• HOME
  • 専門家
  • 《鍼灸師監修》偏頭痛の前兆『閃輝暗点(せんきあんてん)』が起きたら…3つのツボを刺激して症状&偏頭痛の負担を緩和しよう!
読み物

《鍼灸師監修》偏頭痛の前兆『閃輝暗点(せんきあんてん)』が起きたら…3つのツボを刺激して症状&偏頭痛の負担を緩和しよう!

《鍼灸師監修》偏頭痛の前兆『閃輝暗点(せんきあんてん)』が起きたら…3つのツボを刺激して症状&偏頭痛の負担を緩和しよう!

激しい偏頭痛の前兆として知られている、閃輝暗点(せんきあんてん)。視界にチカチカとした光が入り、視野が狭くなったり、ものが見えにくくなったりします。

閃輝暗点の症状が出てしまったら、その後にやってくる偏頭痛を少しでも軽減することが重要です。具体的には、自分でできるツボ押しで負担を最小限に抑えましょう。

今回は、そんな閃輝暗点の症状が出たときに刺激したいツボについて、鍼灸師の高田香菜子先生に教えていただきました。

脳梗塞につながることも……閃輝暗点ってどんなもの?

閃輝暗点_02

閃輝暗点やそこからくる偏頭痛の緩和方法についてご紹介する前にまず、閃輝暗点とはどのような症状で、どのような病気につながるかをおさらいしましょう。

閃輝暗点とは、視界にチカチカとした光が入り込み、ものや風景が見えにくくなる状態のことです。脳の血管の収縮・拡張が原因で引き起こされる症状で、閃輝暗点の後は多くの場合、激しい偏頭痛に見舞われます。

また、閃輝暗点があっても頭痛が起きないときは、脳梗塞脳腫瘍の前兆の可能性も考えられます。頭痛がないからといって単なる目の不調として済ませてしまうと、恐ろしい事態につながりかねません。

▼閃輝暗点の詳しい説明はコチラ!
目のチカチカや頭痛があったら要注意!閃輝暗点ってどんな病気?

閃輝暗点の症状改善に効くツボ

閃輝暗点が起きてしまったら、その症状はもちろん、後にやってくる偏頭痛の症状を緩和するための対策をとることをおすすめします。具体的には、以下にご紹介する3つのツボを刺激してみましょう。

いずれも首から頭にかけての血流を促進させられるツボで、刺激すると閃輝暗点の症状や頭痛を和らげる効果が期待できます。

●天柱(てんちゅう)

閃輝暗点_03

まずは、首の後ろの真ん中にある骨のくぼみを探してください。その両側には、太い筋肉(僧帽筋)が縦に2本通っています。天柱は、その筋肉の外側にあります。

閃輝暗点_04

ここを写真のように両手の親指で刺激しましょう。ツボの位置を正確に把握できている自信がない場合は、周囲を幅広く刺激してOKです。

●風池(ふうち)

閃輝暗点_05

風池は、先にご紹介した天柱の少し外側のくぼみにあります。

閃輝暗点_06

天柱と同じく、力が入りやすい親指で刺激しましょう。風池周辺で痛気持ちいいと感じる場所があれば、そこも一緒に刺激してかまいません。

●玉沈(ぎょくちん)

閃輝暗点_07

玉沈は天柱(てんちゅう)の上、左右の耳の上を結んだ線上のあたりに位置しています。

閃輝暗点_08

天柱や風池と同じく、親指で強めに刺激します。

場所を問わず刺激できるツボばかりなので、閃輝暗点が起きたらすぐに刺激してみてください。なお、いずれもツボを刺激することで痛みが増す場合は直ちに中止し、できるだけ安静にしましょう。気持ちいいと感じる範囲で行うことが重要なポイントです。

閃輝暗点が起きたら、まずは今回ご紹介したツボ押しを実践し、偏頭痛が治まったら念のため病院を受診しましょう。はじめに眼科にかかって目の状態を検査し、異常がなければ内科または神経内科に相談してみてください。

大きな病気の前兆である可能性もあるので、自己判断せずに、必ず医師に診断してもらってくださいね。

▼頭痛に関するその他の記事はコチラ!
「緊張型頭痛」の予防や緩和にいいツボ押しのポイント
ストレスや目の酷使が原因に!?「緊張型頭痛」の対処法
『疲れ目』と『眼精疲労』は違う!? 眼精疲労が原因でおこる頭痛の傾向と対策
まぶたがたるんできたら要注意! 肩こりや頭痛も起こる眼瞼下垂

▼その頭痛の原因、“目の疲れ”かも…?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ