• HOME
  • 専門家
  • 【眼科医監修】目が疲れる、視界がかすむ……中高年の目の不調を改善する市販目薬の選び方&使い方のポイント
加齢

【眼科医監修】目が疲れる、視界がかすむ……中高年の目の不調を改善する市販目薬の選び方&使い方のポイント

【眼科医監修】目が疲れる、視界がかすむ……中高年の目の不調を改善する市販目薬の選び方&使い方のポイント

仕事でもプライベートでも、日常生活のあらゆるシーンでパソコンやスマートフォンが手放せなくなっている昨今。中高年の方も、どうしても目を酷使せざるを得ない状況になっています。

また、40代にもなると老眼の症状も見られるようになるもの。“目に悪い環境”と“体の変化”のダブルパンチで、さまざま目の不調を感じている方は多いことでしょう。

そんな中高年の方の目の不調を解消する手助けになるのが、目薬です。

今回は眼科医の梶田先生に、中高年の方に多く見られる目の不調や、それに合った市販目薬の選び方使い方のポイントなどを教えていただきました。

涙は多くてもダメ。中高年の目によく見られるトラブルとは

「個人差はありますが、目の老化現象は40代くらいから徐々に見られるようになります。ピント調整機能や、(近くのものを見るために)目を内側に寄せる筋肉が衰えたりすることが原因で、目が疲れやすくなるんです。そこにきて、仕事ではパソコンとにらめっこ、プライベートではスマホでネットサーフィン……そんな生活スタイルで、疲れが出ないほうが不思議です」。

梶田先生はこのように教えてくれました。加齢による目の機能の衰えは、早い人では30代後半からはじまることもあるそう。

では、具体的にはどんなトラブルが起きるのでしょうか?

「まず、軽度の疲れ目では、目の乾きを感じることが多いですね。しかし、疲れのレベルが上がると今度は一転、涙の量が多くなります。ふとしたときに涙が流れてくるという方は、目が相当お疲れですよ。そして疲れが最高潮に達すると、目の奥に痛みを感じたり、涙がしみたりするようになります。そのほか、ものがかすんで見えたり、充血したりといったことも疲れ目の症状ですね」。

上記のような症状に心あたりがある方は、ぜひ意識的に目をケアしてあげるようにしてください。

市販目薬を選ぶ際は成分をチェックして!

そんな疲れ目をケアしてくれるのが、目薬。眼科で医師に目の状態を診てもらい、適切な目薬を処方してもらうのが理想的ではありますが、忙しくて通院できない方も多いことでしょう。

そこで梶田先生に、ドラッグストアで手軽に買える市販目薬の選び方を教えてもらいました。

「ポイントは、自身のお悩みにあった成分が配合された目薬を選ぶことです。夕方になると景色がぼやけるなど、ピント調整機能の衰えが気になるなら、“ネオスチグミンメチル硫酸塩”配合の目薬がいいでしょう。眉間部に痛みを感じるときは外眼筋が疲れているので、“ビタミンB12”配合のものを選んでください。目が充血する場合は、角膜になんらかの異常があることが多いので、角膜を保護してくれる“ビタミンB6”が入った目薬がいいですね」。

なんとなく選ぶのではなく、こうして成分までチェックできれば、より高い効果が期待できるはず。まずは自分の目の症状をきちんと理解するところからはじめてくださいね。

そして、梶田先生は血管収縮剤入り目薬についても次のように教えてくれました。

「それから、充血が気になるからといって、血管収縮剤が入った目薬をくり返し使用するのはいけませんね。長期間使用すると充血がひかなくなってしまいますし、充血は目からの“SOSサイン”ですから、その原因にアプローチする必要があります。充血が続くときは、時間をつくって眼科にかかるようにしてください」。

何滴も点眼するのはNG!目薬を使う際の注意点

最後に梶田先生が教えてくれたのは、目薬の正しい使い方です。実は、誤った使い方をしている方が多いのだとか……。

「まず、目薬は原則1回に1適、多くても2適点眼すれば十分です。目に上手く入らなかったなと思っても、まつげが濡れていれば大丈夫。何滴も目に入れてしまうと、目を保護する涙まで一緒に流れてしまい、かえって目によくないんですよ」。

そして、梶田先生は次のように続けます。

「目薬の効果を高めるには、点眼後20秒ほど目頭を押さえて目をつむるといいでしょう。疲れがひどいときや時間があるときは、約2分間目をつむっておくとさらにいいですね」。

正しい量を、効果的なやり方で。このポイントを押さえれば、よりよい目のケアができるようになります。

市販目薬を上手に使えれば、あなたの目の不調も改善するかもしれません。ただし、目薬に過度な期待を寄せるのも禁物。目薬はあくまで症状を緩和するものであり、不調が続く場合は病院で適切な治療を受ける必要があります。

目は多くの情報をキャッチする大切な器官。ついつい目を酷使しがちな時代だからこそ、その変化には敏感であるようにしてくださいね。

▼梶田先生が監修するそのほかの記事はコチラ!
《医師監修》「症状の継続時間」を要チェック!頭痛をともなわない閃輝暗点の特徴と見極め方
激しい痛みがあるのに異常なし?眼科医でも早期発見が難しい目の帯状疱疹とは
《医師監修》「秀才くん=メガネ」には理由があった!?子どもの視力と学力の深い関係とは

▼最近気になる目の不調、原因はもしかして…?
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

文/中島香菜
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ