• HOME
  • エンタメ
  • もしも盲導犬に出会ったら…知っておきたいマナーとルール
読み物

もしも盲導犬に出会ったら…知っておきたいマナーとルール

もしも盲導犬に出会ったら…知っておきたいマナーとルール

自分と周りの人たちが気持ちよく過ごすためにマナーは存在します。これは盲導犬に出会ったときもしかり。今回は、社会人なら知っておきたい、盲導犬に出会ったときの正しい接し方をお届けします。

盲導犬に出会ったときの基本ルールは「優しく無視する」こと!

視覚障がい者の方が盲導犬を連れている場面に遭遇したとき、みなさんはどんな接し方が正しいと思いますか?意外に思うかもしれませんが、盲導犬に対しては「優しく無視する」、これが正解です。

盲導犬が視覚障がい者の方と一緒にいるときは仕事中ですから、集中力を欠くと安全な歩行ができなくなってしまいます。そっと静かに見守るように心がけましょう。

中には「自分の愛犬と照らし合わせて、盲導犬の健気な姿に見入ってしまう」という方もいるかもしれませんが、実はこれもマナー違反です。盲導犬は人が大好きですから、じっと見つめられるとそちらに意識が向いてしまい、よけるべき障害物を見落とす可能性があります。盲導犬に対する過剰な視線は、迷惑になることを覚えておきましょう。

盲導犬_02

【盲導犬に対してやってはいけないNG行動】

●盲導犬をなでる、声をかける、口笛を鳴らして興味を引く

すべて盲導犬が驚く行動です。ビックリしたことで集中力が途切れ、大きな事故につながる危険性があります。無意味な接触はやめましょう。

●盲導犬に食べ物を与える

盲導犬は1日1回決まった時間に食事をとり、外では食べ物をほしがらないように訓練されています。食べ物を与える行為は、そのしつけを妨害することにつながります。

●自分のペットとあいさつをさせようと近づく

盲導犬_03

盲導犬はペットではないので、ペット同士のあいさつは無用です。自分のペットが仕事中の盲導犬に駆け寄らないよう注意しましょう。

盲導犬は信号の色がわからない!信号機の前では声をかけよう

盲導犬に出会っても近づかない、声をかけない、優しく無視することがマナーだとお伝えしましたが、例外もあります。これからご紹介する場面に遭遇したときは、盲導犬の主人である視覚障がい者の方に様子を見て声をかけてください。

【盲導犬を連れて信号を待っているとき】

盲導犬_04

盲導犬に限らず、犬は人間のように信号の色を識別することができません。そのため、視覚障がい者の方は、車や周囲の音だけを頼りに横断してよいかを判断するそうです。そんなときこそ、みなさんの出番です!

「まだ赤信号ですよ」
「青信号に変わりました」
「一緒に渡りましょう」

などと、勇気を出して声をかけてみましょう。このようなサポートは、視覚障がい者の方の大きな安心につながります。

盲導犬が一緒でも道に迷うことも…立ち止まっていたらぜひ手助けを

視覚障がい者の方は目的地までの地図を頭の中でイメージしながら盲導犬に指示を出して歩いていますから、スムーズに歩いているときは無理に声をかける必要はありません。逆に立ち止まっているときは、道に迷っている可能性があります。そんなときこそ、みなさんの出番です!

「なにかお困りですか?」
「なにかお手伝いしましょうか?」
「どちらに行かれるんですか?」

あまり堅苦しく考えず、このような声かけでOKです。

もしも道案内を頼まれた場合は、視覚障がい者の方の手が空いている側の半歩前に立ち、自分のひじや肩を軽くつかんでもらいながら一緒に歩きましょう。

「歩きます」「赤信号なので止まります」「左に曲がります」「今から遊歩道をのぼります」という具合に、そのつど状況を伝えながら案内することが大切です。無事に目的地に到着したら、念のための最終確認です。

「○○に着きました。ここでよろしいですか?」

大丈夫であれば、自分がその場から立ち去ることを相手に伝えます。

「私はここで失礼します」
「では、お気をつけて」

別れのあいさつまでできれば完璧です。

最後に大切なお願いがあります。盲導犬は視覚障がい者の目であり、ささいなミスが命に関わります。そのため、障害物の前で止まらなかった場合などには、「二度と同じ失敗をくり返さないため」に、盲導犬は主人である視覚障がい者の方から厳しく叱られます。

「そんなに叱らなくても…」と不憫に感じるかもしれませんが、盲導犬に対する叱責は決して虐待ではありません。逆にレストランなどでお行儀よくしていたときなどは、たくさん褒めてもらえるのです。盲導犬のしつけに関しても、「優しく無視する」のがマナーだということを心得ておきましょう。

▼盲導犬や視覚障がい者についてのお役立ち記事はコチラ
誕生から引退までの10年に密着 もっと盲導犬を知ろう!
街で視覚障がい者に出会ったら……即実践! 正しいサポート方法とは
社会人ならマスターしたい! 視覚障がい者の正しい手助け方

▼失明の原因になる病気も要チェック!
加齢黄斑変性とは?(ロート製薬 商品情報サイト)

参考
盲導犬に街で出会ったら|盲導犬について|日本盲導犬協会
https://www.moudouken.net/knowledge/howtohelp.php
盲導犬を見かけたら 公益財団法人 東日本盲導犬協会
http://www.guide-dog.jp/guidedog/if-you-see-guidedog/
盲導犬を見かけたら? ――私たちにできること:日経ウーマンオンライン【働くワンコ大集合!】
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20140203/172662/?P=1
盲導犬/使用者との接し方 (一財)全国盲導犬協会
http://cgdo.or.jp/?page_id=79
補助犬
http://www.seibi.ac.jp/college/student/is/027/hojoken_1.html
盲導犬にやってはいけない3つのこと|子犬販売wanko|埼玉西川口・東京京急蒲田
http://wanko.wev.jp/695/

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ