• HOME
  • 専門家
  • 《医師監修》海中で目を開けても痛くないのはナゼ!?夏の瞳にまつわるトリビア&トラブル
トリビア

《医師監修》海中で目を開けても痛くないのはナゼ!?
夏の瞳にまつわるトリビア&トラブル

《医師監修》海中で目を開けても痛くないのはナゼ!?<br>夏の瞳にまつわるトリビア&トラブル

梅雨明け宣言が列島を駆け巡り、いよいよ、夏も本番!家族旅行や週末のプールなど、レジャーが楽しい季節です。そこで今回は、夏の瞳にフォーカス。

夏にまつわる瞳のトリビアから、夏のレジャーで気を付けたい、目のトラブルや対処法まで、目のことなら何でもござれ、眼科医・岡野先生に教えていただきました!

涙の味を思えば納得!塩水の海中で目を開けていられるワケ

Leisure_02

「傷口に塩を塗る」という表現があります。ことわざとしてだけでなく、傷口に塩を塗ろうものなら、痛くて仕方ありません。
しかし、目は複雑で繊細な器官であることから、塩の刺激にも弱いように思えますが、塩水である海水のなかでは、取り立てて痛みを感じることなく、目を開けることができます。

なぜ、海水のなかで、目を開けていられるのか?
その理由は、涙の味を思えば納得できます。涙が口に入るとしょっぱいですよね?

そう、海水ほどの濃度ではないものの、目を覆っている涙にも塩分が含まれているため、塩水である海中でも、さしたる痛みを感じることなく、目を開けていられるのです。

こちらも答えは単純!バーベキューの煙が目にしみるのはナゼ?

Leisure_03

次にバーベキューや花火にまつわる、簡単な豆知識を一つ。
もくもくと立ち上がる煙が目に入ると「痛い!」。レジャーシーンで、お馴染みの一コマです。

海中で目が開けられるのと同様、煙が目にしみるワケも、とっても単純。
文字通り、つかみ所のない煙を見ると、つい、空気と同列に気体と考えてしまいがちですが、煙は、何らかの物体を燃やすことで発生するもの。バーベキューであれば炭だったり、花火であれば火薬の成分だったり、非常に微細ではあるものの、固形物が混じっています。
固形物を含んだ煙が目に入れば、それはもう、ゴミが目に入ったのと同然。しみる、痛いとなるのです。

ただし痛みは、一時的なもの。痛みと同時に分泌された涙が、ゴミを流してくれます。
花火の火花が目に入ったなんて事態でない限り、常識の範疇で、楽しんでいる以上、大事に至ることはないので、ご安心を。

海でもバーベキューでも!屋外なら、どこでも起こりうる『夏目』

Leisure_04

さて、ここまでちょっとした小ネタをお話ししましたが、大切なのはここから。
夏のレジャーで起こりやすい、目のトラブルについてお話しします。

まず、海でもプールでもバーベキューでも、あらゆるシーンで気を付けたいのが『夏目』。
『海目』や『山目』と呼ばれることもありますが、いずれのフレーズに聞き覚えがなくとも、『雪目』ならご存じの方も多いのではないでしょうか。
快晴のゲレンデで、白銀の雪に反射した日差しを目に受け、目が炎症を起こす疾患です。

『夏目』は、これのサマーバージョン。
ゲレンデでは反射によって、日差しを強く受けることになりますが、もともと日差しの強い夏においては、太陽の下に長時間いるだけで、目が日に焼けてしまい、炎症を起こす危険性が高いのです。

『夏目』になると目が真っ赤に充血。ときには「痛くて目が開けられない!」と、眼科を受診される方もいますが、症状を引き起こしているのは、日差しに含まれる紫外線。
紫外線にはエネルギーの強いA波と、そこまで強くないB波がありますが、炎症を引き起こすのはB波のほう。
エネルギーが弱いことから目の内部に潜入せず、表面に停滞するので、目の組織の中で最も外側にある「角膜」を傷つけるのです。

『夏目』を回避するには目に直接、紫外線を受けないよう、サングラスを装着すること。
UVカットが施されていなくても、レンズそのものが光を反射してくれるので、メガネを装着するだけでも、受けるエネルギーを軽減することができます。

日差しがないからって油断は禁物!夜のレジャーでも要注意

Leisure_05
出典:You Tube−NEW! – Flowtron Electronic Insect Killer Hands-On Test and Review

さらに意外な落とし穴となるのが、キャンプやナイタースポーツといった、夜のレジャー。
「日差しがないのになぜ?」と、不思議に思われるかも知れませんが、レジャー施設に設置された「殺虫灯」が、『夏目』に似た症状を引き起こします。

虫は、光に集まる習性を持っていますが、虫が感知しているのは紫外線。
そのため「殺虫灯」から発される光は紫外線を多く含んでおり、うっかり、光源の近くで長時間の作業をしてしまうと、目の健康が害されるというわけです。

目だけを防御してもダメ!夏の『結膜炎』は、手洗いうがいで防止

Leisure_06

もう一つ、夏に増える疾患が『結膜炎』です。
黒目の表面を覆っている粘膜、「結膜」が炎症を起こすことを指しますが、原因はアレルギーだったり、細菌だったり、ウイルスだったりとさまざま。
『結膜炎』にかかると目が充血したり、涙や目やにが増えたり、まぶたが腫れたり、さらに目だけの症状に止まらず、発熱することもあります。

とくに夏の多いのが『はやり目』と呼ばれる、『ウイルス性結膜炎』。
ウイルスは生物へ生物へと宿主を探して感染していきますが、プールや温泉といったレジャーの定番は、格好の伝染場所です。
空気中に浮遊しているウイルスなら、乾燥によって60時間程度で死滅するものの、乾燥とは無縁の水中ではウイルスが死なず、浮遊し続けているからです。

『ウイルス性結膜炎』は、口から感染したり、ちょっとした傷から感染したりと、目だけを防御しても防げないのが厄介ですが、それでも水中メガネやゴーグルは、装着するに越したことはありません。
また手洗いうがいはしっかりと、夏バテに負けず、しっかり体力を維持することも大切です。

目のテストに挑戦!

下記のカラーチャートに何種類の色が使われているか、あなたは見分けることができますか?

tetrachromacy2_02
答えはこちら!!

見えた色の数によってはもしかしたら、あなたは「4色型色覚者」かもしれません!

取材・文/大谷享子
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ