• HOME
  • エンタメ
  • きっとあなたも騙される!? 秀逸なトリック・アートCM+広告まとめ【後編】
読み物

きっとあなたも騙される!? 秀逸なトリック・アートCM+広告まとめ【後編】

きっとあなたも騙される!? 秀逸なトリック・アートCM+広告まとめ【後編】

前回に引き続き、トリック・アートを使用した広告をご紹介します。
決して完全ではないとわかっていても、つい妄信してしまいがちな視覚情報。でも実は、私たちの見ている世界は、とても不確実な存在なのかもしれません。
あなたには、「ありのままの世界」が見えていますか?

1.


出典:AXE : Tiens-toi prêt !

男性化粧品ブランド『AXE』のお洒落なフランス版CMです。何人の美女が隠れているか、わかりましたか?

2.


出典:Unbelievable Bus Shelter | Pepsi Max. Unbelievable #LiveForNow

ロンドンのバス停で、ふと横を見るとエイリアンやロボット、トラなどが迫ってくるという遊び心のある映像広告は、ペプシによるプロモーションです。
備え付けのカメラのライブ映像に、あらかじめ製作されたCG映像を重ね合わせることで、まるで自分が特殊効果の空間に迷い込んだかのような錯覚を感じさせます。

3.


出典:Illusion d’optique dans le métro de Montréal

モントリオールの地下鉄駅構内に、突如として文字が浮かび上がる広告です。
ちなみに「mots cachés」とは、アルファベットを用いた一種のクロスワードパズルのこと。一定の位置からでないと読み取れないワードの数々は、好奇心を駆り立てると同時に、広告の効果を高めるのに十分なインパクトを持っています。

4.


出典:Audi “Oh deer!” / Casefilm EN

最後にご紹介するのは、アウディによる広告です。
空港の動く歩道にしつらえられたモニターに「You’re Driving, it is Dark, Suddenly:(闇の中をドライブ中、突然;)」という文章が映し出されており、ある一定の距離まで近づくと、「A DEER!(鹿だ!)」というメッセージがフォーカスされ、浮かび上がるという仕掛けになっています。

同様の視覚効果によるポスターを、オーストリアの照明システムメーカー『ZKW』が提案しているので、参考までに見てみましょう。

5.

trickart2-2

出典:Ads of the World / ZKW, ZIZALA Lichtsysteme: Xenon

極めてシンプルなこのポスターは、見る人の視覚的な距離によって、見える文字に変化が現れる構成になっています。
これらはヒトの目が持つピント調整機能を利用した錯視広告ですが、もちろんアウディは自社の車が持つ暗視システムのアピールも忘れていません。
なんとも効果的で「スマート」な広告です。

いかがでしたか?
ほんの少し視点を変えることで浮かび上がってくる、日常とは異なる世界。トリック・アートには、広告の原点ともいえる「驚き」が詰まっています。
目と同時に、心や脳にまで刺激を与えてくれる騙し絵の世界。ますます目が離せません。

視力が悪い人にしか見えない画像

下の画像には何が書いてあるかわかりますか?

tetrachromacy2_02

実はこの画像、視力が悪い人にしか見えないんです。メガネやコンタクトを外したら見えるかも?

もっと見たい方はこちらへ!

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

読み物

皆既月食や流星群が見られるかも!夏の天文ショーを楽しもう

皆既月食や流星群が見られるかも!夏の天文ショーを楽しもう

みなさんは、天文ショーを見たことはありますか? 2018年は皆既月食やスーパームーンなど、すでにいくつかの天文ショーが観測されています。運よく見ることができ、写真に収めた、SNSにアップした、という方もいるかもしれません。

7月から8月にかけても、流星群や今年2度目の皆既月食などを観測できるようです。ここでは、これから起きる天文ショーや観測のポイントをご紹介します。

2018年夏、この天文ショーが見逃せない!

●月が木星、土星、火星に接近

7月20日に上弦を迎えた月は、約8日間かけて少しずつ満ちていきます。実は、この間に木星と土星、火星のそばを移動します。3つの惑星の近くで輝く月の姿を楽しんでみてください。

●2018年2回目の皆既月食

1月31日に観測された皆既月食。2018年は、7月28日にも再び見られます。月が欠けはじめるのは明け方の3時24分頃で、4時30分には完全に見えなくなります。

●15年ぶり!火星が地球に大接近

7月31日、火星が地球に大接近します。火星が地球にこれほど近づくのは約15年ぶりであり、当日の火星はやぎ座の近くに位置します。東京では真夜中、南の空に見ることができます。

●ペルセウス流星群に願いをかけて

8月13日から14日にかけて、ペルセウス流星群が観測されます。特に、13日の夜明け前には1時間につき40~50個の流れ星が飛ぶとのことです。叶えたい願いがある方は、流星が消えないうちに、早口で3回願いを唱えることを忘れずに!

皆既月食をより楽しむためのポイント

皆既月食とは、月が地球の影に入り込むことで見えなくなる天体現象です。ただし、月が完全に見えなくなるわけではなく、赤黒い「赤銅色(しゃくどういろ)」に変わります。

今回の皆既月食は、日本では明け方に起こるため、東北や関東など完全な状態で見ることができない地方もありますが、部分食だけでも十分楽しめます。

望遠鏡や双眼鏡を活用すれば、地球の影が月面を移動している様子や月の明るさの変化をしっかりと観察できますよ。持っている方はこの機会にぜひ使ってみてくださいね。

天文ショーを夏の思い出に

天文ショーを楽しみたいと思っても、残念ながら自宅から見ることが難しいという方は、星空が見える場所へ出かけてみてはいかがでしょうか。

日本には一般公開されている公開天文台がたくさんあります。設備が充実した場所で、専門家の話を聞きながら天文ショーを楽しむのもおすすめです。

見ているだけでワクワクした気持ちになれる天文ショー。タイミングが合わなければ見られないものでもありますから、お子さんの夏休みの自由研究テーマに、大切な人との思い出に、貴重な天文ショーを満喫してみてください。

▼天体観測をもっと楽しみたい方はこちらの記事もチェック!
天体観測で春の季節を体感しよう!天体観測にピッタリな、春の星座5選!
秋は天体観測の季節!?秋に観測できる星座や流星群、おすすめスポットまでをご紹介!
冬は思わず空を見上げたくなる季節!寒い夜に星がキレイなのはなぜ?

▼たまには夜空を眺めて目を休ませてあげませんか?
目のトラブルについて~眼精疲労/疲れ目~(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
富山市科学博物館|2018年7月の星空
http://www.tsm.toyama.toyama.jp/tao/aroom/seiza/seiza201807.htm
三菱電機|2018年、日本で楽しめる天体ショー!
http://www.mitsubishielectric.co.jp/club-me/column/039.html
国立天文台|月食の観察のしかた
https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse-obs.html
国立天文台|皆既月食(2018年7月28日)
https://www.nao.ac.jp/astro/feature/lunar-eclipse20180728/
国立天文台|月が木星、土星、火星に接近(2018年7月)
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/07-topics01.html
tenki.jp|2018年の星空展望!注目の星空情報をピックアップ!
https://tenki.jp/suppl/m_yamamoto/2018/01/02/27753.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ