読み物

VR酔いを事前に防ごう!原因と対処法を解説

VR酔いを事前に防ごう!原因と対処法を解説

最近では、VR(バーチャルリアリティー)を用いた臨場感を楽しめるゲームが増えてきていますが、その際に乗り物酔いのような症状になる人がいます。この症状が「VR酔い」です。今回は、VR酔いの原因や予防法について解説していきます。

VR酔いの原因は感覚のミスマッチ

VR酔い_02

VR酔いの研究は現在も進められているところですが、現段階では、多くの場合視覚系と前庭系のミスマッチが原因で起こるとされています。

VRはヘッドセットを装着してゲームを楽しみますが、VRの映像を見ていると、視覚がとらえる情報と、ヘッドセットを装着する前に現実の自分の体が覚えている感覚がほとんど一致しません。

そのため、目は脳に対して「動いている」と信号を送っているのに、他の感覚器官は「動いていない」と信号を送ってしまい、ここに生じる差が、乗り物酔いのような症状を誘発すると考えられています。

ちなみに、乗り物酔いの場合は、目が脳に対して「動いていない」と信号を送り、他の感覚器官は「動いている」と信号を送ってしまうことで生じる差により、酔いが誘発されます。乗り物酔いとVR酔いの症状はよく似ていますが、厳密にいえば、発生のメカニズムは異なるのです。

VR酔いになりやすい人は、どのような人?

VR酔いには、乗り物酔いと同じく個人差がありますが、一般的には男性よりも女性のほうがなりやすいといわれています。年齢でいえば、12~15歳までが特にVR酔いになりやすく、年齢を重ねるごとになりにくくなるそうです。

また、平衡感覚を司る「三半規管」が強い人は、VR酔いになりにくいとされています。三半規管が弱いためにもともと酔いやすい人も、VRに慣れれば、少しずつ酔いにくくなることがあります。

VR酔いを防ぐ方法3選!

VR酔い_03

ゲームやVRの世界を最大限に楽しむなら、できればVR酔いは避けたいもの。ここからは、VR酔いを防ぐ方法をご紹介します。

【予防法1】酔いにくいコンテンツを選び、長時間のプレーは避ける

初めてVRをプレーする方は特に、最初から長時間プレーするのではなく、数分程度からはじめるようにしましょう。また、プレー時間だけでなく、コンテンツ選びも重要です。

VRには静止画コンテンツと動画コンテンツがありますが、まずは静止画コンテンツからはじめるのがおすすめです。より酔いにくいのはやはり静止画のほうなので、静止画である程度慣れてから動画へとステップアップしましょう。

【予防法2】映像になるべく焦点を合わせる

画面を見たときの違和感を減らすため、なるべく自然に、映像に焦点が合っている状態を意識しましょう。何も意識しないときに比べて、よりVR酔いになりにくくなります。

【予防法3】頭を激しく動かさないようにする

VRでは動画の場合、臨場感のある映像が流れます。そして、自分があたかもバーチャルの世界にいるような感覚になるので、自然と体や頭が動いてしまうこともあります。

しかし、特に頭を激しく動かしてしまうと、VR酔いになりやすくなります。なるべくゆっくりと動作をおこなうように心がけましょう。

以上3つが、VR酔いを予防する方法です。最初はバーチャルの世界に慣れるまでに時間がかかったり、静止画のコンテンツだけだと「物足りない」と感じたりするかもしれません。しかし、よりVRを楽しむためには、少しずつ体や感覚を慣らしていくことが重要です。VRに慣れてきたら、楽しめるコンテンツを徐々に増やしていきましょう。

VR酔いになってしまったときの対処法

VR酔い_04

予防していたとしても、VR酔いになってしまう可能性はゼロではありません。そこで次に、実際にVR酔いになったときの対処法もご紹介します。

【対処法1】ヘッドセットを外し、遠くを眺める

VRのプレー中に不快感や吐き気の症状が出た場合は、まずはヘッドセットを外し、なるだけ遠くを眺めてみましょう。遠くの景色はブレにくいため、不快感を軽減することができます。

【対処法2】気分転換をする

外に出て涼しい空気に触れたり深呼吸したりして、気分転換をしてみましょう。アイスなど冷たいものを食べて、クールダウンすることも効果があります。

【対処法3】無理をせず、睡眠をとる

非常にシンプルですが、睡眠をとって体調を回復させる方法もあります。VR酔いは時間が経てば治るといわれているので、不調を感じたら無理をせず休みましょう。

いかがでしたか?これからVRに挑戦する人はぜひ今回の記事を参考にしていただき、VR酔いを少しでもなくして、楽しくプレーしてくださいね。

▼VRに関する記事ならこちらもオススメ!
まるでその場所にいるような臨場感! 今話題の”VR”を体験できるコンテンツ3選
VRは子どもの目には危険?!斜視になるリスクとは?

▼デジタルコンテンツは注意が必要なことも!
あなたも注意!デジアイ症候群!(ロート製薬 商品情報サイト)

▼参考
Wikipedia 三半規管
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%8D%8A%E8%A6%8F%E7%AE%A1
3D Style VR酔いの原因と対策〜VR初心者向け〜
https://tips.3dstylee.com/vrsickness/
MoguraVR 「VR大好きなんですが超酔うんですが – VR酔いの研究(2) 科学のチカラで酔いを覚ます!」~白井博士のVRおもしろ相談室 第4回~
http://www.moguravr.com/shiraihakase-vr-omoshirosoudan-4/
IGN JAPAN  VR酔いを防ぐにはどうしたらいいのか?
http://jp.ign.com/playstation-vr/8389/feature/vr
毎日新聞 VR酔い 不快感が起こる仕組みと対処法とは
http://mainichi.jp/articles/20160621/k00/00m/040/089000c

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ