されています。その後13年の月日を経て、2016年に再度実施が義務づけられることになった経緯があります。

眼科検診同様、自分の目の見え方について知ることは重要にも思えますが、なぜ一度廃止になったのでしょうか。そして、再び実施されるようになったきっかけとはどのようなものだったのでしょうか。今回は、それらの背景についてご紹介します。

色覚検査廃止の理由は「差別につながる」との声

色覚検査_02

色覚検査が廃止になった理由とはどのようなものだったのでしょうか。廃止を支持する主張の前提は、「色覚異常があったとしても、生活に支障はない」というものでした。

人によってさまざまですが、先天色覚異常では、通常と全く同じ見え方ではないものの、状況により色が見分けにくくなっている程度のケースもあります。

そのため、一部の人たちからは、色覚異常があるからといって大きな問題が生じるわけではないにもかかわらず、劣っている点をわざわざ見つけ出して、差別するような試みに受け取られたようです。

こうして、2003年に色覚検査は廃止(希望者のみ実施)となりました。

色覚検査の廃止により、就職を断念したケースも

色覚検査_03

しかし、色覚検査が必須ではなくなったことによって、弊害も生まれました。特に、就職活動において希望する職業につけない学生の存在が明らかになったのです。

子どもの頃から、パイロットや警察官、消防士などの職業を目指してきたにもかかわらず、採用試験の場で初めて色覚異常があることを知らされ、それが原因で希望する職業をあきらめざるを得なくなった、というケースが多くあります。

またその他にも、授業や生活のさまざまな場面において、色覚に異常のある子どもを傷つけてしまうという例があります。色覚異常のある子どもには見分けがつきにくい色があるため、「何色?」と聞かれても、正しい色を答えられないことがあります。

しかし、本人の色の見え方が他と違っていることを周りも理解していないため、違う色を答えてしまった子どもに対して、周りの子どもが笑ったり、からかったりすることがあるのです。

こういった実情は、「色覚異常があっても生活に支障がない」という前提に反しています。そこで、2016年から再度、色覚検査が実施されることとなったのです。

差別を生むことはもちろんあってはならないことですが、自分の色の見え方が他の人とは違っていることを認識し、見分けられない色の種類や色が見分けにくい状況を把握することは、色覚異常を持つ子どもにとって、今後の生活の向上にもつながっていくでしょう。

差別を助長することがないよう子どものプライバシーなどにも配慮しつつ、色覚検査が実施されることが望ましいといえるのではないでしょうか。

▼親御さんなら知っておきたい、子どもの目にまつわる現状について
気づいてる?気づいていない!子どもの目 実態調査(ロート製薬 商品情報サイト)
減り続ける虫歯、増え続ける近視!子どもの視力低下が止まらない
近年、子どもたちにも急増中!? 左右に視力差がある『不同視』とは?

〈参考〉
なぜ?色覚検査の廃止
http://www.kknews.co.jp/kenko/020427_a.html
2.色覚検診について|第20回子どもの眼の健康II|養護教諭のお仕事|特集|学校保健ポータルサイト
http://www.gakkohoken.jp/special/archives/182

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ