• HOME
  • 専門家
  • 《専門家監修》ネットやスマホ依存になっていない?「デジタルデトックス」の効果的なやり方
アイケア

《専門家監修》ネットやスマホ依存になっていない?「デジタルデトックス」の効果的なやり方

《専門家監修》ネットやスマホ依存になっていない?「デジタルデトックス」の効果的なやり方

スマートフォンやインターネット漬けになってしまった習慣を見直すためにも、デジタル機器から一定期間離れる「デジタルデトックス」の必要性が叫ばれています。

そこで今回は、体の仕組みに詳しいカイロプラクター・檜垣暁子先生から正しい「デジタルデトックス」の方法を教えてもらいましたよ!

スマホ依存症で体に起こりがちな症状とは?

ついついスマホやタブレットなどを使う時間が増えている、という人は多いですよね。でも、これって体や心にどんな影響があるのかご存知ですか? 檜垣先生は大きく下記の5つを挙げています。

【1】運動不足になりがち

デジタルデトックス_02

スマホやタブレットなど持ち運べるものが増え、パソコンに頼らなくても調べ物や仕事が可能になりました。いつの間にかスマホを見ながら過ごす時間が増え、以前よりも体を動かす機会が減ってしまった、という人が多いです。

運動不足になると、日常生活のクセで疲労した筋肉がほぐれないばかりか、自律神経系が乱れやすい状態が続く心配があります。

【2】目を動かす筋肉が疲労してしまう

スマホなどの使用が長時間に及んだり、頻繁だったりすると、画面の動きを目でとらえたり、文字を目で追ったりすることが、無意識のうちに反復して行われることになります。そのため、目を動かす筋肉がどんどん疲労してしまいます。

【3】頭痛に見舞われることも

デジタルデトックス_03

目の筋肉が酷使されると、頸部や頭部の筋緊張へつながる場合があり、緊張型の頭痛が起こるケースがあります。なかなか解消されないと頭痛の頻度も増して、毎日体調がすぐれないと感じる人も多いです。

▼緊張型頭痛についての記事はコチラ!
ストレスや目の酷使が原因に!?「緊張型頭痛」の対処法

【4】気が休まらない

デジタルデトックス_04

SNSや最新ニュースのチェックが容易になり、お知らせ音にも敏感になっている人が多いのではないでしょうか?「仕事のキリが悪くてLINEの返信をまだしていない」といったことが常に気にかかるようになると、心が休まる時間がなくなってしまいます。

仕事で疲れた体を休めるための休憩時間ですらスマホが手放せないあなたは、気づかない間に「ネット依存症」になっているのかもしれませんよ。

【5】リラックスタイムが奪われる

スマホの使用時間が長くなると目からの刺激量も多くなるため、それを処理する脳も疲労してしまいます。また、体のリズムとしてリラックス方向へ向かう夕方や夜にも緊張状態から解放されず、睡眠の質が低下してしまうケースも多いです。

▼ぐっすり眠れる方法はコチラ!
専門家がズバリ教えます!シアワセに眠れる体のつくり方

上手にデジタルデトックスするための4つの方法

デジタルデトックス_05

なかなかスマホから離れるのはツライ…という人も多いと思いますが、ちょっとした意識の変化だけで、デジタルデトックスにつなげることができるのです。IT機器を“プチ断食”するための、おすすめの方法をご紹介します。

【1】スマホなどの使用頻度をちょっとの間だけ減らす

電車の移動中、ホームでの待ち時間など、ちょっとした時間の暇つぶしに楽しめるのがスマホの便利なところ。でもあえて、このちょっとの時間はスマホを使用しないように意識してみましょう。代わりに、遠くを眺めたり、目を閉じて休息タイムをとったりなどの時間に充てるのがおすすめです。

【2】IT機器の電源を切る

デジタルデトックス_06

食事の時間、就寝の2~3時間前など、IT機器の電源を切る時間をつくります。いつの間にか、何か別のことをしているときでもスマホをつい気にしてしまう、という状態に陥っている人がとても多いので、あえてスマホやPCの電源を切る時間を設けてみてください。

【3】目に刺激を与えない

スマホやタブレットなどから離れる時間をつくったとしても、これまでの疲労が蓄積されていれば、体の不調がなかなか解消されないことも。意識的に体を動かしたり、目から過剰な刺激が入らないようにしたり(アイマスクを活用して、光刺激をやわらげるなど)して、工夫していきましょう。

【4】環境を思いきり変える

デジタルデトックス_07

耳から入る音も実は影響が大きく、脳へ刺激が入りっぱなしになっていると、気も心も常に休まらない状態に。そこで、環境を大きく変えて、強制的に心身を休ませる時間をつくってあげましょう。たとえば1週間ほど喧騒を離れて旅に出る、露天風呂で星空を見ながら休む、といった非日常の生活を送ってみるのがおすすめです。

休憩時間や電車などの移動時間に、スマホなどを使ってネットニュースを見たり、スマホゲームをしたりする人も多いですよね。

しかし、気持ちのうえでは充実感があっても、感覚機能は常にフル稼働の状態!毎日続けていると、ある日突然、心身に症状や不具合が出てくることもあります。

定期的なデジタルデトックスを心がけるようにしてくださいね!

▼スマホやPCの画面を見続けていると…
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

▼スマホ依存の症状を緩和する簡単ストレッチのやり方は下記の記事をチェック!
目覚めすっきり!今日からできる寝ている間の血行不良対策
気づいたら背中が丸まっていない? 『猫背』をシャキッと治す方法~後編~
スマホの使いすぎであなたの首は悲鳴をあげている! 【後編~実践ストレッチ!】
【続】カイロプラクターがズバリ解決! 疲れ目✕肩こりをやわらげるセルフケア

文/まるよしみすず
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ