• HOME
  • 専門家
  • 《医師監修》人相が変わってしまうことも……目の内側の脂肪がポコッと飛び出す『眼窩脂肪ヘルニア』とは
目の病気

《医師監修》人相が変わってしまうことも……目の内側の脂肪がポコッと飛び出す『眼窩脂肪ヘルニア』とは

《医師監修》人相が変わってしまうことも……目の内側の脂肪がポコッと飛び出す『眼窩脂肪ヘルニア』とは

みなさんは、『眼窩脂肪ヘルニア』という目の病気をご存知でしょうか?

眼窩脂肪ヘルニアとは、目の内側の脂肪がふくれて飛び出してくる病気。基本的に健康被害はありませんが、人相が変わるなど見た目が悪くなったり、大きくなると目を動かす際に邪魔になったりします。

今回はそんな眼窩脂肪ヘルニアについて、発症する原因や治療法などを、眼科医の岡野先生に教えていただきました。

眼窩脂肪ヘルニアとは?目の下のたるみにつながることも

眼窩脂肪ヘルニア_02

眼窩脂肪ヘルニアとは、先述のとおり目の内側の脂肪が盛り上がってふくれてくる病気です。

脂肪を支えている靭帯がゆるむことが原因で、そのすき間から焼き餅がふくれるように脂肪が飛び出すのです。靭帯のゆるみは加齢によって起こるので、中年~高齢者に多く見られます。

また、脂肪量が多いほうが発症しやすいため、肥満体型の方もなりやすいといわれています。

できる場所は、主に目の上の外側。ただし下にできることもあり、そうなると目の下のたるみにもつながります。

大きさによっては、目の形が変わって人相が悪くなってしまうことも……健康被害はないとはいえ、場合によっては治療が必要になることがある病気なのです。

眼窩脂肪ヘルニアはどうやって治療するの?

眼窩脂肪ヘルニア_03

眼窩脂肪ヘルニアの基本的な治療は、外に飛び出た脂肪を靭帯の中に押し戻し、靭帯を縫い合わせて閉じるというもの。脂肪量が著しく多い場合を除いては、この方法で元に戻すことが可能です。

ただし、脂肪の量が多くていくら押し込んでも入り切らない場合は、レーザーで切って脂肪を吸引します。

これらの処置は眼科でも受けられますが、美容皮膚科でも対応しているところは多くあります。通いやすさや金額などを考慮して、自分に合った医院を選んでください。

眼窩脂肪ヘルニアは「悪性リンパ腫=がん」と間違えられることも……

眼窩脂肪ヘルニア_04

先述のとおり、眼窩脂肪ヘルニアは基本的に健康被害がない病気です。見た目を害することはあっても、放っておくと失明につながるなどといったことはありません。

しかし、眼窩脂肪ヘルニアは悪性リンパ腫、つまりがんと間違えられることがあります。悪性リンパ腫だった場合、早く治療しないと転移してしまう可能性があり、最悪の場合死に至ります。

見極めるポイントは、「動き」「色」です。眼窩脂肪ヘルニアはその周囲を指で押すと動きますが、悪性リンパ腫は動きません。また、眼窩脂肪ヘルニアは薄い黄色ですが、悪性リンパ腫はサーモンピンク色をしています。

「セルフチェックでは不安」という方は、ぜひ一度眼科の先生に相談してみてくださいね。

眼窩脂肪ヘルニアの治療は、基本的にはそれほど大がかりなものではありません。切除せずに元に戻せることも多いので、「見た目が気になるけれど治療が怖い」という方も、まずは眼科で相談してみてはいかがでしょうか?

▼岡野先生が監修するそのほかの記事はコチラ!
目に突然の痛み!でも、鏡を見ても異常なし……外傷や腫れがないのに目やその周りが痛む原因とは?
【妊婦さん必見】お母さんになるなら知っておきたい!出産前後に起こる目の変化&出産前にできる目のための準備
黒目が腐ってしまうことも!?コンタクトレンズの使用期限を守らないことの危険性とは
粘膜にできる小さなできもの『マイボーム腺梗塞』その原因と対策を眼科医が徹底解説!
メガネをかけている人は白内障になりやすいって本当?強度近視とさまざまな目の病気の深い関係とは

▼気になるその他の目の病気についてはこちら
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
目のトラブルについて~白内障~(ロート製薬 商品情報サイト)

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ