• HOME
  • 専門家
  • 【眼科医監修】ブルーライトはなぜ目に悪い?その理由は浴びるタイミングと長さにあった!
アイケア

【眼科医監修】ブルーライトはなぜ目に悪い?その理由は浴びるタイミングと長さにあった!

【眼科医監修】ブルーライトはなぜ目に悪い?その理由は浴びるタイミングと長さにあった!

“ブルーライト=目に悪いもの”という認識が世間に広く浸透した昨今では、メガネや液晶保護フィルム、さらには化粧品まで、さまざまなブルーライトカットアイテムが販売されています。しかし実際に、ブルーライトは目や体にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

今回、ブルーライトが私たちに与える影響とその効果的な対策について教えてくれたのは、スマイル眼科クリニックの岡野院長です。岡野先生が「ブルーライトは必ずしも体に悪いわけではありません。浴びる量タイミングを上手にコントロールすることが大切です」と語る、その真意とは?

ブルーライトが体に与える影響とは

ブルーライトとは、波長が380〜500 ナノメートルの青色単色光のことです。人の目に見える可視光線の中で最も強い力をもっており、その光は角膜や水晶体に吸収されず、目の奥にある網膜にまで届きます。

では、そんなブルーライトを浴びると、私たちの体にはどんな変化が起きるのでしょうか?岡野先生は次のように教えてくれました。

「ブルーライトが人体に及ぼす影響としてまず知っておきたいのは、体内時計のリズムをつくることですね。起床後、カーテンを開けて陽の光を浴びると、私たちの体は“朝だ!”と認識しますよね。この理由のひとつに、太陽の光の中にブルーライトが含まれていることがあります。そういう意味では、ブルーライトが体内時計を“整える”と言えるでしょう。しかし、これが夜間なら話は別。パソコンやスマホのディスプレイからブルーライトを浴びると、体内時計が“狂って”、睡眠の時間や質に悪影響が出ます」。

つまり、“ブルーライト=体に悪いもの”ではなく、本来浴びるはずのないタイミングで浴びることで体に悪影響を及ぼすのです。

「体内時計が狂って睡眠不足になると、眼精疲労にもつながります。また、青や紫の光はまぶしく感じるもの。ブルーライトを浴びると、目は光の量を調整しようとします。その状態が長く続くことでも、目に負担がかかります」。

ついついやってしまいがちな、就寝前にベッドの中でスマホを長時間いじる行為は、目にも体全体にもダメージを与えます。

ブルーライト対策にはLEDライトの見直しがおすすめ

ブルーライトの悪影響から体を守るためには、夜間にパソコンやスマホをいじるのを避けることはもちろん、LEDライトを見直すこともおすすめだそうです。

「LEDライトの白色光は、大きく2つの種類に分けられます。ひとつは、赤・青・緑(3原色)のLEDライトを混ぜてつくられている白。そしてもうひとつは、青色LEDにカラーコーティングをしてつくられている白です。後者の場合、光の中に青の成分が多くなります。すると、夜間に多くのブルーライトを浴びてしまい、体内時計が狂う原因に。玄関灯などは問題ありませんが、リビングなど長時間過ごす部屋の電気は、前者の3色のライトで構成されたものを選ぶのがおすすめです」。

なお、上記の違いを見分けるには、製品表示のRa(演色性)をチェックしてください。Raが80以上のものなら、基本的には3色のライトで構成されたLEDライトと考えられます。

子どものブルーライトカットメガネ常用はもったいない?

小さな子どもでもパソコンやスマホをいじるようになった現代では、子ども向けのブルーライトカットメガネも数多く販売されています。しかし、岡野先生は「お子さんの場合はブルーライトカットのメガネは常用しないでほしい」と話します。

「ブルーライトカットメガネをかけると、太陽光の中に自然に含まれているバイオレットライトまで遮断してしまいます。実は近年、このバイオレットライトが子どもの近視を抑制するのに効果があるのではないか、と考えられているのです。ブルーライトカットメガネをかけない状態で、太陽光を1日に2時間程度浴びると、効果が出るとされています。そのため、お子さんが常用するメガネはブルーライトカット機能がないものを選ぶのがおすすめです」。

ブルーライトの特徴を正しく知り、適切な対策ができれば、より健康的な毎日を送れるはず。みなさんも今日からブルーライトを上手に浴びて、生活リズムをしっかり整えてくださいね。

▼ブルーライトに関するその他の記事はコチラ!
【眼科医監修】悪いことばかりではない?ブルーライトの特性と人体への影響を解説
最も強い可視光線『ブルーライト』が目や体に及ぼすさまざまな影響
『ブルーライト』にはご用心!LEDライトの色によって目が悪くなる!?
【カイロプラクター監修】昼間なのに異常に眠い!その眠気の原因は「ブルーライト」かも?
モニターばかり見ているあなたに捧げる ブルーライト対策グッズ&アプリ5選

▼長時間スマホやPCの画面を見てしまっていませんか?
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

文/中島香菜
 » 【眼科医監修】ブルーライトはなぜ目に悪い?その理由は浴びるタイミングと長さにあった!

スマイル眼科クリニック(青葉台)院長岡野 敬 先生

専門は前眼部疾患、緑内障、アレルギーなど一般眼科外来とコンピュータ支援医療。プライベートではワインとコーヒー、それに料理をこよなく愛する3児のパパ。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ