• HOME
  • エンタメ
  • 【夏休み企画】箱メガネを作って海や川のなかを覗いてみよう!
読み物

【夏休み企画】箱メガネを作って海や川のなかを覗いてみよう!

【夏休み企画】箱メガネを作って海や川のなかを覗いてみよう!

海や川など水遊びに出かける機会も多い夏休み。せっかくなら「箱メガネ」を持っていって、水のなかを観察してみませんか?

箱メガネは市販のものもありますが、実は身近なアレとアレを使ってカンタンに作れます。

水遊びに出かける前に、家で子どもと一緒に作って、水のなかを探検してみましょう!

箱メガネはどんなことに使えるの?

箱メガネを作ってみよう_02

箱メガネは海や川で、水のなかを上から覗くことができるものです。

水中にいる魚などの生き物や砂の様子などが観察できます。浮き輪に入ったままでも水中を覗くことができるので、小さい子どもでもじゅうぶん遊べます。

水中でプカプカ浮いているのを怖がる子どもは、足下に地面がないことで本能的に不安を感じているケースもあります。箱メガネで自分の足や水のなかが見えれば、怖くなくなって泣かずに入れるようになることもあるので、ぜひ試してみてくださいね。

箱メガネの作り方をご紹介!

箱メガネを作ってみよう_03

<用意するもの>

・空きペットボトルや空き缶など筒状のもの
・ラップ
・輪ゴム
・カッター

<作り方>

(1)
箱メガネを作ってみよう_04
今回はペットボトルで作ってみます。まず、ペットボトルを横にしておき、底と上のほうを切り取ります。大きさはお好みで大丈夫なので、残すサイズを自分で決めて切りましょう。

(2)ペットボトルの切り口が尖っていて危ないときには、ゴムテープなど濡れても平気なテープで切り口を止めておきましょう。

(3)
箱メガネを作ってみよう_05
切り取って空いた底面にラップをつけ、ピッタリとするように輪ゴムで止めます。

(4)これで完成です!首からぶら下げたいときには、上部に穴をあけて紐を通せば、持ち運びもラクになります。

箱メガネ、うまく作れましたか?

ポイントは、ラップを「ピン!」と張ることです。今回はペットボトルを使いましたが、もし、空き缶を使うときには、切り口で指を切らないように注意してくださいね。

自分たちで作った箱メガネを持って、水遊びを目一杯楽しんでくださいね!

▼夏休みにお子さんと一緒にコチラも作ってみませんか?
【夏休み特別企画】子どもと一緒にインディアンのお守り「ゴッドアイ」を作ろう!
夏休みの工作にぴったり!「万華鏡」で見える視界の謎と、その作り方

▼水遊びのあとは、目のケアをしよう!
夏がくる、その前に!子どもの目を守るケア習慣を身につけよう
ゲームにスマホ…疲れている子どもの目は『妖怪ストレッチ動画』でケア

▼夏休みのお出かけ先にお悩みならコチラ!
【目の保養にいかが?】キレイな景色が見られる おすすめスポット「国内編」

▼子どもの視力低下、気になります!
ライフスタイルの変化で、クラスの約4人に1人がメガネっ子(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
◎やってみよう!~はこめがねの作り方~◎
http://www.cgr.mlit.go.jp/kurayoshi/river/mizube/challe02.htm

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ