• HOME
  • エンタメ
  • 誰にでも経験のある『視力検査』いつから始まったの?そのルーツとは?
読み物

誰にでも経験のある『視力検査』
いつから始まったの?そのルーツとは?

誰にでも経験のある『視力検査』<br>いつから始まったの?そのルーツとは?

誰でも一度は経験がある、定番の『視力検査』。片方ずつ目を隠し、一定の距離からCのマークの切れ目の方向を確認することで視力を測るテストですが、この方法は、いつからどのようにして始まったのでしょうか?

始まりは、子どもたちの学校生活から

そもそもの始まりは、1888年に制定された『活力検査訓令』から。これは、「子どもたちが教室のどこから見ても、黒板の文字が見える視力が必要である」という観点から定められたもので、皆さんも経験のある『視力検査(遠見視力検査)』がおこなわれるようになりました。その後、子どもたちの学校生活を守るために制定され、改定されてきたさまざまな法の中でも、この遠見視力検査が踏襲され、今日まで続いています。

この検査の役割として、視力を測定することはもちろん、視力障害として現れることが多い目の疾患や異常を、早期発見するための方法のひとつにもなっています。

検査されているのは遠くを見るための『遠見視力』

視力には異なる二種類の力があります。ひとつは遠くを見る『遠見視力』、もうひとつは近くを見る『近見視力』です。学校生活においては、黒板の文字などを見る力は遠見視力、教書やノート、パソコンの画面を見るのは近見視力となります。

学校でおこなわれている視力検査は、前項にあるように遠見視力を測るためのものです。しかし、最近では、小学校でも1人1台のノートパソコンが導入されるなど、近見が中心の学習形態となっているため、近見視力も注視されつつあります。

vision-test-history_02

学校で『近見視力』の検査が始まる日も近い?

近くを見るための近見視力は、現状、学校の視力検査では調べられていません。つまり、遠視であることが判明しづらいのです。
子どもは視力の調整力が強く、多少見えにくい場合でも次第にピントを合わせることができます。また、生まれつき遠視である場合、今まで近くのモノがはっきり見えた経験がないので、目の前の本やノートが見えにくくても、その状態に問題があることに気付けないのです。

通常の遠見視力検査では、近見視力の不良を発見することができず、むしろ「遠くが見えれば近くも見える」と思われていることもあります。遠視の場合、長時間、本を読むことなどが難しいため、この視力の問題が、学力や集中力の問題と勘違いされ、子どもの評価に関わることも懸念されています。

時代と共に、必要とされる視力が変わってくるのもまた事実。現代人の生活では、近くのモノを見ることがほとんどです。遠見視力と近見視力の両方を調べられる日も、近いのかもしれませんね。

▼視力に関する記事はコチラ
視力1.0はどんな基準で決まるの? 視力測定にまつわるおもしろい話

“C”だけじゃなかった!?世界の『視力検査表』にまつわるトリビア

「近視=ネガティブな印象」は時代遅れ!?近くを見て生きざるを得ない人類の進化だった

視力0.1の人にはこう見える!? 近視の人が見た世界を再現する絵画が幻想的

【参考】
Fujisan.co.jp – 心と体の健康「時代に適応した視力検査を!」
http://www.fujisan.co.jp/yomimono/articles/1479

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ