• HOME
  • エンタメ
  • 出目金以外にも!「目に特徴のある金魚」たち
読み物

出目金以外にも!「目に特徴のある金魚」たち

出目金以外にも!「目に特徴のある金魚」たち

小さい頃、お祭りで金魚すくいをした方も多いでしょう。変わった目をもつ『出目金』は、愛らしくて人気がありますね。

しかし実は、出目金以外にも、特徴的な目をもつ金魚が存在します。今回は少し珍しい金魚の仲間についてご紹介します。

中国で生まれ、日本に渡ってきた金魚

出目金_02

今や世界中で愛されている金魚は、もとは中国で生まれ、飼育される中で人工的につくられた観賞魚、いわば芸術品です。およそ1600年前、突然変異により生まれた1匹の赤いフナが金魚のルーツ。日本には約500年前に渡ってきたようです。

出目金は誰もが知っているおなじみの金魚。その名のとおり、大きく飛び出した目が特徴です。体の色が名前についているアカデメキン、クロデメキン、サンショクデメキンや、色素が欠けてちょうど黄色に近い色になったアルビノデメキンなどもいます。

出目金から生まれた珍しい金魚

出目金_03

出目金の病気から生まれたとされているのが、『水泡眼(スイホウガン)』『頂天眼(チョウテンガン)』です。

スイホウガンは、上の写真のように目の下に大きな袋がついています。袋の中はリンパ液で満たされていて、割れてしまうと元どおりにするのは難しいのだとか。ゆっくり泳ぐので、活発に泳ぐほかの種類の金魚と一緒にすると、袋を割られたり、エサにありつけずに弱ってしまったりするようです。

出目金_04
出典:Wikipedia

チョウテンガンは、目が完全に上を向いています。先端がすぼんだ甕(かめ)の中で何代も長く飼われている間に、光を求めてだんだんと目が上に向いていったという逸話があります。

珍しい金魚たちにはどこで会える?

その昔、これらの珍しい金魚は皇帝に献上されていた貴重なもので、門外不出とされ、庶民には手の届かないものでした。しかし、現在では一般的なものとなり、金魚専門店などで手に入れることができます。熱帯魚とちがい、飼うのも比較的簡単なようですよ。

目の保養のために、かわいい金魚たちが水槽の中をゆっくりと泳ぐ姿を、のんびり眺めてみるのもいいですね。

今回は目に特徴のある金魚をご紹介しました。いかがでしたか?

これらの金魚たち、実は目がほとんど見えていないのだとか。そして、目が出っ張っている分、ダメージも受けやすいそうです。飼うときはデリケートに扱って、大切にしてあげたいですね!

▼魚と目にまつわるテーマでは、こんな記事もあります!
栄養たっぷり!魚の目を食べると頭が良くなるって本当?
【夏休み企画】箱メガネを作って海や川のなかを覗いてみよう!

▼かわいい金魚に癒されながら、目をいたわってあげましょう!
みんな知ってる?目のストレッチ(ロート製薬 商品情報サイト)

〈参考〉
デメキン−Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/デメキン
金魚カタログ/頂天眼(チョウテンガン)
http://www.sakura-nishiki.com/kingyocatalog/choutengan.html
中国で大人気な金魚!水泡眼の特徴・飼い方・注意点について|ペット生活
http://pet-seikatsu.jp/articles/14435
出目金を飼育する際の注意点!可愛い出目金を長生きさせよう|本日も金魚日和
https://kingyo-no-kaikata.com/archives/795
File11 金魚|美の壺(NHKオンライン)
https://www.nhk.or.jp/tsubo/arc-20060616.html
江戸時代、金魚は超高級品だった!
http://www.edomono.jp/blog/?p=456

目ディア

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

関連記事

RELATION POST

  • Amazon ロート製薬
  • ロートV5粒
  • ロートVアクティブ
  • ロートV11 目を酷使する人のつらい疲れ目に。
目ディアの最新情報をチェック!
  • 目ディア facebook
  • 目ディア Twitter
  • 目ディア RSS
ページ上部へ