• HOME
  • 専門家
  • 《医師監修》健やかに春を迎えるために……知っておきたい「冬に起こる目のトラブル」あれこれ
アイケア

《医師監修》健やかに春を迎えるために……知っておきたい「冬に起こる目のトラブル」あれこれ

《医師監修》健やかに春を迎えるために……知っておきたい「冬に起こる目のトラブル」あれこれ

冬になって寒さが厳しくなると、多くの方が風邪やインフルエンザを警戒するようになりますよね。しかし、冬がもたらす体の不調はそれだけではありません。目にもさまざまなトラブルが起きやすくなるのです。

そこで今回は、私たちの目を襲う「冬ならではのトラブル」について、眼科医の岡野先生にお話を伺いました。

「冬のイベント」でよく見られる目のトラブル

冬のイベントには、実は目のトラブルの原因がたくさん潜んでいます。シーン別に気をつけるべきポイントを見ていきましょう。

1.クリスマスや初詣のときは睡眠不足に要注意!イベントメイクにも気をつけて

冬の目のトラブル_2

クリスマスやカウントダウンパーティー、初詣、忘年会に新年会……冬は楽しいイベントがたくさんありますよね。そんなパーティーシーズンは、どうしても夜更かしをしてしまいがち。「夜通し遊んでしまった」などという経験がある方も少なくないでしょう。

睡眠不足が続くと、私たちの目は乾きがちになり、いわゆる『ドライアイ』の状態になります。これが引き金になり、やがては眼精疲労や視力低下につながるのです。

特にコンタクトの方は、レンズが涙を吸収してしまうなどの理由から、裸眼や眼鏡の方に比べて目が乾きやすい傾向にあるため、注意が必要です。

また、女性の中には、イベントメイクでまつ毛エクステをつける方も多いでしょう。まつ毛エクステは、装着から時間が経ったり、何かに接触したりして人工まつ毛の向きが乱れることで、目を傷つける可能性があります。これに睡眠不足が重なるとまぶたがむくみ、その重みでまつ毛が圧迫されて、目に入るリスクが上昇するのです。

イベントを楽しむのはいいことですが、目への配慮も忘れないようにしましょう。こまめに目薬をさしたり、メイクの状態をチェックしたりするよう心がけてください。

▼対策方法はこちらをチェック!
【冬のドライアイ対策5選】放っておくと危険!冬こそ本気でケアしよう
女性の瞳は汚れでいっぱい!?目のクレンジングでキレイを目指そう

2.大掃除ではアルカリ性洗剤とサビに要注意

冬の目のトラブル_3

1年の汚れをごっそり落とす、大掃除。これもまた、気持ちよく新年を迎えるために欠かせない恒例行事です。しかし、そんな大掃除にも多くの危険が潜んでいます。

最も多いトラブルは、「洗剤が目に入ってしまった」というものです。大掃除となれば、普段は使わない洗浄力の強い洗剤を使うこともあるはず。中でも特に注意したいのは、目にとって刺激が非常に大きい「アルカリ性洗剤」です。

アルカリ性洗剤が目に入ると、すぐには問題が見られなくても、翌日になって腫れてきたり、角膜に障害が起こったりと、進行性の障害が起こることがあります。たとえ違和感がなくても、必ず眼科を受診しましょう。

なお、目に洗剤が入った場合の対処法について、岡野先生は次のようにアドバイスしています。

「まずは目を水で十分に洗い流し、きちんと応急処置をすることが大切です。その後眼科にかかる際は、目に入った洗剤の現物を持っていくか、成分表示を写真に撮るなどして、先生に見せられるようにしてください。速やかに的確な治療を受けられますよ。」

また、年末の大掃除では「サビ」に注意しましょう。サビが目に入ると、角膜が傷つくことはもちろん、その周りにだんだんとサビが染み込んで広がってしまいます。場合によっては目が変色してしまうこともあります。

サビの場合も、目に入ってから時間が経つにつれて更に症状が悪化していきます。洗剤と同じく水でしっかりと洗い流したら、必ず眼科医の先生に診てもらってください

「冬の寒さ」が原因で起こる目のトラブル

寒さが厳しい冬は、自分でも気づかないうちに体に変化が起こっているものです。環境の変化にきちんと意識を向け、目にかかる負担を事前に予防してあげましょう。

1.ヒートショックによる眼底出血

冬の目のトラブル_4

皆さんは、「ヒートショック」という現象をご存じでしょうか?

ヒートショックとは、急な温度変化によって血圧が大幅に変動し、失神したり心筋梗塞になったりすること。例として、寒い部屋から急に暖かい浴室(浴槽)に入ることで、お年寄りの方が倒れてしまった……などというケースが挙げられます。

そんなヒートショックは、実は目にも悪影響を及ぼします。血圧が上がることで血管に出来たプラークが遊離して血管の中を流れていき、細くなっている目の奥の血管が詰まり、眼底出血を引き起こすのです。眼底出血が起こると、老廃物が血管から漏れ出たり網膜が浮腫を起こしたりするため、視力が下がるなどの後遺症も残ります。

もともと血圧が高めの方は特にヒートショックを起こしやすいので、温度変化には十分に気を配るようにしてください。特に、油断しやすい「寒くなり始めの頃」が要注意です。

2.暖房によるドライアイ

冬の目のトラブル_5

寒い冬に欠かせないアイテムといえば、やはり暖房でしょう。しかし、暖房は部屋を乾燥させます。そして乾燥はドライアイを誘発し、目を刺激から守る涙が不足して、表面に無数の傷がついてしまうのです。

岡野先生は、「暖房を利用するときは必ず一緒に加湿器も使い、目のダメージを軽減するよう努めてください」と注意を促しています。

冬の寒さをどうにかすることはできませんが、どんなリスクが潜んでいるかを知り、きちんと対策を講じれば怖がる必要はありません。目に優しい生活を心がけて、楽しく健やかに冬を乗り切りましょう!

▼ドライアイや目元のメイクなど、関連する記事ならコチラもオススメ!
可愛く盛るために何してる?“目もとオシャレ”トーク(ロート製薬 商品情報サイト)
目薬をささずに瞳が潤う!?1分でできるドライアイ対策特集
あなたは知ってる?ドライアイや視力低下を予防する、正しい『まばたき』をする方法
楽してかわいいアイメイクの秘密!今さら聞けない?まつげエクステのすべて

【参考】
目に異物が入ったら | 古川中央眼科|宮城県大崎市
http://www.eye-care.or.jp/sittoku/目に異物が入ったら/
箕面市の眼科 「小野原いくしま眼科」 | 医師紹介
http://www.o-ieye.jp/eye/04.html
冬は怖いヒートショック
http://www.sakai-iin.com/category/1326964.html

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ