• HOME
  • エンタメ
  • 「虹の色は何色に見える?」 この質問に対する答えが各国で違う理由
トリビア

「虹の色は何色に見える?」 この質問に対する答えが各国で違う理由

「虹の色は何色に見える?」 この質問に対する答えが各国で違う理由

海外では幸せの象徴ともされている『虹』。空に見つけると、「今日はなんだかいい日になりそう」と思えたりしますよね。
では、ここで質問です。「虹の色は何色あるでしょうか?」この答えが、日本と世界ではそれぞれ違っているようですよ。

「虹は7色」という概念が通用するのは日本だけ!?

雨上がりの空に美しくかかる虹を見て「何色だと思う?」という質問をした場合、「7色!」と答える人が日本では大半です。しかし国が違えばその答えも違うということをご存知ですか?

たとえばアメリカの場合は、『赤・オレンジ・黄・緑・青・紫の6色』イギリスも同様で、ドイツでは『赤・黄・緑・青・紫の5色』、そして南アフリカのショナ語を話す地域では『3色』リベリアのバサ語を話す地域では『暖色と寒色(明暗)のみの2色』、と答えが返ってくるそうです。
地域や民族、そして文化の違いによってその表現は大きく異なります。

なぜ「7色」と言われるようになったの?

そもそも虹は、太陽の光が雨粒に屈折や反射し、その曲がり方の違いで色にわかれて見えるもの。この色の帯は、はっきりとした色の境目があるわけではないので、見方によっては7色以上にも数えることができます。
では、この『赤・オレンジ・黄・緑・青・藍・紫の7色』という定義はどこからきたものなのでしょうか?

実は虹の色の数を『7』と決めたのは、あの万有引力の法則でおなじみの科学者・ニュートンだといわれています。
それまでは『青・緑・赤の3色』、または『紫・青・緑・黄・赤の5色』と考えられていましたが、紫と青の間、黄と赤の間にそれぞれ藍とオレンジを入れたのです。
7色とした理由は、7という数字は縁起が良いとされていた、という説や当時の時代背景から音楽と自然学問を結びつけることが良いとされていたため、西洋音階(ドレミファソラシ)と虹の7色が対応しているとした、といった説があります。

色彩豊かな日本では色に対する感性もこまやかなため、この「7色」という美意識が定着したのではないか、とも考えられているんですよ。

虹にまつわるトリビアいろいろ

ちなみに『赤・オレンジ・黄・緑・青・藍・紫の7色』の場合の虹の色の覚え方もいろいろです。
Violet, Indigo, Blue, Green, Yellow, Orange, Red の頭文字をとった『VIBGYOR(ビブギョール)』や、漢字にして『赤橙黄緑青藍紫(せきどうおうりょくせいらんし)』と呼ぶなどの語呂合わせもあるようです。

見つけるだけで幸せな気持ちになれる虹。見えやすい時間帯は朝や夕方で、ハワイでは夜に出現する月虹(ムーンボウ)を見ると幸せが訪れるという言い伝えもあるそうです。とってもロマンチックですね!

▼目に関する美しい風景や芸術なら、コチラもおすすめ!
まるで『グリム童話』の世界。色覚障害を持つカメラマンが写しだす風景が幻想的

『4色型色覚』を持つアーティストが描く絵が美しすぎる!

【参考】
Excite Bit-アメリカの虹の色は六色だった
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091127807434.html
All About‐「7色の虹」という素敵な非常識
http://allabout.co.jp/gm/gc/220760/
Canon サイエンスラボ・キッズ‐光のなぞ‐色と光 ニュートンが虹の色を「7色だ」と決めたって、ほんと?
http://web.canon.jp/technology/kids/mystery/m_04_09.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ