• HOME
  • 目のケア
  • 【専門家監修】スマホ操作が老け顔をつくる?姿勢の悪さがシワやたるみの原因に
加齢

【専門家監修】スマホ操作が老け顔をつくる?姿勢の悪さがシワやたるみの原因に

【専門家監修】スマホ操作が老け顔をつくる?姿勢の悪さがシワやたるみの原因に

朝はニュースをチェックして、昼間はSNSの更新、夜は動画サイトでお気に入りの映画を観る……。このように、時間さえあれば1日中スマホをいじってはいませんか?

スマホを長時間見ることは眼精疲労をはじめとする目のトラブルにつながりますが、ほかにも体にさまざまな不調をきたします。その中に、顔の「シワ」と「たるみ」があります。

実は、スマホを見るときの姿勢が、顔にシワやたるみをつくる原因につながっているのです。

スマホを見るとき、こんなNG姿勢になっていませんか?

スマホを見るとき、次に挙げるような姿勢になっていませんか?

●猫背

悪い姿勢の代表といえるのが「猫背」です。顔のシワやたるみに影響するのは特に「首猫背」と呼ばれる姿勢で、首が前に突き出しているような状態をいいます。

首猫背でいると、後頭部の筋肉や首の前側の筋肉が引っ張り合って伸びてしまい、正常な働きができなくなります

●下向き

スマホの操作をするとき、どうしても顔が下に向いてしまいますよね。顔が下に向くと、あご周りに重力がかかります。同時に、口の周りの皮膚も下に引っ張られるため、顔がたるむと考えられます。

NG姿勢が顔のシワやたるみの原因になるのはなぜ?

猫背のような前傾姿勢は、首への負担が大きい姿勢です。スマホを操作するときに前傾姿勢を長く続けていると、頭の後ろ側の筋肉が引っ張られます。

また、猫背の状態のままで目線の位置にスマホ画面を持ってこようとすると、前傾姿勢からさらにあごを突き出したような状態になります。すると、今度は首の前のほうの筋肉が伸びてしまい、後頭部と首の前側の筋肉が引っ張り合う状態になります。

このような状態が長く続くと、頬に強い重力がかかります。頬に重力がかかることで顔の筋肉が下がり、頬やあごがたるんでしまうのです。頬のたるみはほうれい線、あごのたるみは二重あごの原因となります。

さらに、スマホの画面を見るために目線がずっと下を向いていると、先にも述べたとおり、重力により筋肉が下がり、顔がたるんでしまいます。加えて、目線を下に向け続けると、まぶたの筋肉が衰えます

まぶたの筋肉が衰えるとおでこへシワを寄せがちになり、同じ部分に常に圧がかかることで、シワが刻まれてしまうのです。

顔のシワやたるみを防ぐ正しい姿勢とは?

いつも姿勢よく過ごせていると、目の開閉を担う筋肉や表情をつくる筋肉、あご関節の筋肉などが正常に機能して、血の巡りもよく、皮膚のコンディションも良好に保たれます。

しかし、先述のような悪い姿勢を長く続けていると、顔周りの筋肉の正常な機能が妨げられてしまいます。

そのため、スマホ使用で顔を下へ向ける頻度・時間によっては、シワが刻み込まれやすくなったり、皮膚が重力に対抗できずたるんでしまったりする可能性があるのです。

とはいえ、現代人がスマホから離れる時間を持つことはなかなか難しいもの。スマホと接する時間が長いからこそ、スマホを操作しているときにはいつも正しい姿勢でいることを心がけてください。

正しい姿勢を維持するためのポイントは以下のとおりです。

●スマホの持ち方を工夫しましょう

スマホを持つ手をひじから手の甲にかけて、一直線になるようにします。このとき、スマホを持っていないほうの手を軽く握り、スマホを持っているほうのひじの内側に挟んでみてください。スマホの位置が上がるため自然と目線も高くなり、背筋も伸びます。

●背筋を伸ばしすぎないようにしましょう

背筋を伸ばし、スマホを目の高さまで上げることで、視線が下がるのを防ぐことができます。しかし、背筋を伸ばそうとしすぎて腰を必要以上に反らしてしまうと、腰に大きな負担をかけてしまいます。頭の先から腰までが、一直線にまっすぐであることを意識しましょう。

●足を組むのは控えましょう

いすに座ってスマホを見るとき、つい足を組んでいませんか?組んだ足にスマホを持っているほうの腕を乗せると、ひじが固定されるのでなんとなくラクちんな気がしますよね。

しかし、前傾姿勢になると顔が下向きになる上、足を組むことで体がゆがみ、大きな負荷がかかってしまいます。

スマホを見るときに目線を高く上げるようにすることで、顔の筋肉が下がることを防ぎ、顔のシワやたるみの予防につながります。普段から、「猫背だな」「目線が下に向きがちだな」と感じている方は、意識して視線を上げるようにしてみてください。

また、正しい姿勢でスマホを見ることは、スマホと適切な距離を保つことにもつながり、目への負担も減らせます。

もちろん、スマホを操作する時間を少なくするのがベストな対策ですが、なかなか難しい方は、スマホと上手に付き合っていく方法を考えていきましょう。

檜垣先生のコメント
日常生活において便利なものが増えるとありがたい一方で、その利用方法によっては体調や体の機能に影響を及ぼすおそれがあります。そのひとつがスマホだと思います。長時間利用しがちな方、スマホなしでは不安になるという方は特に、心身へ負担が少ないスマホの利用方法を意識していただきたいと思います。気づいたときにでも、美しい姿勢でスマホに向かう自分をイメージしてみてはいかがでしょうか。

 

▼スマホから顔や目を守る方法についてもっと知りたい方はこちら!
顔のシミはスマホの見すぎが原因?「スマホ焼け」から肌を守ろう
たったこれだけで目の負担が軽減!スマホと上手に付き合う3つのポイント

▼目の酷使は体調不良の原因にも!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
今月の特集『 “スマホたるみ”が急増中!? 』|顔のたるみ研究所
http://www.tarumi-labo.com/special/38/
スマホ習慣がたるみやシワ、老け顔の原因!美肌への影響は?|エイジングケアアカデミー
https://eijingukea.nahls.co.jp/lifestyle/smartphone/
スマホの使い過ぎがシワの原因に?! 覚えておきたい3つの対策法|クリニックビザリア
http://www.bizarria.jp/column/wrinkle/column04/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

加齢

老け顔ストップ!お疲れ顔リセット!「目の下のたるみ」解消法まとめ

老け顔ストップ!お疲れ顔リセット!「目の下のたるみ」解消法まとめ

老け顔のシンボルともいえる「目の下のたるみ」にお悩みのみなさん。「歳だから仕方ない……」とあきらめてはいませんか?実は、目元の筋肉を効果的に鍛えれば、目の下のたるみは解消できます。

ここでは、数あるメソッドの中から、特に評判の高い3つのエクササイズをご紹介します。

目の下の靭帯をダイレクトに引き上げる「眼窩下リガメントほぐし」

目の下のたるみといえば中高年の象徴でしたが、スマホの長時間使用や夜型生活による睡眠不足などの影響から、最近では20代でも目の下のたるみに悩むケースが増えているそうです。

でも、ご安心ください。体の筋肉を鍛えればボディラインが引き締まるように、目元の筋肉を鍛えれば目の下のたるみは解消できます。

まずは、今話題の「眼窩下(がんかか)リガメントほぐし」からご紹介していきましょう。聞きなれない言葉である「リガメント」とは、「靭帯」のことです。つまり「眼窩下リガメント」は、目のすぐ下のエリアに存在する靭帯のことを指しています。

リガメントはコラーゲンやエラスチンといった肌のハリを維持する成分と同じ成分組織でできているため、硬く凝り固まってしまうと、肌のハリが失われてたるみに直結します。逆にしっかりとほぐしてあげることで、ハリ感がアップして目の下のたるみを解消できるというわけです。

早速、やり方をご紹介しましょう。

【眼窩下リガメントほぐしのやり方】

●STEP1 リガメントを押す

目のすぐ下にある骨のふちに人さし指と中指を当て、痛気持ちいいくらいの強さで垂直に1秒押します。骨のふちに沿って指を少しずつ移動させ、3回くり返します。※左右とも行います。

●STEP2 リガメントをつまむ

目のすぐ下にある骨のあたりを親指と人さし指の側面でつまみ、パッと離します。これを6回くり返します。※左右とも行います。

眼窩下リガメントほぐしのおすすめの時間帯は、顔の血流がよくなっている入浴後です。また、肌が乾いた状態で行うと肌への負担になりますから、乳液やオイルなどで肌を保湿した後に行いましょう。

毎日続けるうちに目の下にハリが生まれると同時に、目元のくすみやクマの解消にも効果を発揮します。

ストロー1本で目の下のたるみを解消する「ストロビクス」

時間もお金もかけずに目の下のたるみを解消したい!という方におすすめしたいのが、ストローを使った眼輪筋(目の周りを囲むようにある筋肉)のエクササイズ、「ストロビクス」です。

【ストロビクスのやり方】

用意するもの
・ストロー1本

※ハサミで3等分にカットしたものを使います。

●STEP1

ストローを軽く前歯ではさみ、口を閉じます。ストローからゆっくりと息を吸いながら視線だけを上向きにします。目の下の筋肉が伸びるようなイメージで行いましょう。

●STEP2

息を吸いきったところで、今度はストローからゆっくりと息を吐きながらまぶたを閉じます。以上の流れを1分間くり返します。

目の下のたるみがあることで、実年齢よりも老けて見られるだけでなく、「覇気がない疲れた人」といった印象になりがちです。

1日中パソコンに向かっている方は眼輪筋を動かすことが少ないため、どうしても目の下がたるみやすくなってしまいます。目元がピクピクと震えるくらい視線を上向きにしてやってみてください。最初のうちは疲れるかもしれませんが、それが“効いている”証です。

眼輪筋を鍛えて目の下をリフトアップする「顔ヨガ」

眼輪筋はいわば目の土台です。この土台が衰えてしまうと、その上を覆っている皮膚を支えきれなくなり、目の下のたるみの原因になります。最後に、眼輪筋トレーニングの総仕上げ、「顔ヨガ」をご紹介します。

【顔ヨガ『ムンクのまばたき』のやり方】

●STEP1

唇を「お」の形にして、顔を上下に伸ばします。目の下と鼻の下を長く伸ばすイメージで行いましょう。

●STEP2

1の状態のまま、目線だけを上に上げます。今度は、アゴと目で顔を上下に引っ張るイメージで行いましょう。

●STEP3

2の状態のまま、まぶしいものを見るように下まぶたを持ち上げて目を細めます。以上の流れを5回くり返して終了です。

顔を縦にビヨーンと伸ばしながら目線を上げることで、眼輪筋がストレッチされて血流がよくなり、目の下のたるみやむくみを解消する効果が期待できます。

きちんと行えば即効性もありますから、飲みすぎた日の翌朝など、むくんだ目元をスッキリさせたいときにも効果的なエクササイズです。

顔の筋肉は意識して動かすほどに鍛えられ、しなやかに引き締まるという性質を持っています。今回ご紹介したエクササイズをひとつでもいいのでぜひ、毎日の習慣に取り入れてみてください。

▼まだまだあります!目のたるみ解消法はコチラ
たるみ・くすみはこれで解決!かっさマッサージで目元美人
目元スッキリ!目力アップ!『ウィンクエクササイズ』
真実が知りたい!涙袋の整形がもたらすメリットとデメリット

▼見え方の変化はもしかしてこれが原因かも
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
目のたるみには、眼窩下リガメント(靭帯)ケア [T-SITE]
http://top.tsite.jp/news/beauty/o/39842465/
【医師監修】目の下のたるみ解消エクササイズの解説|表情筋トレーニング・ツボ押し スキンケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/008692/
美容外科医が教える!目の下のたるみ2つの原因と3つの解消法
https://kireisea.com/undereye-cause
【専門医監修】目の下のたるみは意外に目立つ。どう防いで、どう対処する? イデリア スキンクリニック代官山
http://www.iderea.jp/skinlab/tarumi/case02/undereyes.html
変顔エクサ「顔ヨガ」で目尻のしわ、目の下のたるみを解消!ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
https://fytte.jp/fitness/1792/
目のたるみには、眼窩下リガメント(靭帯)ケア
https://ourage.jp/column/otona_beauty/136662/
『ストロー1本で顔が10歳若返る! ストロビクス (講談社の実用BOOK) 』 服部彩香著/講談社
『「顔ヨガ」で驚かれるほど小顔になれる本』間々田佳子著/三笠書房

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ