• HOME
  • エンタメ
  • 目の不思議!誰にでも“モノが見えなくなる場所”=『盲点』がある
トリビア

目の不思議!誰にでも“モノが見えなくなる場所”=『盲点』がある

目の不思議!誰にでも“モノが見えなくなる場所”=『盲点』がある

『盲点』とは…

“脊椎動物の目の構造上、生理的に存在する暗点(見えない部分)の一つ”

出典:Wikipedia– 盲点

「盲点をつく」など“当人が気付かずにいる点を攻撃したり、指摘する”という意味合いで用いられるこの『盲点』ですが、言葉の上だけでなく、私たちの目に実際に存在しているものなのです。

私たちの目は見えていない部分も脳で補っている

普段私たちが見ているものは、100%目から入った情報が脳に伝わったものだと思っていませんか?実は、実際は少し違っていて、見えていないところを脳が補って創り上げている部分もあるのです。その部分は脳が想像で創り上げている訳ではなく、目から入った実際の情報を元に補完されたものなのです。この実際には見えていない部分が『盲点』です。この脳の機能によって、私たちは普段、盲点を意識することはありません。

『盲点』とはなにか?なぜモノが見えないのか?

mouten_02
出典:株式会社ニデック−目のおはなし−Vol.9 盲点はどこにある?

目に盲点があるのは構造上の問題です。盲点は、『視神経乳頭』と呼ばれる場所にあります。ここは、網膜の中の視神経が束になっているところです。この束ねられた場所には、モノを見るための細胞がありません。ですからそこに映った情報は認識することができないのです。ところが、目には『両眼視機能』というものがあります。これは左右の目で見た微妙に異なる映像を脳がひとつの映像として修正する働きのことです。互いの目が見えない部分を補い合っているのです。このことから、私たちが日常生活において、両目でモノを見ている限り、盲点を意識することがないのです。

mouten_04

自分の『盲点』を確かめてみよう!

では実際に、自分の盲点を確認してみましょう。

mouten_03
出典:らばQ−目の盲点が面白いようにわかる図─脳は見えていない部分を補っている

①まず左目を閉じます。(手で左目を覆ってもOK)

②次に右目だけで十字のマークを見つめます。見るのは十字のマークだけですが、視野の中にある黒丸も意識しておきましょう。

③そのままモニターに顔を近づけていきます。そうすると、視界から黒丸が消えるポイントがあります。これが『盲点』です。

 
いかがでしたか?
普段意識することがなくても、片目で試してみると確かに視界からものが見えなくなる場所がありますね。盲点は誰にでもあるもので、特別なものではありません。その分、脳で視野を補っているなんて、体の構造は実に興味深いものですね。

【参考】
視力回復の研究ノート‐脳と目「マリオット盲点」
http://www.me-kaiteki.com/brain-eye/

らばQ‐目の盲点が面白いようにわかる図─脳は見えていない部分を補っている
http://labaq.com/archives/51014471.html

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ