• HOME
  • 目のケア
  • 【眼科医監修】悪いことばかりではない?ブルーライトの特性と人体への影響を解説
アイケア

【眼科医監修】悪いことばかりではない?ブルーライトの特性と人体への影響を解説

【眼科医監修】悪いことばかりではない?ブルーライトの特性と人体への影響を解説

パソコンやスマートフォン、LED照明などから発せられている青色の光「ブルーライト」。ブルーライトを含むLED照明は従来の照明と比べて消費電力が少なく済むため、家計にやさしい・環境によいといわれる一方、人体に悪い影響を及ぼすこともあるとされています。

しかし実は、ブルーライトには確かに人体、特に目に対して悪い影響が示唆されているものの、よい影響もあるのです。

今回は、ブルーライトの特性人体への影響、ブルーライトを発する機器との上手なつき合い方をまとめました。

ブルーライトとは?

ブルーライトとは、可視光の中でも波長が380~500nm(ナノメートル)と短く、目の角膜(黒目)、及び水晶体が通す光の中でもっとも紫外線に近い、強いエネルギーを持った光です。パソコンやスマートフォンのディスプレイからも発せられています。

また、LED照明の普及が進んでいますが、LEDにもブルーライトが含まれており、近年ではブルーライトを浴びる機会、量がとても多くなりました。

しかし、目にブルーライトを浴びすぎると、紫外線同様、網膜に何らかの障害をもたらす可能性があるいわれています。

さらに、ブルーライトは波長が短いため、大気中にあるいろいろな粒子とぶつかって散乱しやすい特性があります。このブルーライトの特性は、ものを見たときに感じるまぶしさやチラつきの原因にもなっています。

まぶしさやチラつきを頻繁に感じると、ものにピントが合いにくくなり目の筋肉がピントを合わせようと働き続けるため、目が疲れやすくなってしまうのです。

ブルーライトが及ぼす目以外の人体への影響は?

ブルーライトといえば悪い影響ばかりが注目されますが、実は、ブルーライトの人体への影響には、よい面も悪い面もあることが最近の調査や研究によってわかってきています。

ブルーライトのよい影響としては、たとえば、ブルーライトを短時間(30分)浴びると、脳の前頭前皮質が活性化し、認知テストの結果、ワーキングメモリと反応スピードが向上するというデータが得られました。

別の研究では、記憶力の低下とブルーライトとの関連について調べ、黄色い光を浴びたグループよりも、ブルーライトを浴びたグループのほうが、記憶力が低下しづらいというデータが得られています。

また、ブルーライトは太陽光にも含まれており、太陽光の刺激によって体は「今は朝だ」と認識し、活動的になります。起床時には意識してブルーライトを浴びると、すっきりと目覚めることができます。

一方、悪い影響としては、眼精疲労網膜の異常を引き起こす可能性があるほか、夜にブルーライトを浴びると体内リズムを乱してしまうことがあります。

人の目には「第3の視細胞」といわれる細胞があり、460nmの光に反応します。この細胞が、人間の体内リズムをコントロールしていることがわかってきました。

ブルーライトには460nmの波長の光も含まれるため、体内リズムに影響を与えるのです。

太陽光が届かなくなることで体は「夜になった」と認識し、休息モードになっていきます。

つまり、ブルーライトを昼夜問わず浴びてしまうと、朝と夜、言い換えれば、活動的になるべき時間とそうでない時間を体が正しく認識できなくなるため、本来の体内リズムが保てなくなり、睡眠障害などを引き起こしてしまいます。

特に、夜寝る前にパソコンやスマートフォンを見たり、コンビニに行くなどで強いLED照明を浴びたりすると、睡眠を促す物質「メラトニン」が分泌されるタイミングがずれ、なかなか寝つけない、ぐっすり眠れないといった睡眠の質の低下を招きます。

また、朝にもまだメラトニンが残ってしまい、強い眠気を感じてすっきりと起きられないこともあります。

「夜にパソコンやスマートフォンの操作をする習慣があり、ぐっすり眠れない」といった方は、寝る3~4時間前からは、照明は暗めにしてブルーライトを避け、朝はなるべく太陽の光を浴び、体内リズムを元に戻すよう心がけるのがよいでしょう。

ブルーライトを効果的にカットする方法は?

パソコンやスマートフォンでは、ディスプレイの設定を工夫したり、色を調節するアプリ・ブルーライトをカットするディスプレイ用フィルタなどを活用したりすることで、ブルーライトによる悪い影響を抑えられます。LED照明を使っている場合は、強すぎない光に調整しましょう。

ブルーライトから目を守るための器具として人気の高いブルーライトカットメガネですが、2018年3月に公表された神奈川県の調査(※)によると、メガネのブルーライト透過率は製品によって差があり、表示とは実際の透過率が異なることもあるようです。

そのため、表示されている透過率を過信することなく、ブルーライトカットメガネをかけていてもパソコンなどの作業は連続1時間を超えないように、15分程度の休憩を挟みながら行いましょう。

ブルーライトカット眼鏡の透過率テスト|神奈川県ホームページ

いかがでしたか?現代では、パソコンやスマートフォンなしでは生活できない方も多いですよね。ブルーライトカット製品などをかしこく活用しつつ、しっかりと目の休息をとり、体内リズムを乱さないよう、IT機器と上手につき合っていきましょう。

【眼科医】川原先生からのコメント
ブルーライトという言葉はここ数年でとても有名な言葉のひとつになりました。「ブルーライトをカットする」というように、その響きとしては悪いイメージがついてしまいましたが、ここで述べられているように必ずしも悪い影響ばかりではありません。ブルーライトは昔から存在していたものですし、これからも上手につき合っていくことが大切だと思います。

 

▼ブルーライトや眼精疲労から目を守りたいあなたにオススメの記事はこちら
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)
PC・スマホからは逃げられない! 眼科医もやっている目を守る方法とは
デスクワーカーなら即実践すべし! ディスプレイの設定で目の疲れを軽減
モニターばかり見ているあなたに捧げる ブルーライト対策グッズ&アプリ5選
目が疲れるのはよく見えるメガネのせい?パソコン用メガネの正しい選び方
試してみよう!目を守るためのスマホのナイトモード


〈参考〉
・ブルーライトカット眼鏡の透過率テスト – 神奈川県ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/r7b/cnt/f370222/p806542.html
・ブルーライト対策/ブルーライトとは | メガネ本舗
http://www.meganehompo.co.jp/glasses/blue_light/
・ブルーライトとは | ブルーライト研究会
http://blue-light.biz/about_bluelight/
・VDT作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて|厚生労働省労働基準局
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000184703.pdf
・正しくブルーライトを浴びれば、脳の力がアップする – 心理の棚
https://www.psychological-skils.com/entry/ブルーライト-良い影響
・Exposure to Blue Light Increases Subsequent Functional Activation of the Prefrontal Cortex During Performance of a Working Memory Task. – PubMed – NCBI
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27253770
・Acute exposure to blue wavelength light during memory consolidation improves verbal memory performance. – PubMed – NCBI
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28922397

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ