• HOME
  • エンタメ
  • ゲシュタルト崩壊に要注意!運転中に起こる錯覚を知っておこう
トリビア

ゲシュタルト崩壊に要注意!運転中に起こる錯覚を知っておこう

ゲシュタルト崩壊に要注意!運転中に起こる錯覚を知っておこう

車の運転中にはさまざまな錯覚が起こる可能性があり、事故の原因となっていることはご存じですか?

中には、文字が正しく認識できなくなることで知られる『ゲシュタルト崩壊』も運転中に起こることがあり、注意しなければならない事象のひとつとして挙げられています。

今回は、運転中に起こる錯覚を知って、安全運転を心がけるためのコツをまとめました!

ゲシュタルト崩壊とは?

ゲシュタルト崩壊_02

突然、「いつも書いていた文字のつくりを見ているうちに、正しい文字が書けているかどうか判断できなくなる」という経験をしたことはないでしょうか。この現象をゲシュタルト崩壊と呼びます。

全体を認識する機能が低下し、構成している要素がバラバラに認識されてしまう現象のことで、文字だけでなく図形や顔などにも現れることがあります。

▼ゲシュタルト崩壊について、詳しくはこちらをチェック!
【閲覧注意】文字が文字に見えなくなる!?ゲシュタルト崩壊の仕組みに迫ってみた

運転中に起こるゲシュタルト崩壊例

ゲシュタルト崩壊_03

ゲシュタルト崩壊は、ひとつのことに集中しすぎて全体把握ができなくなってしまう現象です。運転中に起こるゲシュタルト崩壊にはたとえば、以下のような例が挙げられます。

・信号待ちをしていたら、今踏んでいるのがブレーキなのかアクセルなのかわからなくなった
・歩行者を見ていたら、右に曲がるのかまっすぐ進むのかわからなくなった
・まっすぐ続く一本道で前を向いて走っていると、吸い込まれるような感覚に襲われる

これらの経験をしたことがある人は、運転中にゲシュタルト崩壊を起こしたことがあるといえるでしょう。

こんな錯覚が運転中に起こるかも!

ゲシュタルト崩壊_04

ゲシュタルト崩壊以外にも、運転中にはさまざまな錯覚の罠が潜んでいます。たとえば、「上り坂に見えて実は下り坂で、思ったよりもスピードが出ていた」というケースです。

よく知られている運転中の錯覚現象であり、反対に、下り坂に見えて実は上り坂で、スピードが落ちていることもあります。

また、隣に大きなトラックが並んでいて危険を感じたり、突然目の前に割り込まれたりすると、『視覚吸引作用』という、トラックやウインカーに著しく注意を引かれてしまう現象が起こることもあります。

安全運転のコツは?

ゲシュタルト崩壊_05

安全に運転を続けるコツは、ゲシュタルト崩壊やさまざまな錯覚について知り、「これは錯覚かも」「凝視し続けているかも」と気がつくことです。

そして、目の錯覚に惑わされず、周囲の目印やスピード計もしっかりチェックするようにする、何か気になるものに目を奪われないようにする、などの対応を取るようにしましょう。

運転中は、運転に集中しなければならない分、脳が緊張状態にあることも多く、錯覚などの現象に見舞われやすくなります。

しかし、「錯覚ではないか」「あれは危ないから見続けないようにしよう」と予め対応方法を頭に入れておけば、冷静に対処できます。安全運転で楽しいドライブ時間を過ごしてくださいね。

▼運転と目に関する記事はこんなものもおすすめです!
「死角」に注意!たのしいドライブ中に気をつけるべき、運転時のポイント
車の運転に大事な動体視力!筋トレで鍛えることも可能!?

▼目の疲れにも要注意!
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
ゲシュタルト崩壊(げしゅたるとほうかい)とは – コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E3%82%B2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%88%E5%B4%A9%E5%A3%8A-189002
錯覚で起こる運転中の危険な一瞬とは?|JAFクルマ何でも質問箱
http://qa.jaf.or.jp/drive/visibility/02.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ