• HOME
  • 専門家
  • 【医師監修】大人気アイドルも絶賛の『ICL』向いている人&向いていない人の条件とは?
視力回復

【医師監修】大人気アイドルも絶賛の『ICL』向いている人&向いていない人の条件とは?

【医師監修】大人気アイドルも絶賛の『ICL』向いている人&向いていない人の条件とは?

国民的アイドルグループの人気メンバーが施術を受けたことで、その認知度が急上昇している視力矯正治療ICL。目の中にレンズを入れることで、視力の改善を図る治療です。

このレンズは手術後に除去することも可能で、角膜を削るレーシックとは違い、やり直しがきくことなどが魅力。近視や乱視の方を救う画期的な治療として、注目を集めています。

今回は眼科医の岡野先生に、そんなICLに向いている人、その逆に向いていない人の条件について聞いてきました。「ICLに興味はあるけど踏み出せない」というあなた、ぜひチェックしてください!

強度近視の方必見!ICLはこんな方におすすめ

ICLが向いている方の条件としては、まず-6D以下の強度近視であること、もしくは-3D以下の乱視であることが挙げられます。

ICLと同じく視力を矯正する治療であるレーシックは、強度近視には対応できません。泣く泣くレーシックをあきらめた方も、ICLなら視力回復を望めるでしょう。

また、生まれつき角膜が薄い場合もレーシックは受けられませんが、ICLなら問題ありません。

なお、ICL治療の対象となる年齢は、だいたい20歳から45歳まで。目の状態によってはこの限りではありませんが、老眼の症状が出てくるようになると、あまり効果を得られなくなります。

▼ICLの基礎情報を知りたい方はコチラをチェック!
【医師監修】あの大人気アイドルも絶賛!話題の視力矯正治療『ICL』ってどんなもの?
《医師監修》レーシックのデメリットを解消!簡単な手術で視力を回復できる「眼内コンタクトレンズ治療」とは
目の中に入れるコンタクト!? レーシックに代わる選択肢『ICL』手術とは?

格闘技など激しいスポーツをする方にICLは不向きかも……

先述の条件を満たしている場合でも、ICLがあまり向かないことも。たとえば、格闘技やサッカーなど、激しい衝撃を受けることが多いスポーツをしているケースが挙げられます。なぜなら、強い衝撃を受けることで、目の中でレンズが動いてしまうためです。

前虹彩型はレンズが適正な位置からずれてしまい、後虹彩型はレンズが水晶体を圧迫して、白内障を引き起こす可能性があります。心当たりがある方は、眼科を受診する際に、必ず医師に相談するようにしましょう。

治療を受ける際は生活スタイルをよく見直して!

ICLを検討している方に向けて、岡野先生は次のように注意を促しています。

「ICLを受けて視力を回復することは、誰にとってもいい結果を生むわけではありません。たとえば、パソコンを使ったデスクワークがメインの仕事に就いているなど、近くのものを長時間見るライフスタイルを送っている場合。こういったケースでは、実は近視の目のほうが負担なく作業できるんですよ。

視力が悪い方にとってみれば、ICLはとても魅力的な治療に思えるでしょう。飛びつきたくなる気持ちもわかりますが、一度立ち止まって自身の生活についてよく見直し、本当に自分に必要な治療かどうかを考えるようにしてください」。

決して安くはない金額を払って手術を受けたのに、結果的にあまりメリットを感じられなかった……そんな悲惨な自体にならないよう、治療を選択する前に、自身の生活スタイルについてよく見直すようにしてくださいね。

「視力矯正を望んでいたのに、レーシックでは条件が合わなかった」。ICLは、そんな方にぴったりの治療法です。強度近視などの身体的な条件だけでなく、やり直しができないレーシックに対して恐怖心を抱えていた方も、一度検討してみてはいかがでしょうか?

費用や効果、自身の生活に合うかどうかなどをよく考慮した上で、ぜひあなたに合った選択をしてくださいね。

▼岡野先生が監修するそのほかの記事はコチラ!
《医師監修》眼科医が実践する目の疲れ解消法!おいしく“菊”を食べて目をサポート
《医師監修》視力低下を防ぐカギは外遊びにあった!?眼科医が教える近視抑制の最前線

▼その視力の低下、実は目の疲れのせいかも?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ