• HOME
  • 目のケア
  • カラーコンタクトを使うときに 注意しておきたい4つのこと
コンタクト

カラーコンタクトを使うときに 注意しておきたい4つのこと

カラーコンタクトを使うときに 注意しておきたい4つのこと

気軽に印象を変えることができ、ファッションとしても親しまれるようになったカラーコンタクト。目の色を変えるタイプや、黒目の周りを縁取るように着色され、瞳がくっきりと強調されるタイプ、蝶や星がデザインされた“柄コンタイプ”など、種類やサイズもさまざまです。
しかし、それに比例して、国民生活センターに寄せられるカラーコンタクトに関する相談も急激に増加しているようです。そこで、正しくカラーコンタクトを使うにはどんな点に気をつけたらいいのかまとめてみました。

そもそもカラーコンタクトって安全? それとも危険なの?

先日、カラーコンタクトに関する下記のニュースが話題となりました。
“厚生労働省の研究班による調査では、国内で承認を受けて市販されているカラーコンタクト17製品のうち、10製品で酸化鉄や酸化チタンなどの色素成分が表面に露出していたことがわかりました。
そのうち4製品は角膜側への露出が、6製品はまぶた側だったことが確認されたそうです。なお、一部の製品は「着色はレンズ内部」と調査結果とは異なる表示をしていました”
出典:日本経済新聞-カラーコンタクト10製品から色素露出 厚労省、影響調査へ(一部抜粋)

これは、一体なにが問題となっているのでしょうか?

まず、良いカラーコンタクトレンズと悪いカラーコンタクトの違いは、色素の位置と色素の安全性にあります。
前者の場合は、レンズとレンズの間に色素を閉じ込めるサンドイッチ構造が多く採用されているため、色素が直接目に触れずなめらかで、安全だといわれています。
後者の場合は、色素がレンズの表面に露出していることが多く、凹凸があり、まぶたの裏側や白目にある粘膜(結膜)に障害を起こす可能性があります。また、裏側に露出している場合は、角膜に障害を起こす可能性があります。

ほかにもレンズ素材を着色部分で包み込んだラップイン構造で作られたレンズなどもあります。サンドイッチ構造のカラーコンタクトレンズ自体が、普通のレンズと比べ厚みがあるため、酸化透過率(レンズの素材がどの程度酸素を通すことができるか表す値)も低く、眼に負担がかかりやすいともいわれています。

医師の処方はどうして必要なの?

ジョンソン・エンド・ジョンソン社が2013年に調査したデータによると、カラーコンタクトをどこで購入するかという質問に対し、5割近くの方が「インターネット通販」や「大型ディスカウントショップ」を挙げ、3割以上の方が眼科の処方なしに購入していることが明らかとなりました。

しかし、そもそもカラーコンタクトは、2009年に高度管理医療機器として製造販売に厚生労働省の承認が必要となっているものです。つまり、医師の処方ができないもの=「酸素透過率が極端に低い」、「色素がレンズの表や裏に露出しているデザイン」といった粗悪品である、ともいえるのです。

さらに前述したように、承認を受けたカラーコンタクトでさえ、色素成分が露出している場合があるため、使用にはますます慎重にならなければいけないでしょう。

安全にカラーコンタクトを使うにはどうすればいいの?

【1】購入前~事前に眼科に行って検査を受けること

涙の量やアレルギー体質などによっては、コンタクトレンズを使ってはいけない場合もあります。また、自分の視力や瞳のカーブに合ったレンズ選びをすることが重要です。

【2】購入前~承認を受けた製品を購入すること

カラーコンタクトレンズのパッケージには、「薬事法承認番号」が記載されています。必ずそちらを確認しましょう。

【3】購入後~正しいコンタクトの使い方、用法を守ること

→詳しくはコチラ!
つけ置き洗浄のみはNG!! コンタクトレンズの正しいお手入れ法

【4】購入後~使用中、目に違和感を覚えたらすぐに眼科に行くこと

多くの人は、放置したまま重大なトラブルへと発展してしまうことが多いようです。「おかしいな」と感じたら、すぐに医師に相談しましょう。

上記4つのポイントを守ることで、眼に対するリスクを少しでも減らすことができるはずです。眼の健康のためにも、正しく安全にカラーコンタクトを使いこなしましょう!

▼詳しくはコチラもチェック!
使い方を間違えると大惨事!! コンタクトレンズトラブル事例まとめ

【参考】
独立行政法人医薬品医療機器総合機構‐eye careカラコン
http://www.pmda.go.jp/eyecare/pamphlet.html
カトレヤeyeクリニック‐カラーコンタクトの選び方
http://cattleya-eye-clinic.com/contact04.html
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社-プレスリリース
http://acuvue.jnj.co.jp/corp/press/p0125.htm

みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

目が乾いて涙の状態が不安定になると、目が疲れやすくなることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

コンタクト使用時の目の悩みはなんですか?(複数回答可)

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

1品2役で、コンタクトの乾きを癒す目薬にも、コンタクトレンズ装着液にもなる目薬として「ロートCキューブプラス ダブルフィット」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

コンタクトの目の疲れやかゆみを癒すコンタクト用目薬として、「ロートCキューブプラス ビタフレッシュ」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

さらに、長時間のコンタクト装用時のドライアイ(目の乾き)に、持続するうるおい感にこだわったとろみある薬液で、瞳とレンズの乾きを癒すコンタクト用目薬として「ロートCキューブプラス モイスト」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

目が乾いて涙の状態が不安定になると、目が疲れやすくなることをご存知でしたか?

  • はい
    69%
  • いいえ
    31%
Loading ... Loading ...
Q2

コンタクト使用時の目の悩みはなんですか?(複数回答可)

  • 目が乾く(ドライアイ)
    26%
  • 目がしょぼしょぼする
    16%
  • 目の酷使・疲れ
    16%
  • 目の不快感、異物感
    17%
  • 目の充血
    10%
  • 目がぼやける、かすむ
    16%
Loading ... Loading ...
Q3

1品2役で、コンタクトの乾きを癒す目薬にも、コンタクトレンズ装着液にもなる目薬として「ロートCキューブプラス ダブルフィット」があることをご存知でしたか?

  • はい
    28%
  • いいえ
    72%
Loading ... Loading ...
Q4

コンタクトの目の疲れやかゆみを癒すコンタクト用目薬として、「ロートCキューブプラス ビタフレッシュ」があることをご存知でしたか?

  • はい
    19%
  • いいえ
    81%
Loading ... Loading ...
Q5

さらに、長時間のコンタクト装用時のドライアイ(目の乾き)に、持続するうるおい感にこだわったとろみある薬液で、瞳とレンズの乾きを癒すコンタクト用目薬として「ロートCキューブプラス モイスト」があることをご存知でしたか?

  • はい
    24%
  • いいえ
    76%
Loading ... Loading ...

コンタクトレンズの悩みや不快感の解消をサポート!

\コンタクトレンズを使う方におすすめの目薬/
装着液としても目薬としても!『ロート Cキューブプラス ダブルフィット』
装着液としても目薬としても!『ロート Cキューブプラス ダブルフィット』
朝コンタクトが入れづらい、夕方になるとコンタクトが張りつく…そんな時は『ロート Cキューブプラス ダブルフィット』。装着液としても使え、瞳のことを考えた有効成分もしっかり配合した、一石二鳥の目薬です。
うるおうだけでは取れない、コンタクトによる疲れ目対策
うるおうだけでは取れない、コンタクトによる疲れ目対策
長時間のコンタクト使用は目のかすみや疲れ目、辛い肩こりを引き起こします。『ロートCキューブプラスビタフレッシュ』はビタミンB6をはじめとする6つの有効成分で、潤すだけでは取りきれない目の疲れにスーッと効きます。
最高級のとろみベールが瞳とレンズを包み込む『ロート Cキューブプラス モイスト』
最高級のとろみベールが瞳とレンズを包み込む『ロート Cキューブプラス モイスト』
しょぼしょぼする目の乾き、コンタクトのゴロゴロ不快感には、瞳のうるおいが持続する、Cキューブ史上、最高級のとろみベールを。涙の蒸発を防いだり角膜を修復するなど、6つ有効成分が瞳やレンズの乾きをうるおします。

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ