• HOME
  • エンタメ
  • 《医師監修》ある日突然、白目が真っ赤に!?『結膜下出血』とは?
目の病気

《医師監修》ある日突然、白目が真っ赤に!?
『結膜下出血』とは?

《医師監修》ある日突然、白目が真っ赤に!?<br>『結膜下出血』とは?

鏡を見たら、白目が血で真っ赤に染まっていた……。痛くもかゆくもないのに、どうして!?

それは『結膜下出血』の症状かもしれません。誰の目にも起こりうるこの病気について、詳しくご紹介します。

気づかないうちに白目が出血!?『結膜下出血』とは一体どんな病気?

ある日突然、白目が真っ赤に染まる病気――結膜下出血。

これといった自覚症状がないことから、鏡を見るまで多くの人が気づかないのが特徴です。その一方で、白目が血で染まるという派手な外見のため、周りから指摘されて不安になり、眼科に駆け込む人も多いそうです。

いざ自分がなってしまったときに慌てないためにも、結膜下出血について知っておきましょう。

●結膜下出血とは?

白目の表面を覆っている結膜に存在する小さな血管が破れて出血することで、白目が赤く染まる病気です。

小さな点状のものや斑状のもの、眼球結膜全体を覆うもの、血腫ができるものなど、程度はさまざまです。

●自覚症状

通常の出血では、痛みやかゆみ、目やになどの症状は現れません。まれに目がゴロゴロするといった異物感がある程度です。また、目が見えにくくなる視力低下や視野が狭くなる視野狭窄(しやきょうさく)の心配もありません

●出血と充血の違い

目が赤くなる症状には出血充血があります。

出血は、血管に何らかのダメージが加わり、血管が破れて血液が外に漏れ出てしまった状態で、血管の走行が見えません。白目全体が赤く染まったように見えるのが特徴です。一方で充血は、細かい血管が拡張した状態をいい、目が血走るなど血管が浮き出ます。

結膜下出血はその名の通り、充血ではなく、前者のような出血をともなう病気です。どうして結膜下出血が起こってしまうのでしょうか?その原因についてご紹介します。

【結膜下出血の主な原因】

●外傷によるもの

目にボールが当たる、転倒で目を打ちつける、目を強くこする、金属片などで目に傷をつくる、など。

●首から上の血管のうっ血によるもの

長時間しゃがみ込んだ姿勢をとる、ひどく咳き込んだり嘔吐をくり返したりする、など。

●圧力によるもの

水中メガネの着用時に締めすぎる、ダイビングで急浮上する、など。

●体調の変化や疲労によるもの

過度の飲酒、寝不足、女性の月経時など。

以上が結膜下出血の主な原因ですが、次の3つのケースは注意が必要です。

<ケース1> 『急性結膜炎』によるもの

目の痛みやかゆみ、目やになどをともなう場合は、『急性出血性結膜炎』『流行性角結膜炎』の疑いがあります。

<ケース2> 『結膜弛緩症』によるもの

結膜(白目)がたるんでしまう眼疾患『結膜弛緩症(けつまくしかんしょう)』があると、結膜の毛細血管が引っ張られ、結膜下出血を起こしやすくなります。

強い痛みではなく、目がゴロゴロ、しょぼしょぼする、涙がこぼれ落ちるといった症状があれば、結膜弛緩症の疑いがあります。

<ケース3> 全身疾患によるもの

くり返し結膜下出血が起こる方は、高血圧動脈硬化糖尿病腎炎出血性素因(貧血、白血病、紫斑病)などの疾患の疑いがあります。また、結膜だけでなく眼底にもしばしば出血が認められるため、視力の低下を自覚するケースもあります。

上記のような場合は、原因疾患の治療が必要となってきます。まずは眼科医に診察してもらい、指導を受けましょう。

放っておけば自然に治る!?結膜下出血の治療法について

最後は、結膜下出血の治療法についてご紹介します。

【症状の経過】

出血自体は自然に吸収されていくため、約1~2週間できれいな白目に戻ります。まれに2~3カ月続く場合もありますが、最終的には出血は引くので心配はいりません。

【治療法】

基本的には特に何もせず、自然と治るまで様子を見ます。出血の翌日から目元を蒸しタオルで温めると血液の吸収が促進され、治りが早くなるようです。

結膜下出血には放置してよいものと、原因の検索を要するものがあります。日頃から自分の目の状態をきちんと見極め、トラブルを見逃さないように心がけましょう。

結膜下出血だけじゃない!知っておきたい目の病気

目は体の不調が出やすい部分。少しでも目に違和感を覚えたら、そのままにしないようにしましょう。結膜下出血のほかにも恐ろしい目の病気がたくさんあります。以下に症状別にまとめましたのでご覧ください。

症状1:ものがぼやけて見える、視野の中心が黒ずむ

『加齢黄班変性症』という病気かもしれません。50歳以上の80人に1人が発症しているのだとか。

▼詳しくはこの記事をチェック!
中高年になると増える目の病気『加齢黄班変性症』セルフチェック

症状2:目やにの色がおかしい、またはドロドロしている

目やにに違和感がある方は『細菌性結膜炎』『ウイルス性結膜炎』の恐れがあります。また、年齢を重ねるごとに目やにの量も増えるのだとか。

▼詳しくはこの記事をチェック!
「目やに」は加齢と炎症のサイン!?目やにの種類別に見る原因と対策

症状3:白目が黄色っぽい

『瞼裂斑(けんれつはん)』かもしれません。あまり耳慣れない病名ですが、オフィスワーカーの約6割と、有病率は高めです。

▼詳しくはこの記事をチェック!
目に黄色いシミが…!!その症状は『瞼裂斑(けんれつはん)』かも!?

少しでも目に違和感があったら、そのまま放置しないようにしましょう。大きな病気のシグナルかもしれません。

【眼科医】川島先生からのコメント
結膜下出血は、日常でまれではなく遭遇する病気のひとつです。基本的には、見た目が派手な割には、必ず時間経過できれいに治りますので心配ありませんが、中には、全身疾患に付随する症状として起こる場合があり、注意が必要です。
頻繁にくり返す場合は、眼局所の疾患としては「結膜弛緩」が影響していることが多く、結膜弛緩の治療が有効です。頻繁にくり返す場合、赤目以外の症状がある場合は、眼科を受診して相談するのがよいでしょう。

 

▼目の充血が気になるという方…もしかしたらそれ、結膜炎かも?
目のトラブルについて~結膜炎~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
林眼科病院−結膜下出血について
http://www.hayashi.or.jp/disease/detail/c/16/i/58/
福井新聞−福井のニュース 特集・福井のドクター相談室−結膜下出血、白目が赤くなる 繰り返すなら全身疾患にも注意
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/medicaldoctor/50703.html
『眼科119番‐第2版‐』中村友昭/編著、社会保険中京病院眼科医師/著(日刊工業新聞社)

『加齢黄斑変性症』セルフチェック

欧米では成人の失明原因第一位となっており、日本でも中高年に増加中の「加齢黄斑変性症」という病気をご存じでしょうか?
下の画像は『アムスラーチャートテスト』という「加齢黄斑変性症」の発見に使われるものです。
どのように見えていますか?見え方をチェックしてみましょう。

アムスラーチャートテスト"
診断結果はこちらへ

セルフチェックの結果、「加齢黄斑変性症」の可能性が疑われた方は、眼科の受診をおすすめします。

 » 《医師監修》ある日突然、白目が真っ赤に!?『結膜下出血』とは?

ライターみやま ゆかり

中央線在住のフリーランスライター。美容から恋愛指南、書道まで守備範囲の広さがウリ。現在は女性コミック誌『aya』(宙出版)にて連載中のビューティーマンガ『WELCOME 綺麗堂』の取材・原作担当。著書『WELCOME 綺麗堂』が宙出版より好評発売中。

 » 《医師監修》ある日突然、白目が真っ赤に!?『結膜下出血』とは?

久喜かわしま眼科 院長川島 晋一先生

網膜硝子体疾患、緑内障、白内障など一般眼科外来及び眼科手術全般に豊富な経験を持ち、丁寧な手術に定評がある。穏やかで相談しやすく適切な診療に老若男女ファンが多い。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ