• HOME
  • エンタメ
  • 【眼科医監修】目に黄色いシミが…!!その症状は『瞼裂斑(けんれつはん)』かも!?
UVケア

【眼科医監修】目に黄色いシミが…!!その症状は
『瞼裂斑(けんれつはん)』かも!?

【眼科医監修】目に黄色いシミが…!!その症状は<br>『瞼裂斑(けんれつはん)』かも!?

人から「目が黄色っぽいけど、大丈夫?」なんて指摘を受けた、鏡を見ていたら黒目の横になにかがついているのに気がついた……そんな経験がある方はいませんか?

これって、目を使いすぎたから?それとも体が不調を訴えている?気になるこの症状についてご紹介します。

その正体は、オフィスワーカーの6割に見られる眼疾患

目の白目部分が隆起し、黄色っぽく(時には茶色に)変色している症状を『瞼裂斑(けんれつはん)』といいます。

これは、いわば“目のシミ”。 正体はたんぱく質と脂肪の沈着が変化したもので、どちらかというと鼻側の白目に起こることが多いといわれています。

使い捨てコンタクトレンズを提供しているジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の調査(※)によると、都市部のオフィスワーカー約6割に瞼裂斑が見られたというデータが!病名を聞いたことがない方も多いかもしれませんが、有病率は高く、実は意外と身近な眼疾患だったんですね。

とはいえ瞼裂斑は、失明に至るほど深刻なものではありません。しかし、まぶたなどでこすれることによって瞼裂斑炎という炎症を起こし、充血や痛み、局所的なドライアイの原因にもつながるので注意が必要です。

※出典:Digital PR Platform

瞼裂斑になる原因は?大敵は「紫外線」だった!

瞼裂斑の主な原因は、結膜に何らかのストレスがかかること。そして、ストレスのかかる時間が長ければ長いほど、症状は悪化することもわかっています。

中でも、“目のシミ”ともいわれることからわかるように、紫外線が大きな原因のひとつ。前述のジョンソン・エンド・ジョンソンの調査によれば、20歳までに屋外でのクラブ活動などで紫外線を多く浴びている人は、瞼裂斑有病率が高い傾向にあることも明らかになっています。

そのほかにも挙げられるストレスの要因としては、潮風コンタクトレンズの使用(主にハードコンタクトレンズ)などがあります。

また、年齢を重ねることでストレスの総時間が長くなることから、加齢体質といったものも要因として考えられています。

瞼裂斑の予防法や治療法は?

瞼裂斑を予防するには、とにかく紫外線から目を守ること!屋外にいるときは、UVカット加工のサングラスやメガネで目を保護し、帽子も着用するなど目から紫外線を避けるのがベスト。最近ではUVカット加工のコンタクトレンズも発売されているので、サングラスなどと併用するとより効果的です。

また、コンタクトレンズユーザーは、ハードコンタクトレンズからソフトコンタクトレンズに変更することで、症状が軽減されることもあるようです。

また、瞼裂斑の治療には大きく分けて3つの方法が挙げられます。

1)経過観察
2)点眼
3)手術

軽度の場合は、特別な治療はせずに経過を見ることが大半のようです。炎症を起こしてしまっている場合には状況に応じて、抗アレルギー剤や非ステロイド系、ステロイド系の点眼剤が処方されます。

どうしても気になってしまう方には手術という選択肢もありますが、1割くらいは術後に充血が残ってしまうこともあるといわれるため、医師に確認して検討するのがよいでしょう。

『瞼裂斑』の症状に思い当たったら、個人の判断ではなく眼科医に相談してみましょう。

【眼科医】川島先生からのコメント
瞼裂斑は、失明するような病気ではなく手術などの積極的な治療は不要ですが、見た目が気になったり、異物感や乾燥感などのドライアイ症状が出たり、『瞼裂斑炎』という炎症を起こしやすくなったりします。過度な紫外線を浴びないようにするとともに、充血や異物感などが生じた際は、眼科を受診して適切な治療を受けてください。状況に応じて、保湿や抗炎症の点眼剤を要することがあります。

 

▼専門家に相談したいその他の目のトラブルはコチラ
目のトラブルについて~緑内障~(ロート製薬 商品情報サイト)
目のトラブルについて~白内障~(ロート製薬 商品情報サイト)

【参考】
AllAbout‐瞼裂斑の治療方針・手術
http://allabout.co.jp/gm/gc/383889/
宮原眼科-目の病気-瞼裂斑
http://www.eyedoctors.jp/ecpmb/disease/d32.html
瞳の美白-紫外線が原因の一つとされる「瞼裂斑」有病率が約6割
http://www.hitominobihaku.jp/report01/
日本眼科学会-翼状片
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ketsumaku_yokujyo.jsp

『加齢黄斑変性症』セルフチェック

欧米では成人の失明原因第一位となっており、日本でも中高年に増加中の「加齢黄斑変性症」という病気をご存じでしょうか?
下の画像は『アムスラーチャートテスト』という「加齢黄斑変性症」の発見に使われるものです。
どのように見えていますか?見え方をチェックしてみましょう。

アムスラーチャートテスト"
診断結果はこちらへ

セルフチェックの結果、「加齢黄斑変性症」の可能性が疑われた方は、眼科の受診をおすすめします。

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ