• HOME
  • エンタメ
  • 運動神経が悪いのは目が原因だった?運動と目の関係性まとめ
読み物

運動神経が悪いのは目が原因だった?運動と目の関係性まとめ

運動神経が悪いのは目が原因だった?運動と目の関係性まとめ

「視力が悪いと運動神経も悪い」という話を聞いたことはありませんか?確かに、ボール競技などでは、ボールがよく見えていなければうまく動くことができなかったり、とっさの判断が遅れてしまったりします。

運動と目はどのくらい関係しているのでしょうか。今回は、運動と目の関係性についてまとめてみました。

目が悪いと運動神経も悪くなる?

運動神経_02

目と運動神経の関係性は、視力がいいか悪いかですべてが決定してしまうわけではないようです。

確かに視力が悪い場合には、ボールや人の動きがよく見えず失敗してしまうこともあります。しかし、視力が低くものが見えづらいために運動に支障をきたしているのであれば、メガネやコンタクトで矯正すれば問題は解消されます。

運動神経に影響する両眼視機能ってなに?

運動神経_03

目と運動神経の関係においては、両目で見てはじめて、距離感や立体感が感知できるという「両眼視機能」が大きく関わっています。片目を閉じた状態でまっすぐ歩こうとしてもうまく歩けないことを考えると、両眼視機能が運動神経のいい悪いを左右する重要な要素であることがわかります。

動体視力が高いと有利?!

運動神経_04

特に野球やテニスなどの動きの速いものを扱う競技では、“動体視力”の高さが話題になることがあります。

動体視力が高ければ、ボールなどのものや人を認識するタイミングが早くなります。また、その後の判断や動作がパッと素早く正確にできるようになって、ボールを打ち返せるようになったり、敵をうまくかわしたりできます。

動体視力がいい人は「運動神経がいい」といわれるのも納得ですね。

目は鍛えられる?

運動神経_05

ものを見る=目の力は鍛えることができます。「ビジョントレーニング」というトレーニング方法なら、今すぐトレーニングをはじめることも可能です。また、動体視力を鍛えるメガネも販売されています。

目の力は持って生まれた能力だから…とあきらめるのではなく、さまざまなトレーニングを試してみましょう!

▼目の鍛え方はこちらの記事をチェック!
日常生活でできる目のトレーニング「ビジョントレーニング」を取り入れよう!
視力は鍛えられる!?動体視力トレーニング&テスト動画まとめ

運動神経は、“視力”だけではなくさまざまな目の機能と関係しています。9歳頃の視機能が完成する前であれば、適切なケアによって十分な両眼視機能を獲得することができるといわれています。

また、動体視力を鍛えるアイテムや目を鍛えるトレーニングもあるため、運動神経アップのためにも取り入れてみてはいかがでしょうか?

▼「両眼視」に関する記事ならこちらもオススメ!
3D映像が飛び出して見えない理由「視覚」がおよぼす原因とは?
頼りすぎには要注意!! 知っていますか?あなたの“利き目”

▼最近なんだか物が見えづらい、という方はもしかして…?
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

参考サイト
「運動神経が鈍い」とレッテル、実は目が原因だった : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20151001-OYTEW55224/?catname=column_wakakura-masato
【公式】Visionup®(ビジョナップ®)動体視力トレーニングメガネ専門店
http://primaryshop.jp/hpgen/HPB/entries/117.html
運動神経と動体視力の関係性
http://www.kineticvsn-lab.com/relation/undoushinkei.html
豆知識|公益社団法人 日本視能訓練士協会
http://www.jaco.or.jp/mame/index/2

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ