• HOME
  • エンタメ
  • 視力0.1の人にはこう見える!? 近視の人が見た世界を再現する絵画が幻想的
読み物

視力0.1の人にはこう見える!? 近視の人が見た世界を再現する絵画が幻想的

視力0.1の人にはこう見える!? 近視の人が見た世界を再現する絵画が幻想的

出典:Philip Barlow – Paintings

視力矯正器具を必要としない正常視力の人たちには、決して見ることのできない世界の姿がありました。
南アフリカ出身のアーティスト、フィリップ・バーロウ氏は、視力0.1以下の人たちのフィルターを通して世界を抽象化しようと試みています。
一見するとフォーカスのあまい写真のようですが、どこか遠い記憶の再現のようにも感じられ、幻想的に心に響きます。

2.

philipbarlow_02
出典:Philip Barlow – Paintings

3.

philipbarlow_03
出典:Philip Barlow – Paintings

4.

philipbarlow_04
出典:Philip Barlow – Paintings

5.

philipbarlow_05
出典:Philip Barlow – Paintings

6.

philipbarlow_06
出典:Philip Barlow – Paintings

7.

philipbarlow_07
出典:Philip Barlow – Paintings

8.

philipbarlow_08
出典:Philip Barlow – Paintings

9.

philipbarlow_09
出典:Philip Barlow – Paintings

10.

philipbarlow_10
出典:Philip Barlow – Paintings

11.

philipbarlow_11
出典:Philip Barlow – Paintings

12.

philipbarlow_12
出典:Philip Barlow – Paintings

13.

philipbarlow_13
出典:Philip Barlow – Paintings

14.

philipbarlow_14
出典:Philip Barlow – Paintings

15.
philipbarlow_15
出典:Philip Barlow – Paintings

フィリップ・バーロウ氏は、1968年に南アフリカのピーターマリッツバーグに生まれました。写真家としての顔も持つ彼が、独自のスタイルの絵画を描きはじめたのは2002年ごろだそうです。
それ以前には、各地の壁画を描くなどの活動を続けていたそうですから、こうしたスタイルに目覚めたのには写真家としてのひらめきがあったのでしょうか。
しかしアウトフォーカス写真のようでありながら、乱反射する光の束や抽象的な風景のとらえ方など、やはり写真とは異なるアプローチで描かれていることがわかります。また逆光気味の絵が多いのも、光の粒子をとらえようとする彼のスタイルかもしれません。

“視力”というフィルターを通すことで、世界にはさまざまな個性により異なる彩りが存在することを再認識させられます。このような作品を生みだすためには、やはり卓越したアーティストの“目”が必要なのでしょうね。

▼最近物が見えづらい…それってもしかして老眼かも?
年齢とともに起こる目の機能低下とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
Philip Barlow – Home
http://www.philipbarlow.com/

目のテストに挑戦!

下記のカラーチャートに何種類の色が使われているか、あなたは見分けることができますか?

tetrachromacy2_02
答えはこちら!!

見えた色の数によってはもしかしたら、あなたは「4色型色覚者」かもしれません!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ