• HOME
  • 専門家
  • 《専門家監修》首や肩のコリ・目の疲れに悩むそこのあなた!カバンの持ち方、間違えてるかも……
読み物

《専門家監修》首や肩のコリ・目の疲れに悩むそこのあなた!カバンの持ち方、間違えてるかも……

《専門家監修》首や肩のコリ・目の疲れに悩むそこのあなた!カバンの持ち方、間違えてるかも……

知らず知らずに肩周りのハリやコリに悩まされていたら、もしかしたらそれは普段使っているカバンに原因があるかもしれません。今回は、体の仕組みに詳しいカイロプラクター 檜垣暁子先生と共に、正しいカバンの選び方と使い方を考えてみましょう!

カバンの持ち方が悪いと、目や体にどんな変化が起こる?

【症状1】姿勢の変化による影響

カバンの持ち方やその重さなどが体へ負担になっている場合、カバンを持ちながら無意識のうちに重心をとったり、つらく感じない姿勢で持つようバランスを図っていたりします。この状態が繰り返され、いつも同じような部位に負担が生じてしまうと、筋肉がこり固まって、姿勢が悪くなります

そして、このような「猫背姿勢」「傾いた姿勢」が普段から続くと、読書やパソコンで画面を見る場合などに、対象物と目との適切な距離を保ちにくくなり、目が疲れやすくなる要因となってしまうのです。

【症状2】自律神経の働きが乱れやすくなる

カバンの持ち方に問題があり、それが解消されない場合、体がリラックスできない「自律神経の働きが乱れた状態」になりやすくなります。自律神経は目の焦点を合わせる働きととても関わりが深いため、ものを見る際に目の負担が大きくなる可能性があるのです。

さらには自律神経の乱れにより、頭部・頸部の筋肉も緊張しがちになることで、目を動かす働きにも影響が及ぶ場合もあります。

【症状3】疲れやすくなる可能性がある

自律神経の働きが乱れた状態が続くと、心身共にリラックスをすることが難しくなったり、質の良い睡眠がとれなくなったりすることがあります。

目の疲れをとるには、心身を休めるべきときに、リラックス状態になることができる、ということがとても大切です。それができない「緊張状態」は疲労の回復を鈍らせることにつながり、目の疲れも解消されづらくなります。

種類別に解説!正しいカバンの選び方と使い方

(1)リュックサックの場合

カバンの持ち方_02

【選び方】

・ベルトは幅広でクッション性があるものを
・背面にクッション性があり、背中との設置面積が広いのがベター

【使い方】

背負うときは体の重心に近い位置がくるよう、ベルトを調整しましょう。こうすることでリュックサックの背面が背中にフィットしやすくなり、姿勢をまっすぐ保てます。
※体の重心とは…身長に対して、足底から55%あたりの位置を指します。

(2)たすき掛けバッグの場合

カバンの持ち方_03

【選び方】

・肩ひもは幅広のものやパットがついたものを
・大きさは歩行時に邪魔にならないサイズに

【使い方】

肩に当たる部分にハンカチを挟むだけで、あたりが和らぎ肩や首の負担を軽減できます。また、片方の肩だけに負担がかからないよう、左右交互に掛け替えることを意識して。

(3)肩掛けカバンの場合

カバンの持ち方_04

【選び方】

・肩ひもが幅広でクッション性があり、短すぎないもの
・ひじを曲げて肩ひもを持たなくても、楽に正面を向けるサイズ

【使い方】

荷物の詰めすぎは要注意。普段掛けていないほうの肩側に掛け替えるようにし、肩や首のこっている部分に肩ひもが当たらないようにしましょう。

(4)手提げバッグの場合

カバンの持ち方_05

【選び方】

・持ち手が長すぎず、握ったときに手にフィットするもの
・ひじを曲げずに楽に持てる重さ

【使い方】

腕が疲れてくると、荷物の重さで肩が下がって首の筋肉が引き伸ばされることに。つらくなったら無理せず体の前で抱えましょう。

(5)キャリーバッグの場合

カバンの持ち方_06

【選び方】

・持ち手を体の横でキープしたまま、ひじを伸ばして楽に引けるものを
・できるだけ軽量で、左右前後に動かせると◎

【使い方】

ひじを曲げて荷物を引くと、腕の筋肉に余計な負担がかかります。できるだけひじを伸ばして引くように心がけてください。

毎日持ち歩くものだからこそ、意識しておきたい「カバン」の持ち方。みなさんもこれを機に、改めて見直してみてはいかがですか?

▼体にも目にも疲れがたまっていませんか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

▼体のバランスを整えるための生活習慣についての記事はコチラ!
そのまま履き続けると体に不調が…! 正しい靴の選び方とは?
季節の変わり目に気をつけたい生活習慣について 専門家に聞いてみた!
その生活習慣、ちょっと待った! 疲労回復にやっていいこと、悪いこと
専門家が教える“体のゆがみ”解消法! 【その3】気をつけたい生活習慣編
日常生活から見直そう! 健康な目を維持するための6つの生活習慣

文/まるよしみすず
目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ