• HOME
  • エンタメ
  • ネパールには今も「生き神様」がいる!?額に目をつけた女神「クマリ」とは
読み物

ネパールには今も「生き神様」がいる!?額に目をつけた女神「クマリ」とは

ネパールには今も「生き神様」がいる!?額に目をつけた女神「クマリ」とは

出典:Public Radio International

現代社会でも、世界には「生き神様」とされる方がいるのをご存知でしょうか?

今回は、世界中になお存在する生き神様のなかから、ネパールに暮らす女神「クマリ」についてご紹介します。

「女神の生まれ変わり」として選ばれる少女たち

ネパールでは、国王さえもひれ伏すほど信仰を集める生き神様がいます。それが「クマリ」です。

クマリは、国の守護神である女神タレージュやアルナプルナの生まれ変わりで、密教の女神やヒンドゥー教の女神ドゥルガーが宿るとされています。

クマリに選ばれるのは、国内の少女です。

まだ初潮を迎えていない満月生まれの仏教徒の少女で、身体的にもたくさんの厳しい条件をクリアした者が選ばれます。

厳しい条件とは、次のようなものです。

・健康である。
・獅子のような胸をしている。
・シカのような脚を持っている。
・黒い髪と目である ……など。

生き神「クマリ」はどんな暮らしをしているの?

クマリ_02
出典:Wikimedia Commons https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Kumari

クマリのなかでも、ネパールの首都カトマンズに存在する「ロイヤル・クマリ」は、最も有名です。国王もひれ伏すほど崇められていて、国の運命を占う予言者でもあります。

カトマンズのダルバール広場に公邸として「クマリの館」があり、選ばれた少女は、ここで侍従たちに囲まれて暮らさなければなりません。

特別な儀式以外には外出はせず、学校にも行けないので、館のなかで勉強します。観光客などは、受付で拝観料を支払えば、窓から顔を出すクマリを数秒間観ることができます。

また、ネパール各地にいる地方の「ローカル・クマリ」は、家族と暮らす場合もあります。

しかし、やはり人前に姿を現してもよいのは町をパレードする祝日だけです。基本的には、家に閉じこもる生活を送っています。

お祭りでは額に「第3の目」が!

クマリは、日常的に人々の病気の治療、願望をかなえる祈願をします。

また、9月におこなわれる「インドラ・ジャートラーの大祭」では、山車に乗りカトマンズの町を巡って、人々の繁栄と成功の力を与えるとされています。

外出するときは、きらびやかな衣装を着て、額から鼻筋にかけて赤い化粧をします。

そして、額には人工的に「第3の目」がつけられるのです。

クマリ_03
出典:Wikimedia Commonsi

クマリにまつわる話題あれこれ

最後に、ちょっと考えさせられるお話をご紹介しましょう。

クマリは多くの場合、初潮などの出血をきっかけに退位します。その後は、実家に帰り普通の少女として生活することになります。しかし、それまで同様に周囲の人々の信仰を集め、クマリ的な生活を続ける者も少なくないようです。

2015年のネパール大地震の際には、元クマリの女性が禁を犯して初めて道を歩いたことが話題になりました。

最近では、クマリ信仰は少女の自由と教育の機会をうばう一種の児童虐待として、人権活動家たちからの批判もあります。

信仰と伝統がからんだむずかしい話題ですが、世界にはこんな「目」の伝統もあるんだという興味からスタートして、この機会を機に信仰と人権について、ちょっと考えてみるのもいいかもしれませんね。

▼目にまつわる世界の伝説や信仰なら、こんなものも!
トルコ旅行で一番人気のお土産 青い目玉『ナザール・ボンジュウ』とは?
【閲覧注意】アメリカの都市伝説 「ブラック・アイド・キッズ」とは?
初詣はどこにいく? 変わり種!?“目にご利益のある神社”
秘密結社のシンボル?都市伝説で語られる「プロビデンスの目」とは
作法を知ってこその縁起物! あなたは知ってる?「だるまの目の入れ方」

▼「子どもの目」についてもちょっと考えてみましょう!
気づいてる?気づいていない!子どもの目 実態調査(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
クマリ| Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%AA
「生き神」生活を続ける女性、ネパール地震で初めて歩く| FP BB NEWS
http://www.afpbb.com/articles/-/3055209
クマリ ネパールの生きた女神 | ナショナルジオグラフィック日本版
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/magazine/15/052200004/052200002/
Nepal’s living goddess who still has to do homework – BBC News
http://www.bbc.com/news/magazine-27885141
Do Nepalis pray to a child goddess after an earthquake? – Public Radio International
http://www.pri.org/stories/2015-04-29/child-goddesss-blessing-worth-much-during-earthquake
【地球人間模様】@アジア「4歳の女神」- 47NEWS
http://www.47news.jp/47topics/ningenmoyou/91.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ