• HOME
  • 目のケア
  • 《医師監修》【閲覧注意】目の中に寄生虫!? 人畜共通感染症『東洋眼虫』のお話
目の病気

《医師監修》【閲覧注意】目の中に寄生虫!? 人畜共通感染症『東洋眼虫』のお話

《医師監修》【閲覧注意】目の中に寄生虫!? 人畜共通感染症『東洋眼虫』のお話

みなさんは『東洋眼虫』という名前をご存じでしょうか?私たちの身近にいる寄生虫といえば、イカや一部の鮮魚などにいる寄生虫が思い浮かびますが、なんと目の中に寄生する虫が存在するんです。

その寄生虫の名前が東洋眼虫です。決して人ごとではない寄生虫の、ちょっと怖いお話をお届けします。

東洋眼虫は『メマトイ』という虫が媒介する

聞き慣れない名前ですが、東洋眼虫はメマトイという虫の媒介により感染します。といっても、メマトイはある種の昆虫の総称で、漢字では「目纏」と表記します。

文字通り“目にまといつく”虫の総称というわけですが、東洋眼虫を媒介する虫の中でも日本での代表的な種は、ショウジョウバエ科のマダラメマトイ、カイガラヤドリバエ科のクロメマトイが知られています。


出典:UniProt – Taxonomy – Phortica variegata (Variegated fruit fly) (Amiota variegata)

メマトイが目の周りにまといつくのは、目ヤニの摂食をするためや涙をなめるためですが、厄介なことにメマトイは、その際に線虫の一種『東洋眼虫』を媒介します。

しかし、メマトイは目の中に卵を産みつけるわけではありません。あくまでもメマトイに接触することで、東洋眼虫が目の中に移るのです。

東洋眼虫の最終宿主となるのは、イヌやネコなど、私たちの身近な動物です。そして、東洋眼虫は人畜共通感染症の原因となる寄生虫の一種であり、ペットを介してごくまれに人間にも感染します。

東洋線虫は、ペットからヒトへ感染する

小線虫である東洋眼虫は、体長8mmから16mmほど、体幅は雄雌ともに0.4mmから0.5mmほどの小さな虫です。


出典:Eye Gnats

前述したように、東洋眼虫はイヌやネコを宿主として寄生し、3週間から5週間で成虫になって結膜嚢(けつまくのう)の中で動きまわります。結膜嚢とは、まぶたの裏から眼球の表面にかけて嚢状(ふくろ状)になっている部分のことです。

東洋眼虫は人と動物に共通する感染症の原因ですから、ペットを飼っている方は、東洋眼虫の話を耳にしたことがあるかもしれません。とはいえ普通に接している限り、飼い主に感染するケースは極めて低い確率といえます。

東洋眼虫からペットや自分の身を守るには?

低い確率とはいえ、共通感染症である以上、私たちにも東洋眼虫が寄生する確率がないとはいえません。ではどうすれば、寄生虫から身を守ることができるのでしょうか?

媒介主であるメマトイはいわゆる羽虫ですから、野山や畑に行けば遭遇することもありますし、家の中に入ってくることも珍しいことではありません。メマトイが生息する地域に暮らしている方にとっては、完全にメマトイとの接触をなくすことは困難だといえます。

ですから現実的な対処としては、感染経路であるペットのイヌやネコのケアをしっかりとおこない、もし東洋眼虫の感染を見つけたら、なるべく早く獣医に摘出してもらうことしかありません。

もしペットなどから東洋眼虫に感染した場合は、早急に眼科医の診断を受けましょう

東洋眼虫が人に感染した場合、まず異物感と目ヤニの症状が現れます。しかし、成長した東洋眼虫は目視で確認できるときもある一方、結膜嚢の奥に入り込むため、眼科医でも発見するのに時間を要することもあります。

中には、眼瞼皮下腫瘤(がんけんひかしゅりゅう:まぶたの裏にできた腫瘍)や、前房(ぜんぼう:虹彩の前方の部分)の内部にまで入り込んだという報告まであるようです。

かわいいペットの目の中にこんな虫が寄生していたらと考えると、思わずゾッとしてしまいます。よほどのことがなければ人に感染することはない東洋眼虫ですが、それでも感染した場合には、一刻も早く眼科医の診断を受けて摘出してもらいましょう!

【眼科医】川原先生からのコメント
動物から感染して目に症状を起こす病気はほかにもあります。代表的なものに、「猫ひっかき病」というものがあります。その名の通り、猫、主に野良猫にひっかかれた際にバルトネラという細菌に感染することで発症します。最初に熱が出て、リンパ節が腫れ、目としては網膜視神経炎により目の奥に炎症を起こして視力が低下してきます。猫にひっかかれただけと侮らないほうがよいので、なにか症状があれば病院にかかりましょう。

 

▼ペットの目のケアには、こんなコラムも!
うちのコは大丈夫…? 犬やネコも『ドライアイ』になる!!

▼怖いもの見たさを感じる方には【閲覧注意】コラム!
【閲覧注意】目から小石や水晶、血が流れる!? 涙以外のモノが目から出てくる不思議な現象
肉眼では見えない世界【2】【閲覧注意】「電子顕微鏡」で見るミクロの世界
写真でわかる悪性腫瘍!?“白く写る目”で早期発見されたガンとは?

【参考】
SWEETCATささねっと – 東洋眼虫(Thelazic callipaeda)
http://ww3.tiki.ne.jp/~nsasax/pet/medical/eye-touyou.html
ペット生活 – 目の中に寄生虫が! 東洋眼虫についてまとめました
http://pet-seikatsu.jp/articles/2843
医療法人 光恵会 おの眼科 – 東洋眼虫
http://www.onoeye.com/kiseityu.html

 » 《医師監修》【閲覧注意】目の中に寄生虫!? 人畜共通感染症『東洋眼虫』のお話

ライターキネコ

『目ディア』をはじめ医療系コラムなどでの執筆、キュレーションサイト、エンタメ系メディアを中心に活動しているフリーライターです。得意分野は映画やアート、歴史、科学系のコラムなどさまざま。“広く浅くもなく”をモットーに、インターネットという名のヴンダーカンマーを旅しています。

 » 《医師監修》【閲覧注意】目の中に寄生虫!? 人畜共通感染症『東洋眼虫』のお話

医学博士、川原眼科院長川原 周平先生

モットーは「常に最新、最良の眼科医療をアップデートし提供し続けること」。毎朝、コーヒー豆を挽いてじっくり抽出して飲むのが日課。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ