• HOME
  • 専門家
  • 【眼科医監修】老眼が白内障手術で治るって本当?知っておきたい「多焦点眼内レンズ」の効果とは
老眼

【眼科医監修】老眼が白内障手術で治るって本当?知っておきたい「多焦点眼内レンズ」の効果とは

【眼科医監修】老眼が白内障手術で治るって本当?知っておきたい「多焦点眼内レンズ」の効果とは

目に起こる老化現象の代表格である、老眼。早い方では30代から症状が現れ始め、40〜50代にもなれば、ほとんどの方が「手元のものがよく見えない」などの悩みを実感するようになります。

そんな老眼は、あくまで老化であって病気ではありません。そのため多くの方が、不便さを感じながらも諦めてしまっているもの。しかし、実は老眼の悩みを解消できる手術があるのだとか……?教えてくれたのは、眼科医の川原先生です。

身近な目のトラブル、老眼。症状と原因をおさらい!

手元の文字を読もうとしたらぼやけてしまい、思わず目から離してしまった……これは、老眼の方によく見られる仕草ですよね。

老眼の主な症状としては、近くのものにピントが合わなくなることが挙げられます。また、近くを見ている状態から遠くに、もしくはその逆に遠くから近くに視線を移したとき、なかなかピントを合わせられないのも老眼の症状。つまり、“老眼=ピント調整機能の衰え”といえます。

その原因は、ピント調節機能を担う水晶体毛様体筋という組織が、老化によってうまく働かなくなるため。

水晶体はカメラのレンズのような役割を果たす組織で、厚くなったり薄くなったりと形を変えて、見たいものにピントを合わせています。しかし、年齢を重ねると、その柔軟性が徐々に失われていくのです。

一方の毛様体筋は、水晶体の動きをサポートする筋肉。これも老化によって働きが悪くなっていきます。この2つの組織の衰えにより、老眼の症状が現れるのです。

今日からできる&自分でできる老眼対策とは?

老眼は誰でもいずれはなるものとはいえ、一日でも長く正常な視力をキープしたいものですよね。そのためには、以下のような対策が有効です。

目に過度の負担をかけない

何時間もスマホやパソコンを見ていると、水晶体と毛様体筋が緊張した状態が続き、柔軟性が失われる原因に。デスクワークや勉強、読書などをするときは、60〜90分に1度は10分程度の休憩を必ずとり、目に過度の負担をかけないようにしましょう。

なお、休憩中は遠くと近くの両方を交互に見て、ピントを動かすようにしてあげるのがおすすめです。

目にいいとされる栄養素を摂取する

強い抗酸化作用をもつルテインやアスタキサンチン、筋肉の疲れに効くビタミンB1など、目にいい栄養素を積極的に摂取するのもいいでしょう。日常的に摂取するには、サプリメントで取り入れると無理がありません。

目に入る紫外線をカットする

水晶体の柔軟性が失われる原因のひとつに、紫外線を多量に浴びることがあるといわれています。日差しが強い季節や、屋外で長時間過ごすときなどは、UVカット機能のついたサングラスで紫外線対策をするといいでしょう。

上記のような対策は、老眼を遅らせるためには有効な方法ですが、老眼を解消する手立てではありません。すでに老眼の症状が見られる方が、老眼鏡のいらない生活を取り戻すには、冒頭でお話した“手術による治療”が効果的といわれています。

老眼を解消する「多焦点眼内レンズ」の移植手術

老眼と同じく、年齢を重ねるとほとんどの方が経験するのが、白内障の手術です。

白内障とは、水晶体が白く濁ってしまう病気。濁りがひどくなると視力に影響が出るので、水晶体を取り除いて代わりに人工のレンズを入れる手術をしなくてはなりません。

このとき、通常の人工レンズではなく「多焦点眼内レンズ」を入れると、老眼の症状を解消することができるのです。

多焦点眼内レンズとは、その名のとおりさまざまな距離に焦点(ピント)が合うように作られたレンズです。これを目の中に入れることで、老眼鏡をかけなくても、手元も遠くも見えるようになります。

ただし、読書など長時間にわたって手元を見続ける作業をするときは、老眼鏡をかけたほうがいい場合があります。とはいえ、基本的には老眼鏡なしで生活できるとなれば、ストレスは間違いなく軽減されるでしょう。

デメリットとしては、保険適用外の治療になるため、費用が高額になることが挙げられます。病院によって価格は異なりますが、両目で70万~100万円程度は必要になると考えておいたほうがいいでしょう。

情報のインプットのほとんどを視力に頼っている現代人にとって、ものが見えづらくなることは、想像以上にストレスになるもの。

日頃からできるだけ目をケアしてあげることはもちろん、自分に合った老眼鏡を使い、さらに必要に応じて多焦点眼内レンズの移植手術を検討するなどして、年齢を重ねても生活のクオリティーを維持していけるようにしたいですね。

▼老眼に関するその他の記事はコチラ!
目の老化について(ロート製薬 商品情報サイト)
老眼に効くサプリメントってあるの?効果のほどは?眼科医が教える老眼予防・症状緩和のためのインナーケア
近視の人は老眼になりにくい、老眼鏡がいらないって本当?近視と老眼の関係とリスクを眼科医が教えます
【眼科医監修】老眼かどうかは近点チェックで簡単にセルフ診断できる!
【眼科医監修】夕方になると目がかすむ、ぼやける……若い世代に急増する“夕方老眼”を防ぐには
【眼科医監修】目の体操やトレーニングは逆効果?目の疲れを改善&老眼を予防したいならこれをやれ!

文/中島香菜
 » 【眼科医監修】老眼が白内障手術で治るって本当?知っておきたい「多焦点眼内レンズ」の効果とは

医学博士、川原眼科院長川原 周平先生

モットーは「常に最新、最良の眼科医療をアップデートし提供し続けること」。毎朝、コーヒー豆を挽いてじっくり抽出して飲むのが日課。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ