• HOME
  • エンタメ
  • まさかの〇〇!? ブルーベリーよりも“アントシアニン”が豊富な食べ物とは!?
アイケア

まさかの〇〇!? ブルーベリーよりも“アントシアニン”が豊富な食べ物とは!?

まさかの〇〇!? ブルーベリーよりも“アントシアニン”が豊富な食べ物とは!?

目によい成分として有名な“アントシアニン”。その含有量が多い食べ物としてのイメージがあるのはブルーベリーですが、実はブルーベリーよりこの成分を多く含んでいる食べ物があるんです。それは実は……「紫いも」なんです!

“アントシアニン”が目に良い理由

アントシアニンが目に良いとされる理由は、“抗酸化作用”があるためです。この抗酸化作用は、紫外線などのストレスから目を守り、目に活性酸素がたまって酸化することで発生する「白内障」「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」といった眼病を予防する役割があるといわれています。
また、アントシアニン自体には血行を促進する作用もあります。血流をよくすることで眼精疲労を回復してくれるともといわれており、まさに目に優しい成分なのです。

“アントシアニン”を多く含む「紫いも」とは!?

一般的にこのアントシアニンを多く含む食べ物としては、ブルーベリーが有名でしたが、「紫いも」もこの成分を多く含んでいることがわかりました。

紫イモ_02

「紫いも」は言わずと知れたサツマイモの一種です。普通のサツマイモと違うのは、皮だけでなく、割ると中身も紫色になっていること。
この「紫いも」は、βカロチンやビタミンB1、ビタミンC、カリウム、マグネシウムなどの栄養素の恵まれているほか、豊富な“アントシアニン”を含んでいます。実は“アントシアニン”は紫色の色素。「紫いも」に多く含まれることも納得できますね。

「紫いも」をおいしく食べるならこの方法!

紫イモ_03

では、この「紫いも」をおいしく食べる方法をいくつかご紹介していきましょう!
簡単なものでは、“紫イモチップス”“紫イモ酢”などとして販売されている加工食品を食べる方法があります。スーパーなどで手軽に購入することができるので、忙しくて調理する時間がないという方などにおすすめです。
「紫いも」そのものを調理する場合は、電子レンジや、蒸し器などで加熱し、「ふかしいも」として食べるのもいいですね。また、ひと手間かけて天ぷらにすればご飯のおかずにもなります。

特に目が疲れやすい方は、お菓子などで食べると効果的と言われています。最近では紫いもを使ったお菓子もたくさんあるますので、たまには和菓子や洋菓子の専門店を覗いてみるのも良いかもしれませんね!

▼目を守る成分と食べ物って何でしょう???…… コチラもオススメ
ブルーベリーだけじゃない! 「眼精疲労」に効果がある食べ物はコレだ

眼科医も認める、注目の“赤い”成分!『アスタキサンチン』が眼精疲労に効果アリ

飲んで15分で効果発揮!?目のクマはカシスで退治せよ!

【参考】
ヘルスケア大学-家庭の医学-眼精疲労・疲れ目-眼精疲労の治し方-眼精疲労・疲れ目にブルーベリーが効果的な理由
http://www.skincare-univ.com/article/005931/
健康のポータルサイト カラダカラ‐健康辞典-サプリメント‐紫イモ
http://bit.ly/1LPSBYl

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ