• HOME
  • 専門家
  • 《医師監修》「年をとると涙腺がゆるむ」って本当!? もしかしたらそれ、『涙目』の症状かも!
目の病気

《医師監修》「年をとると涙腺がゆるむ」って本当!? もしかしたらそれ、『涙目』の症状かも!

《医師監修》「年をとると涙腺がゆるむ」って本当!? もしかしたらそれ、『涙目』の症状かも!

「年をとると、涙腺がゆるくなってねぇ」——。
ドラマでも、日常生活でもお馴染みのフレーズ。

ですがこれ、医学的に証明できるのでしょうか?
眼科医・岡野先生に尋ねたところ、見えてきたのは、ひと口には語れない涙のメカニズム。
さらにデスクワーカーを悩ませる、『涙目』という症状まで見えてきました!

眼科医の見地からズバッと斬る!「年をとると涙腺がゆるむ」はウソ

単刀直入に言いましょう。
「年をとると涙腺がゆるむ」——。それは、あり得ません。
医学的な話をすれば、そもそも涙腺には、「ゆるむ」という表現が見合う、蛇口のような器官が存在しないからです。

合わせて、人間の肌を例に考えてみましょう。
肌は加齢によって水分の分泌量が少なくなり、カサつきを感じ始めます。
涙を分泌する器官である涙腺も同様、年を追うごとに機能が低下し、分泌量が減っていきます。
つまり「年をとると涙腺がゆるむ」=「年をとると涙がよく出る」とは正反対、眼科医の見地からすると、むしろ「年をとると涙が出づらくなる」というほうが正しいのです。

しかし「年をとると涙がよく出る」と感じるのは、間違いではありません。
なぜ、涙腺の状態とは正反対、矛盾とも言える感覚に見舞われるのか?
それを知るには、そもそも「涙」とは何なのかを知る必要があります。

加齢で「脂」が減少!それでも目を守ろうと「塩水」が過剰分泌される

namidame_02

涙は主に「塩水・脂・タンパク質」の3つで成り立っています。
私たちは「涙」と聞くと、さらさらととろみのない液体を思い浮かべますが、これは「塩水」の割合が多い状態。
しかし塩水ばかりでは、空気に触れるとすぐに乾いてしまい、目を守るには物足りません。
目は、涙に含まれた「脂」によって乾燥から守られ、「タンパク質」によって栄養が届けられるのです。

3つのうち、加齢とともに特に減少するのが「脂」。
脂が不足した涙では、目を乾燥から守るには不十分のため、それをどうにか補おうと、体はひたすら「塩水」を分泌させようと躍起になります。

程よくタンパク質(ムチン)や脂を含んだ「とろっとした涙」と、塩水のみの「さらさらとした涙」。
前者は粘度によって、まぶたの内側にとどまりますが、後者は目からこぼれ落ちるため、「涙が出ている」と認識しやすくなります。
加齢によって涙全体の分泌量は減少しているものの、「さらさらとした涙」が分泌される割合が増えるため、「年をとると涙が出やすくなる」と勘違いをしているのです。

孫の成長に号泣!さらさらとした涙は、感情の高ぶりで分泌される!?

namidame_03

出典:ヘルスケア倶楽部−目の健康

この勘違いを引き起こすには、もうひとつの要因があります。
実は、「塩水」と「脂」では分泌される器官が異なり、「脂」の減少に乗じて、「塩水」が躍起に分泌される器官は、感情に左右される側面が大きいからです。

「塩水」は「涙腺」から、「脂」は「マイボーム腺」から分泌されますが、前者は、感情をコントロールする脳の器官「前頭前野」と深い関わりを持ちます。
感動的な場面に出会ったとき、また悲しい場面に遭遇したとき、前頭前野が涙腺を刺激。
加齢とともにさまざまな経験を積めば、その分、感情が豊かになるため、ちょっとしたことでつい涙…という状況を生み出しているのでしょう。

加齢だけじゃない!「脂」を補う「塩水」の過剰分泌は「涙目」の症状

一方、「脂」が分泌される「マイボーム腺」は、まつげの生え際に沿うように存在し、パチパチとまばたきをすることで機能します。
まばたきによって、ポンプのように押し出されてくるのです。

つまり正常にまばたきができていないと、涙に含まれる「脂」の量が減り、目が乾燥しやすくなります。
すると先に説明したように、「塩水」が多く分泌され始める。
「妙に涙がよく出るなぁ」と感じたら、これは『涙目』という症状です。

となれば、「年をとったから…」と放っておいてはいけません。
『涙目』とは言わば、ドライアイの発症を告げるシグナルです。

『涙目』は、加齢に関わらず発症します。
とりわけ、仕事に集中を強いられるデスクワーカーは要注意。あまりに集中が続くと、まばたきを忘れてしまうことがあります。
正常にまばたきができる=正常に「脂」が分泌される環境をつくるため、パソコンと目の距離を調整したり、適度に休憩をとったりなどの対策が必要です。
それでも、あまりに涙が出るようなら、アレルギーや逆さまつげなどの要因も考えられるので、早めに眼科を受診しましょう。

▼「最近涙が出やすくなった」と感じる方は、こちらもどうぞ!
目のトラブルについて~なみだ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

目のテストに挑戦!

下記のカラーチャートに何種類の色が使われているか、あなたは見分けることができますか?

tetrachromacy2_02
答えはこちら!!

見えた色の数によってはもしかしたら、あなたは「4色型色覚者」かもしれません!

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

目の病気

【眼科医監修】白目が突然ぶよぶよに!?結膜がむくむ“結膜浮腫”の原因と対処法まとめ

【眼科医監修】白目が突然ぶよぶよに!?結膜がむくむ“結膜浮腫”の原因と対処法まとめ

目に違和感を覚えて鏡を見たら、白目全体がふくらんでぶよぶよしている……そんな経験はありませんか?実はそれ、結膜浮腫(けつまくふしゅ)という結膜炎の一種。

見た目のインパクトが大きく、「重篤な病気にかかったのでは?」と心配になるかと思いますが、意外と身近な目の病気なんです。

今回はそんな結膜浮腫について、原因対処法を眼科医の岡野先生に教えてもらいました。

白目がぶよぶよになる“結膜浮腫”ってどんな病気?

結膜浮腫とは、結膜(白目の表面を覆っている透明で薄い膜)の内側に水がたまり、文字どおりむくんでしまう状態を指します。

むくみの程度は、よく見るとわかる程度の軽いものから、まばたきするたびに違和感を覚えるほど水がたまってしまうものまでさまざまです。かゆみや充血をともなうケースも多く見られます。

そんな結膜浮腫の主な原因は、アレルギー性結膜炎。花粉やハウスダストなどへの反応や、コンタクトレンズの不適切な使用によってアレルギー性結膜炎を引き起こすと、多くの方が目をかいてしまいます。

目をかくとさらにアレルギー反応が起こり、『ヒスタミン』と呼ばれる物質が放出されます。ヒスタミンが放出されると血管の壁が緩み、血管内の水分が壁の外へ漏れて、むくみ、つまり浮腫が発生するのです。

この現象が白目で起こった場合、白目がぶよぶよになってしまう結膜浮腫となります。ちなみに、同様のアレルギー反応が皮膚で起こった場合は、血管内の水分が外に漏れる影響で、皮膚がみみず腫れのようになります。

最近では、金属を含むカラーコンタクトレンズを装着することによって、目に金属アレルギーを引き起こす方も多いそう。岡野先生も、次のように注意を促しています。

「近年はインターネットを使って海外からも購入できるようになったこともあり、品質の悪いカラーコンタクトレンズで目を傷つけてしまう方が多く見られます。眼科医としてはカラコンの常用はあまりおすすめできませんが、どうしても使いたい場合は、せめて信頼できるメーカーのものを選ぶようにしてほしいですね」。

結膜浮腫と間違いやすい病気に注意!

そんな結膜浮腫は、インパクトのある見た目とは裏腹に、治療が必要ないケースも多くあります。時間の経過とともに自然にむくみが引けば、通院する必要はないでしょう。

しかし、岡野先生は次のように注意を促します。

「結膜浮腫は、重症でなければ病院で治療を受けなくても治ることが多いものですが、“結膜浮腫に似た病気”だった場合は話が違います。具体的には、白目の部分に水ぶくれができる結膜リンパ嚢胞リンパ管拡張症が挙げられるでしょう。この場合、放っておいても治りませんし、手術による切除が必要になることもあります。白目全体がむくむのではなく、局所的にふくらんでいたら、眼科を受診するようにしてください」。

結膜浮腫になったときの対処法は?

結膜浮腫になったときの対処法について、岡野先生は以下のように教えてくれました。

「結膜浮腫になったら、まずは目を触らないことが大切です。それから、体を温めて血流をよくしてあげることも効果的ですよ。ホットタオルを目元に当てたり、入浴時に肩まで湯船に浸かったりするといいでしょう。先にも説明したとおり、結膜浮腫はむくみです。目に限らず、むくみの改善には血流改善が一番ですからね」。

なお、上記の方法を試しても症状が改善しない場合は、点眼薬を使って治療することになります。1日様子を見てもよくならなければ、眼科にかかるようにしてください。

ここまで見てきたとおり、結膜浮腫は身近な病気であり、かつ特別な治療が必要なものではありません。

もしあなたの目で起こっても、「白目がぶよぶよになった!」と慌てずに、まずは体を温めるなどの対策を講じてみましょう。そして、冷静になって症状の変化を確認し、適切な対応をしてくださいね。

▼岡野先生が監修するそのほかの記事はコチラ!
【眼科医監修】その吐き気、原因は目にあるかも?眼精疲労で吐き気をもよおす理由とその対処法
【眼科医監修】子どもが目にケガをした!よくあるケガの種類と応急処置&対処法のポイント
《眼科医監修》メガネやコンタクトの度数、ちゃんと合ってる?今すぐできるチェック方法と度数調整のポイント
天気が悪いと視力が落ちるってホント?メガネやコンタクトレンズの調整は梅雨前がおすすめ
【医師監修】あの大人気アイドルも絶賛!話題の視力矯正治療『ICL』ってどんなもの?

▼結膜炎についてはこちらもチェック!
目のトラブルについて~結膜炎~(ロート製薬 商品情報サイト)

<参考>
突然白目がブヨブヨに!眼科医が結膜浮腫の原因と対処法を教えます|eo健康
https://eonet.jp/health/article/_4101188.html

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ