• HOME
  • 専門家
  • 《医師監修》スマホの使いすぎで進行する!?目が内側にズレてしまう『急性内斜視』ってどんな病気?
目の病気

《医師監修》スマホの使いすぎで進行する!?目が内側にズレてしまう『急性内斜視』ってどんな病気?

《医師監修》スマホの使いすぎで進行する!?目が内側にズレてしまう『急性内斜視』ってどんな病気?

みなさんは、急性内斜視という目の異常をご存知でしょうか?急性内斜視とは、目が内側にズレてしまう病気のこと。わかりやすくいえば、寄り目のような状態になってしまうのです(片目だけに症状が出た場合は、もう一方の目はまっすぐ前を向きます)。

実はこの急性内斜視、スマホの使いすぎをはじめ、目に負荷をかけることが引き金になるのだとか……。

今回はそんな急性内斜視の原因や治療・予防方法について、眼科医の岡野先生に教えていただきました。

急性内斜視ってどんな目の病気?どうやって治療するの?

急性内斜視_02

急性内斜視とは、先にも触れたとおり、目が内側にズレてしまう病気のことです。そのほかに、ものが2つに見えるようになるなどの症状も見られます。

治療方法は、内斜視の程度によって変わります。軽度の場合はメガネやコンタクトレンズの度数を変えることで矯正できますが、重度の場合は手術を受けて、目の位置を決めている筋肉の位置を変え、まっすぐ前を向くように調整しなければなりません。

経過を見て適正な術後ケアをしなくてはならなかったり、そもそも手術ができる病院が少なかったりといったことから、目の手術の中では比較的難しいものとされています。

スマホの使いすぎが急性内斜視の原因になる?

急性内斜視_03

岡野先生によると、急性内斜視になる原因は未だにはっきりとわかっていないそうです。

ただし、もともと内斜位(意識的に何かを見ていないときは目の位置がズレる)の方は片目に負荷がかかっていることが多く、そこにさらなる負荷がかかると急性内斜視になることがあるとのこと。その「さらなる負荷」が、スマホやパソコンなどのデジタル機器の使いすぎをはじめとした、目の酷使なのです。

つまり、スマホを使いすぎたからといって必ず急性内斜視になるわけではありませんが、引き金には十分になり得るといえます。

▼斜位について詳しく知りたい方はこちらをチェック!
あなたの目、本当はどっちを向いている?体の不調の原因にもなる「隠れ斜視」とは

定期的な通院や生活習慣の改善を心がけて

急性内斜視_04

急性内斜視を予防するためにできることとしては、定期的な眼科への通院と、生活習慣の改善が挙げられます。

適切な頻度でメガネやコンタクトレンズの度数をチェックし、常に自分の目に合ったものを使うこと。スマホを長時間使用したらしっかりと休息をとり、目にかかる負荷を最小限に抑えること。そういった小さな積み重ねが、急性内斜視を防ぐのです。

岡野先生は、次のようにアドバイスしてくれました。

「特に目に異常がなくても、1年に一度は眼科で検診を受ける。目を使う作業をするときは、90分に一度は15分程度の休憩をとる。こういったことを徹底すれば、急性内斜視だけでなく、さまざまな目の異常を未然に防ぎやすくなるはずですよ」。

まだまだ謎に包まれた目の病気である、急性内斜視。とはいえ、自分にできる範囲の対策をしておくことはとても大切です。急性内斜視に限らず、大きな目の病気にかからないよう、ぜひこの機会に生活習慣や検診頻度を見直してみてくださいね。

▼岡野先生が監修しているそのほかの記事はコチラ!
目に突然の痛み!でも、鏡を見ても異常なし……外傷や腫れがないのに目やその周りが痛む原因とは?
【妊婦さん必見】お母さんになるなら知っておきたい!出産前後に起こる目の変化&出産前にできる目のための準備
黒目が腐ってしまうことも!?コンタクトレンズの使用期限を守らないことの危険性とは
粘膜にできる小さなできもの『マイボーム腺梗塞』その原因と対策を眼科医が徹底解説!

▼目を酷使している方は要注意!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

<参考>
斜視手術|当院で受けられる手術・治療|多根記念眼科病院
http://www.tanemem.com/chiryo/other/shashi/index.html

文/中島香菜
みんなに質問!目のこと教えて☆
Q1 / 5

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

Loading ... Loading ...
Q2 / 5

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q3 / 5

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

Loading ... Loading ...
Q4 / 5

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
Q5 / 5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

Loading ... Loading ...
結果
Q1

平日、パソコンを利用している時間はどれくらいですか?

  • 1時間未満
    3%
  • 1~2時間未満
    5%
  • 2~4時間未満
    10%
  • 4~6時間未満
    15%
  • 6~8時間未満
    22%
  • 8時間以上
    42%
  • 平日は利用しない
    3%
Loading ... Loading ...
Q2

デジタル時代、デスクワークで一番疲労を感じる部位は「目」だということをご存知でしたか?

  • はい
    78%
  • いいえ
    22%
Loading ... Loading ...
Q3

ブルーライトを発するデジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)で、目が疲れたり、炎症を起こしたりする「デジアイ症候群」をご存知ですか?

  • はい
    38%
  • いいえ
    62%
Loading ... Loading ...
Q4

(デジタル機器(スマホ、PC、ゲーム、テレビなど)を使うことによる疲れ目)「デジアイ症候群」の原因の1つであるブルーライトは、目の中の四方八方へ飛び散ることで、目のピント調節筋を疲れさせてしまうことをご存知でしたか?

  • はい
    27%
  • いいえ
    73%
Loading ... Loading ...
Q5

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究して生まれた、PC・スマホのブルーライトなどによる目の疲れ、炎症に効く目薬として「ロートデジアイ」があることをご存知でしたか?

  • はい
    20%
  • いいえ
    80%
Loading ... Loading ...

パソコンやスマホからのブルーライトダメージにはこれ!

\パソコン仕事の疲れ目におすすめの目薬/
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
デジタル時代の瞳を癒す黄色い一滴、『ロート デジアイ』
日中はパソコンやスマホ、夜はテレビやゲーム…1日中デジタル機器に囲まれる私たちは、画面から放出される「ブルーライト」によって目に疲労が蓄積しています。そんな「デジアイ症候群」対策の目薬を試してみませんか?

※質問や結果がうまく表示されない場合は、ページを更新してください。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ