• HOME
  • 専門家
  • 《専門家監修》気づいたら背中が丸まっていない? 『猫背』をシャキッと治す方法~後編~
読み物

《専門家監修》気づいたら背中が丸まっていない? 『猫背』をシャキッと治す方法~後編~

《専門家監修》気づいたら背中が丸まっていない? 『猫背』をシャキッと治す方法~後編~

見た目の悪さだけでなく、体にさまざまな悪影響を及ぼすことがわかっている『猫背』の姿勢。

前編では体のしくみに詳しいカイロプラクター・檜垣暁子先生に猫背の原因について教えてもらいましたが、今回はそれを改善するための方法を伝授してもらいましたよ!

▼前編はコチラ!
気づいたら背中が丸まっていない? 『猫背』をシャキッと治す方法~前編~

今すぐにでも直しておきたい、5つの生活習慣

前回の記事では、猫背の原因は筋肉の低下と生活習慣にあるということをお伝えしました。そこで今回は、直しておきたい生活習慣について詳しく解説していきたいと思います。

1.なるべく全身的な運動を行う(運動の偏りや運動不足解消)

コリが強いと思われる部分のストレッチはしていても、全身を動かすことはあまりない、という人も少なくありません。

部分的なエクササイズのほかに、姿勢を保持するためにいつのまにか酷使されている全身の筋肉へも刺激を入れ、血流回復を図りたいところです。

2.同じ姿勢は避ける

デスクワーク、スマホの使用、育児や家事などの一連の動作は、同じ姿勢や同じ動作の反復が非常に多くなります。つまり同じ筋肉をくりかえし使っている、ということになるのですが、これらによる筋疲労は猫背姿勢をつくりやすいのです。

3.目の疲労をやわらげる(パソコンやスマホの使いすぎに注意)

目を酷使する生活が当たり前になり、その疲れに気づかない人も多くいます。

目の酷使から自律神経系の乱れが改善しにくいという悪循環に陥るケースがあるため、目の疲労はそのつど解消しておくことが理想的です。
これは自律神経の乱れにより、筋肉が緊張しがちになるため、猫背姿勢を起こしやすくなると考えられるためです。

▼こちらの関連記事もチェック!
自律神経系の機能不全でドライアイと肩こりが同時に起こる!?2つに共通する対策法とは!

4.座り姿勢に要注意

イスやソファに座る際、その姿勢に注意しましょう。ソファのデザインにより座面の角度が異なり、座ると背中が丸くなってしまうものもあります。

「座らない」ということは難しいと思いますので、クッションを背中に当てたり、こまめに立ったりなどして、なるべく一定の姿勢で過ごす時間を減らすようにしましょう。

5.睡眠不足を解消(睡眠の質も高めたい)

快適な睡眠環境で、体を横にして目を閉じることはとても大切です。猫背姿勢で疲労した筋肉をやすめるためには、体をきちんと布団で横にすること。

そして、自律神経系の安定を取り戻し、猫背姿勢のもととなる筋緊張を和らげるには、静かで暗い部屋で、気持ちが落ち着いた状態で入眠することがポイントです。

また、睡眠中は視覚的情報を遮断し脳を休める大切な時間でもあります。疲労回復のためにも、睡眠時間もしっかり確保しましょう。

猫背を矯正させるセルフストレッチ

生活習慣を改めることができたら、次はどこでも簡単にできる、猫背改善ストレッチに挑戦してみてください。

★指つかみ体操★

1.背中の後ろで、左右の手の親指を立て、背骨に沿わせます。
2.左の親指を右手で握ります。続いて右手の親指を左手で握ります。

猫背矯正_02猫背矯正_03

3.可能な位置まで2の動きを繰り返したら、最後に深呼吸を。このとき両肘を少し後ろへ引いて胸を広げるようにします。

猫背矯正_04

★壁つたい体操★

1.壁の前に立ち両手を肩幅の位置につきます。

猫背矯正_05

2.指先をトコトコ壁に這わせていきます。

猫背矯正_06

3.限界のところで、深呼吸をします

※同様に、横向きでも行います

猫背矯正_07猫背矯正_08

猫背が慢性化してしまうと、体に思わぬ不調を招くこともあります。姿勢をシャキッと正すよう、日頃から注意していきたいですね!

▼目の疲れにはこちらもチェック!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

文/まるよしみすず
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ