• HOME
  • 専門家
  • 《医師監修》レーシック手術を受けると老後に困る!?手術前に知っておきたい視力矯正と老眼の関係
老眼

《医師監修》レーシック手術を受けると老後に困る!?手術前に知っておきたい視力矯正と老眼の関係

《医師監修》レーシック手術を受けると老後に困る!?手術前に知っておきたい視力矯正と老眼の関係

メガネやコンタクトレンズが手放せない方にとって、魔法のような治療とも思えるレーシック手術。手術費は高額ではありますが、「遠くまでよく見える目が手に入るならば」と検討している方は多いことでしょう。

しかし、そんなレーシック手術には、意外なところに落とし穴があることをご存知でしょうか?実は、レーシック手術を受けると、老眼になったときに近くのものが見にくくなってしまうというのです。

今回は、そんなレーシック手術(視力矯正)と老眼の関係について、眼科医の梶田先生に教えていただきました。

レーシック手術で視力を矯正すると老後に本が読めなくなる?

「レーシック手術を受ける前に必ず知っておいてほしいのが、老眼になったときの見え方の変化です。それをきちんと理解したうえで、やっぱり視力を矯正したいということであれば、レーシック手術を選択したらいいと思います」。

梶田先生は、視力矯正のデメリットを知らずにレーシック手術を選択してしまう方が多いと警鐘を鳴らしています。では、レーシック手術を受けた方が老眼になると、具体的にはどのようにものが見えるのでしょうか?

スライド1

「上記の図は、人間の目を横から見たものです。上が正視の人の目、下はメガネをかけた近視の人の目を表しています。見てのとおり、近視の人の目は正視の人の目よりも長いんですよ。これによって網膜に映る像に差が生じるため、メガネをかけて映り方を調整しているんです」。

スライド2

「上記の図は、上が正視の人の目、下がレーシック手術を受けた人の目です。これを見てみると、手術を受けたことで像のサイズが大きくなっているのがわかるでしょう。では、この状態で老眼になるとどうなるでしょうか?」

スライド3

「上記の図は、正視の人(上)と生まれつき近視でレーシック手術を受けた人(下)が老眼鏡をかけた状態を表しています。老眼鏡は、近くを見やすくするように拡大するもの。レーシック手術を受けて像が拡大されているところに老眼鏡をかけてしまうと、像がさらに大きく拡大されてしまうのです。とはいえ、近くのものを見るには老眼鏡が必要不可欠。この状態は避けられません」。

スライド4

「では、この状態で文字を見るとどうなるのか……レーシック手術を受けた人は、図のようにかなり拡大された像が見えるため、一字一字を追うことになる=文章のつながりを把握しにくくなってしまいます。これでは、小説や新聞を読む気力が失せてしまいますよね」。

スライド5

「では、もしもレーシック手術を受けずに近視のままだった場合はどうでしょうか?上記の図をご覧ください。なんと、近視の人が裸眼で近くを見たときと、正視の人が老眼鏡をかけて近くを見たときとはほぼ同じになるのです」。

ちなみに、これはレーシック手術に限った話ではありません。眼内コンタクトレンズを入れたり、白内障の手術で度数の入ったレンズを入れたりする場合にも、同じことがいえます。つまり、いかなる方法でも近視を正視に治した場合は、このような状況に陥るのです。

近くのものが見えないことは認知症のリスクを高める

レーシック_02

レーシック手術などで視力を矯正すると、老眼になったときに近くのものが見にくくなる……こう聞いて「老眼なんてまだ先の話だし、今遠くが見えたほうがいい」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、老眼は35歳くらいからはじまるもの。「老眼」という字面から、50歳を過ぎた頃からはじまるものと思っている方は多く見られますが、実際はもっと早くから症状が現れるのです。

スマートフォン、パソコン、テレビ、本……現代の情報源のほとんどは、遠くではなく近くにあります。これらが見にくくなると、情報をインプットすること自体がストレスに。すると自然に頭を使わなくなって、認知症を患うリスクが格段にアップしてしまいます。梶田先生は、次のように話します。

「日本はこれから、超高齢化社会を迎えます。そんな状態で人々が幸せに生活していくためには、高齢者の健康寿命を延ばすことが必要不可欠。認知症にかかる人が増えるなんて、もってのほかです。だからこそ、近くが見えなくなることの危険性を、みなさんに知ってほしいと思っています」。

現代人の目は「絶対に近視のほうがいい」という事実

レーシック_03

さらに梶田先生は、老眼になる以前も、近視の目のほうがいいと教えてくれました。

「スマートフォンやパソコンを長時間使うことが当たり前になった昨今では、近視のほうが生活しやすいんですよ。むしろ視力が1.2もあるいわゆる“目のいい人”は、そうした近くを見る作業で目に疲れが溜まってしまい、頭痛や肩こりに悩まされることになります」。

デスクワークが必須の職業に就いている方、日頃から長時間スマートフォンをいじっている方は、近視であったほうが圧倒的に目の負担が少ないのです。

「遠くが見える目のほうがいいという考え方は根強くありますが、どうかそんな固定観念に振り回されず、自分のライフスタイルにはどういう目がベストかを考えるようにしてください。きっと多くの方が、近視のままでいいという答えにたどり着くはずです」。

近視の方にとって、裸眼でもよく見える目は憧れかもしれません。しかし、そんな目で得をする時代ではなくなってきています。

レーシック手術をはじめとした視力矯正の治療を受けようとしている方は、今一度自分のライフスタイルを見直して、自分にぴったりの目はどんな目なのかを考えてみてくださいね。

▼梶田先生が監修しているそのほかの記事はコチラ!
【30代注目】今から遠近両用メガネを活用すれば、老眼に悩まされない人生を手に入れられる!?
目の疲れに悩むすべての方、必見!35歳からの「疲れ目世代」を救う累進屈折力レンズってどんなもの?
欧米では失明原因の第1位!日本人にも増殖中の『加齢黄斑変性』ってどんな病気!?
加齢とともに起こる「見る力の衰え」! 機能低下を引き起こす5大原因に迫る
眼科医も認める、注目の“赤い”成分!『アスタキサンチン』が眼精疲労に効果アリ

▼老眼についてはこちらもチェック!
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ