• HOME
  • 目のケア
  • 中高年になると増える目の病気『加齢黄斑変性症』セルフチェック
加齢

中高年になると増える目の病気
『加齢黄斑変性症』セルフチェック

中高年になると増える目の病気<br>『加齢黄斑変性症』セルフチェック

日本ではあまりなじみのなかった目の病気、『加齢黄斑変性症』が年々急増しています。片方の目から症状が起こるために非常に見落としがちなこの病気、実は簡単に自分でチェックする方法があるのです。

▼『加齢黄斑変性』の詳しい記事はコチラ
欧米では失明原因の第1位!日本人にも増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?

50歳以上の80人に1人が発症!早期発見するにはセルフチェックを

『加齢黄斑変性症』は、アメリカでは成人の失明原因のトップを占める病気です。これまで日本では少ない病気だと考えられていましたが、社会全体の高齢化や食生活の欧米化により年々急増しています。最近では50歳以上の1.2%(80人に1人)が患っているとも言われ、中高年にとっては他人事ではない病気です。

この加齢黄斑変性症を早期に発見するためには、日ごろからのセルフチェックが大切です。あなたの普段の見え方を思い出しながら、次の3項目をチェックしてみましょう。

【加齢黄斑変性症/視界チェックリスト】

その1・・・物がゆがんでみえる

(例)人の顔を正面から見ると、鼻の周辺がゆがんでみえる。

その2・・・視野の中心がぼやける

(例)人の顔を正面から見ると、鼻や目の辺りが判別しにくくなる。

その3・・・視野の中心が黒ずむ

(例)人の顔を正面から見ると、鼻の周辺が暗く、見えにくくなる。

この3つは、加齢黄斑変性症の代表的な症状です。ひとつでも当てはまる項目がある人は、加齢黄斑変性症の可能性があります。

見るだけでわかる!超簡単な『アムスラーチャートテスト』

加齢黄班変性症の3大症状にひとつでも当てはまった人は、次に『アムスラーチャートテスト』をおこなってみましょう。

●アムスラーテストとは?
アムスラーチャートと呼ばれる碁盤の目のような図を使った視野検査の一種。見え方をチェックするだけで、加齢黄斑変性症の早期発見につながります。

amsler_02
出典:Retina Specialists−Screening for eye diseases

① アムスラーチャートを用紙に印刷して、壁に貼り付ける。
  (※またはPC画面に表示する)
② 用紙から約30センチ離れる。
  (※またはPC画面から30センチ離れる)
③ 右目を右手で覆い、左目のみで表の中央にある黒い点を見つめる。
④ 右目も同様におこなう。

※注意点※
・普段、メガネや老眼鏡をかけている人は装着したままおこなう。
・両目同時におこなうのではなく、必ず片目ずつチェックをおこなう。

いかがでしたか?
下記の画像のように、チャートが薄暗く見えたり、ゆがんで見えたり、欠けて見えたりする場合には加齢黄斑変性症の可能性があるので要注意!早めの眼科受診をおすすめします。

amsler_03
出典:Irregular Webcomic!−Eye check

amsler_04
出典:J.L.McAteer−Eye Problems

加齢黄班変性症の治療が遅れると、日常生活すら困難になることも…

加齢黄斑変性症は進行するほど治療が困難になるため、早期発見が何よりも大切です。とはいえ、30~40代の男性にはいまいちピンとこないかもしれません。
そこで『加齢黄斑変性症ドットコム』に寄せられた患者さんの体験談の一部をご紹介します。

【高橋さん(仮名)75歳】
■40歳で左目に、68歳で右目に発症

“昨日まで見えていたところが見えなくなっている。そうやって、毎日だんだん見えなくなっているということが明らかになるので、焦ったわけですね”

出典:加齢黄班変性症ドットコム−患者さんの体験談

“両眼が歪んでぼやけている状態では水平や直線がわからないので、普段は足元にも気をつけていたんですが、家のことでバタバタしているときに、うっかり足を変な角度に下ろして転んでしまい、骨折しました”

出典:加齢黄班変性症ドットコム−患者さんの体験談

“食事も工夫しています。お子さんが給食で使うような、仕切りつきのお皿で出すんです。お皿をいくつも並べると、見えないためにまったく手をつけていないお皿とかが出てくるんです。だから、仕切りつきのお皿におかずを全部乗せるんですが、それでもおかずが乗っているのに気付かないことがあります。いつも同じところを食べるのでね”

出典:加齢黄班変性症ドットコム−患者さんの体験談

このように、加齢黄斑変性症が進行してしまうと、足元がよく見えずに転んでしまったり、テーブルの上のお皿が見えず、うまく食事ができないなど、普通の日常生活が困難になってしまいます。

自分だけは大丈夫と過信せず、50歳を過ぎたら定期的なセルフチェックを習慣にしましょう。あなたの目は、何物にも変えられない一生の“視産”なのですから。

▼目もアンチエイジング!
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
加齢黄班ドットコム−自己チェック http://www.kareiouhan.com/selfcheck/
『これで安心!中高年の目の病気~白内障・緑内障・加齢黄斑変性など』湯澤美都子/監修、服部隆幸/監修(高橋書店)
amsler_05

btn_v5'

1分間ですっきり!疲れ目解消のツボ

目頭と鼻の間の『睛明(せいめい)』、眉頭の『攅竹(さんちく)』、眉尻と目尻の間から親指1本分うしろのへこんだところ、こめかみのあたりには『太陽(たいよう)』の3つは目の疲れを軽減してくれるツボです。
「目が疲れたな」と感じたら、指の腹でこれらのツボをゆっくりと、5秒ずつ押してみてください!

tetrachromacy2_02
疲れ目解消のツボについて、詳しくはこちら!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

加齢

【専門家監修】スマホ操作が老け顔をつくる?姿勢の悪さがシワやたるみの原因に

【専門家監修】スマホ操作が老け顔をつくる?姿勢の悪さがシワやたるみの原因に

朝はニュースをチェックして、昼間はSNSの更新、夜は動画サイトでお気に入りの映画を観る……。このように、時間さえあれば1日中スマホをいじってはいませんか?

スマホを長時間見ることは眼精疲労をはじめとする目のトラブルにつながりますが、ほかにも体にさまざまな不調をきたします。その中に、顔の「シワ」と「たるみ」があります。

実は、スマホを見るときの姿勢が、顔にシワやたるみをつくる原因につながっているのです。

スマホを見るとき、こんなNG姿勢になっていませんか?

スマホを見るとき、次に挙げるような姿勢になっていませんか?

●猫背

悪い姿勢の代表といえるのが「猫背」です。顔のシワやたるみに影響するのは特に「首猫背」と呼ばれる姿勢で、首が前に突き出しているような状態をいいます。

首猫背でいると、後頭部の筋肉や首の前側の筋肉が引っ張り合って伸びてしまい、正常な働きができなくなります

●下向き

スマホの操作をするとき、どうしても顔が下に向いてしまいますよね。顔が下に向くと、あご周りに重力がかかります。同時に、口の周りの皮膚も下に引っ張られるため、顔がたるむと考えられます。

NG姿勢が顔のシワやたるみの原因になるのはなぜ?

猫背のような前傾姿勢は、首への負担が大きい姿勢です。スマホを操作するときに前傾姿勢を長く続けていると、頭の後ろ側の筋肉が引っ張られます。

また、猫背の状態のままで目線の位置にスマホ画面を持ってこようとすると、前傾姿勢からさらにあごを突き出したような状態になります。すると、今度は首の前のほうの筋肉が伸びてしまい、後頭部と首の前側の筋肉が引っ張り合う状態になります。

このような状態が長く続くと、頬に強い重力がかかります。頬に重力がかかることで顔の筋肉が下がり、頬やあごがたるんでしまうのです。頬のたるみはほうれい線、あごのたるみは二重あごの原因となります。

さらに、スマホの画面を見るために目線がずっと下を向いていると、先にも述べたとおり、重力により筋肉が下がり、顔がたるんでしまいます。加えて、目線を下に向け続けると、まぶたの筋肉が衰えます

まぶたの筋肉が衰えるとおでこへシワを寄せがちになり、同じ部分に常に圧がかかることで、シワが刻まれてしまうのです。

顔のシワやたるみを防ぐ正しい姿勢とは?

いつも姿勢よく過ごせていると、目の開閉を担う筋肉や表情をつくる筋肉、あご関節の筋肉などが正常に機能して、血の巡りもよく、皮膚のコンディションも良好に保たれます。

しかし、先述のような悪い姿勢を長く続けていると、顔周りの筋肉の正常な機能が妨げられてしまいます。

そのため、スマホ使用で顔を下へ向ける頻度・時間によっては、シワが刻み込まれやすくなったり、皮膚が重力に対抗できずたるんでしまったりする可能性があるのです。

とはいえ、現代人がスマホから離れる時間を持つことはなかなか難しいもの。スマホと接する時間が長いからこそ、スマホを操作しているときにはいつも正しい姿勢でいることを心がけてください。

正しい姿勢を維持するためのポイントは以下のとおりです。

●スマホの持ち方を工夫しましょう

スマホを持つ手をひじから手の甲にかけて、一直線になるようにします。このとき、スマホを持っていないほうの手を軽く握り、スマホを持っているほうのひじの内側に挟んでみてください。スマホの位置が上がるため自然と目線も高くなり、背筋も伸びます。

●背筋を伸ばしすぎないようにしましょう

背筋を伸ばし、スマホを目の高さまで上げることで、視線が下がるのを防ぐことができます。しかし、背筋を伸ばそうとしすぎて腰を必要以上に反らしてしまうと、腰に大きな負担をかけてしまいます。頭の先から腰までが、一直線にまっすぐであることを意識しましょう。

●足を組むのは控えましょう

いすに座ってスマホを見るとき、つい足を組んでいませんか?組んだ足にスマホを持っているほうの腕を乗せると、ひじが固定されるのでなんとなくラクちんな気がしますよね。

しかし、前傾姿勢になると顔が下向きになる上、足を組むことで体がゆがみ、大きな負荷がかかってしまいます。

スマホを見るときに目線を高く上げるようにすることで、顔の筋肉が下がることを防ぎ、顔のシワやたるみの予防につながります。普段から、「猫背だな」「目線が下に向きがちだな」と感じている方は、意識して視線を上げるようにしてみてください。

また、正しい姿勢でスマホを見ることは、スマホと適切な距離を保つことにもつながり、目への負担も減らせます。

もちろん、スマホを操作する時間を少なくするのがベストな対策ですが、なかなか難しい方は、スマホと上手に付き合っていく方法を考えていきましょう。

檜垣先生のコメント
日常生活において便利なものが増えるとありがたい一方で、その利用方法によっては体調や体の機能に影響を及ぼすおそれがあります。そのひとつがスマホだと思います。長時間利用しがちな方、スマホなしでは不安になるという方は特に、心身へ負担が少ないスマホの利用方法を意識していただきたいと思います。気づいたときにでも、美しい姿勢でスマホに向かう自分をイメージしてみてはいかがでしょうか。

 

▼スマホから顔や目を守る方法についてもっと知りたい方はこちら!
顔のシミはスマホの見すぎが原因?「スマホ焼け」から肌を守ろう
たったこれだけで目の負担が軽減!スマホと上手に付き合う3つのポイント

▼目の酷使は体調不良の原因にも!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
今月の特集『 “スマホたるみ”が急増中!? 』|顔のたるみ研究所
http://www.tarumi-labo.com/special/38/
スマホ習慣がたるみやシワ、老け顔の原因!美肌への影響は?|エイジングケアアカデミー
https://eijingukea.nahls.co.jp/lifestyle/smartphone/
スマホの使い過ぎがシワの原因に?! 覚えておきたい3つの対策法|クリニックビザリア
http://www.bizarria.jp/column/wrinkle/column04/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ