• HOME
  • 専門家
  • 眼科医の視点から知る! 目とも関わりの深い『バセドウ病』
目の病気

眼科医の視点から知る! 目とも関わりの深い『バセドウ病』

眼科医の視点から知る! 目とも関わりの深い『バセドウ病』

出典:IT’S ALL ABOUT Women『3 Nutrient Deficiencies that Can Make You Sick』

2009年、歌手の絢香さんが、この病気による休業を発表し、世間の関心を集めるこことなった『バセドウ病』ですが、その症状は、目とも深い関わりを持ちます。しかし病名は聞いたことがあっても、詳しい症状については知らない人も多いのではないでしょうか?
そこでは今回は、バセドウ病とは、いったいどんな病気なのか、目にはどんな症状が現れ、どのような治療が行われているのか、眼科医・岡野先生に聞いてきました。

体の正常な働きが攻撃されてしまう『自己免疫疾患』の一種

sore throat, shown red, keep handed

出典:eVaidya『What is Sore Throat? Causes, Symptoms and Treatments』

『バセドウ病』は20〜30代の女性に多く発症し、「甲状腺」に起こる異常から、新陳代謝を活発にさせる「甲状腺ホルモン」が過剰分泌されてしまう病気です。
甲状腺はのど仏の下に位置し、活動するためのエネルギーをつくり出すのに欠かせない器官です。しかしホルモンが過剰分泌を始めると、甲状腺の腫れや頻脈、微熱や多汗、さらには疲れやすくなったり、イライラしやすくなったりなどといった症状が現れます。

なぜ、このような過剰分泌が起こるのでしょうか?

人間には体に有害だと判断された物質を退治する「免疫機能」が備わっていますが、この機能に異常が生じると、体が正常に働くために必要な器官や組織にまで攻撃を始めます。こうした誤作動は『自己免疫疾患』と呼ばれますが、バセドウ病も、この一種です。

理由は完全には解明されていませんが、何らかの理由で体内に甲状腺を攻撃する組織がつくり出され、その刺激により、ホルモンが必要以上に分泌されてしまうのです。

目にも甲状腺に似た細胞が!攻撃による炎症から「眼球突出」に

バセドウ病_03
出典:Symptoms of Graves’ Disiase

『バセドウ病』を発症すると、前述した甲状腺の腫れや頻脈などのほか、目にも症状が現れます。それが正常な状態よりも目玉が前に飛び出してしまう、「眼球突出」です。
岡野先生が院長を務めるスマイル眼科クリニックでは、非常にまれなケースではあるものの、眼球突出からバセドウ病を疑い、病気が発覚した人がいるそうです。

なぜ、甲状腺異常である病気が目にも影響を及ぼすかというと、目の内部に甲状腺と似た組織があるからだと言われています。

正常な体の器官や組織を攻撃する『自己免疫疾患』によって、甲状腺だけでなく目の内部にも攻撃が及ぶことから、眼球を支えている筋肉が炎症によって腫れたり、眼球の後ろにある脂肪細胞が増えたりします。
すると目の内部にある組織の容積が増えて眼球が収まるだけの隙間が減ってしまい、突出が起こるのです。

見た目の変化だけではない!眼球突出が引き起こす目の症状

バセドウ病_04

見た目に変化を及ぼす「眼球突出」ですが、モノが二重に見えてしまう『複視』も引き起こします。
眼球突出は、大げさに表現すれば、目の内部がパンパンになっている状態です。

私たちは通常、左右の眼球を同じ方向に向ける(=視線を同じ方向に向ける)ことで、像を1つに結んでいますが、目の内部が窮屈な状態だと眼球の動きが制限されてしまい、モノがだぶって見えるのです。

また、目の内部の炎症からまぶたが腫れ、『逆さまつげ』のような状態になったり、眼球突出によって目が閉じにくくなることから『ドライアイ』になったりもします。さらに、目の中にある血管の流れが悪くなり、『充血』を起こしやすくなるなどの症状が現れることもあります。

これらの症状から目が疲れやすくなり、『眼精疲労』が起こりやすくなるのも特徴です。

どのように治療するの?目に現れる症状は目薬による治療が主軸

バセドウ病_05

『バセドウ病』を発症し、目にも症状が現れた場合には、内科と眼科の双方で治療を受けることとなります。内科では甲状腺の異常、眼科では甲状腺異常から引き起こされた疾患の治療を受けるというわけです。

ただし甲状腺ホルモンの過剰分泌を抑えることが根本的治療となるため、眼科では、目の内部の容積を減らす目薬や、ドライアイを緩和させる目薬など、対処療法が主な治療になると言います。

『バセドウ病』が起こる原因が完全に解明されていない以上、予防するための手立ても明らかになっていないのが現状ですが、一説によれば、喫煙によって発症のリスクが高まると言われています。

バセドウ病に関わらず、タバコが体に与える悪影響は否めません。自身の目のためにも体全体の健康のためにも、極力、控えるようにしましょう。

▼「目にも影響を及ぼす病気」については、コチラの記事もチェック!
アトピー性皮膚炎は目もつらい!?アレルギー反応が引き起こす“目の病気”って?

自覚症状なく進む!失明の恐れもある『糖尿病網膜症』とは?

ドライアイの原因かも!? 中高年女性に多い『シェーグレン症候群』とは?

取材・文/大谷享子
 » 眼科医の視点から知る! 目とも関わりの深い『バセドウ病』

スマイル眼科クリニック(青葉台)院長岡野 敬 先生

専門は前眼部疾患、緑内障、アレルギーなど一般眼科外来とコンピュータ支援医療。プライベートではワインとコーヒー、それに料理をこよなく愛する3児のパパ。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ